タトゥーは就職に不利?タトゥーが日本で及ぼす就職の危険性

タトゥーと聞いて皆さんはどのようなイメージを持たれるでしょうか?

ミュージシャン(バンドマン)
ロックバンドのメンバーって何となくタトゥーを入れているイメージありますよね。
若い世代に大人気のロックバンド、ワンオクのボーカルTakaさんも腕に
沢山のタトゥーを入れています。

オシャレなショップ店員さん
原宿や渋谷のオシャレショップ店員さん
顔や鼻にピアスなんかしてて、腕にはオシャレなタトゥーが入っている。
そんなイメージありますよね。

オシャレなイメージとは逆に、日本では、タトゥー=反社会的勢力という偏見が
強く根付いている為、怖いといったイメージを持たれてしまう事があります。

偏見は良くないと言いたいところですが、私も、電車でタトゥーを入れたイカツイ

お兄さんが席に座っていたりすると、ちょっと怖くて隣に座るのを躊躇しちゃうひとも多いのでは?

今回は日本でのタトゥーがどんな影響を及ぼすかを書いてみました。

タトゥーのデメリット

公共の施設に入れない(サウナ・温泉・プール)

公共の施設では、入場を禁止している所がほとんどです。
最近では、隠せば入場可能な施設もありますが、まだまだ大半が入場できません。

恋人や家族と旅行で温泉旅行に行っても、温泉に入れないなんて楽しさ半減・・・

外国人観光客も増えて来ているので、今後は規制が緩和されるかも知れませんね

結婚相手の親から反対されてしまう。

人生の一大イベントでもある結婚。
プロポーズは成功したのに、相手の親から結婚を反対されてしまったら・・・

 

若い世代では、タトゥーは一般的になって来ていますが、親の世代では
まだまだ、タトゥー=反社会的勢力というイメージが強く残っていて偏見もあります。

私も子供の頃、祖母に

「刺青だけは入れちゃダメ!親にもらった大切な体に傷を付けちゃいけない」
なんて良く言われたものです。世代によってはタトゥーに嫌悪感を抱く人も多くいます。

 

タトゥーが入っていると就職できない?

企業イメージを損ねるタトゥーは就職に不利 !
反社会的勢力の側面もあるタトゥー、イメージを大切にする会社では歓迎されません。

せっかく就職に成功しても、後からタトゥーが入っている事がバレてしまい、最悪、
自主退職させられるなんて事も・・・

タトゥーが理由で即解雇なんて事できませんが、部署を移動させられたり、自主退職にさせられるなんて事もあるでしょう。

では、タトゥーが入っている人どうすればいいの?

人前でタトゥーをさらさなければいいんです。要するにタトゥーをしていることがばれなきゃ大丈夫なんです。

会社でタトゥーがバレる危険性があるとすれば、BBQなどの肌を露出する行事や

大きな企業であれば社員旅行、健康診断などですね。

そんな時は、タトゥーを隠しちゃいましょう!

タトゥー隠し定番製品

・ファンデーションコンシーラ
・ファンデーションテープ
・ファンデーションスプレー
・サポーター
・テーピング

最近では、タトゥー隠しの商品も多く発売されています。
状況に合った隠し方で乗り切りましょう!

 

タトゥーを消すには?

最終手段になりますが、美容外科などでタトゥーを除去する事ができます。

消してしまえば、問題ありませんね。

 

タトゥーの除去方法

・レーザー治療
医療用レーザーでタトゥーの色素を破壊する方法。

・切除による除去(手術)
タトゥー部分の皮膚を切り取って縫い合わせる方法。

・皮膚移植による除去(手術)
タトゥーが入っている部分に自分の健康な皮膚を移植する方法。

・削皮術(手術)
医療用のカミソリでタトゥーの部分を削り除去する方法。

カミソリで削り除去って・・・痛そう、私には無理!

 

痛みもそうですが、レーザー治療の場合、1回では消えないので何度も通わなくてはなりません。
最低でも、6ヶ月以上の期間が必要とされているので、根気も必要になってきますね。

費用が高額になる!

当たり前ですが、タトゥーの除去は保険の適用外になります。
小さなサイズであれば数万円、大きいサイズや色によっては100万円を超える
ケースもあります。

自己責任とは言え、厳しいですよね・・・

 

タトゥーOKな就職先4選!

まだまだ、タトゥーへの偏見が強く残る日本ですが、探せばタトゥーが入っていても
就職できる職場があります。

ガテン系(建築・土木)

建築や土木などの職種であれば、タトゥーがNGになる事は少ないでしょう。
鳶職の方ってタトゥーを入れている人多いですよね。

鳶と彫物は江戸時代の頃からの文化なんだとか・・

ただ、最近では、仕事中はラッシュガードなどの長袖を着て隠して作業をする事が

多いようですね。

コールセンター

私もコールセンターで働いた経験があります。

電話のお仕事なので、見た目は関係ありません、タトゥーだらけのバンドマン、格闘家
売れない芸人、弁護士の卵、色んな人がいて楽しかったです。

 

派遣社員やアルバイトが多いですが、希望すれば正社員として採用される事もあります。

ホステス・ホスト

少し前の話になりますが、憧れの職業にキャバ嬢がランクインした事がありましたね。
夜の職業なので、タトゥーを禁止しているお店は少ないでしょう。
若いうちしかできませんが、企業の社長さんや芸能人、スポーツ選手など
普段接点の無い人達と出会えるチャンス!
本気で取り組めば、自分のお店を持ったり、築いた人脈でビジネスを始めたり
様々な可能性を秘めています。

WEBデザイナー

WEBデザイナーのような仕事であれば、タトゥーが影響する事は少ないでしょう。
服装や髪型も自由な場合が多いですね。
私にも腕にタトゥーが入っているWEBデザイナーの友人がいますが、問題なく
働いています。

まとめ

今回の内容をまとめると、

タトゥーのデメリットは

・公共施設に入れない。

・結婚相手の親から反対される可能性がある。

ガテン系
コールセンター
ホステス・ホスト
WEBデザイナー

上記のような仕事であればタトゥーが入っていても就職が可能。

タトゥーを隠すのは最終手段、先ずはタトゥーOKな就職先を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください