身長を縮めるにはどうしたらいい?簡単に身長が縮む6つの方法

自分の身長について悩んだことはありませんか?

低身長で悩む声は多く聞きますが、高身長というのもまた悩みの種になります。

「異性との身長差が気になる…」

「より大きく見えてしまうからヒールが履きづらい…」

高身長女子はそういった悩みを抱えています。

 

低身長の人のための情報サイトは多く存在しますが、高身長の人のための情報サイトがまだ少ないのも事実です。

そこで今回は今からできる簡単な身長を縮める方法についてまとめてみました。

また後半では身長を低く見せるスタイリング方法についても紹介していきます。

ぜひ最後まで見ていってください!

 

身長を縮める方法

成長ホルモンの分泌を抑える

厳密にいうと現在の身長以上に成長することを防ぐ方法になり、まだ身体が成長途中の人に効果があります。

身長が伸びるのには成長ホルモンが影響しています。

成長ホルモンの分泌が最も多く行われるのは22時~2時の間とされています。

子どもに対して「早く寝なさい」「夜更かしは大きくなれないよ」などというのはこれが影響しています。

つまり22時~2時に寝ないことは成長ホルモンが分泌されにくいこととなるので、

これ以上身長が伸びるのが嫌だという人は夜更かしすることが一つの手段になります。

 

また運動をすることでも成長ホルモンは分泌されます。

特に上に跳ねたり跳んだりすることの多い運動は重力の影響を受けやすいことから、身長が伸びやすいとされています。

全く運動をしないというのは健康上に問題が発生する場合があるので、身長を伸ばしたくない人は運動を最小限に抑えましょう。

筋肉トレーニングをする

先ほど運動は成長ホルモンを分泌させるといいましたが、筋肉をつけることでその筋肉が骨を覆い、成長をとどめさせることができます。

しかしこのためには過度な筋トレが必要となり、また成長が始まる前、もしくは成長過程の早い段階で行うことが重要になります。

骨が成長しきってしまった場合はいくら筋肉量を増やしても骨の成長を止めることはできません。

重力に身を任せる

人間は生きている大半の時間を重力に従って過ごしていますが、唯一重力に逆らって過ごす時間があります。

それは睡眠です。

この睡眠の時間、身長を伸ばしたくない人は座ったまま寝ることを試してみてください。

朝と晩で身長が変わった、なんて言葉を聞いたことはありませんか?

これは背骨部分にある「椎間板」というものが関係しています。

この椎間板は背骨の骨と骨をつなぐような役割を果たしていて、柔らかくできています。

 

ではなぜ朝、晩で身長が変わる現象に椎間板が関係しているのかというと「椎間板が重力の影響を受け押しつぶされている」からなのです。

横になって寝ている状態では椎間板は重力と垂直の向きにあります。

そのため起床した段階でも重力の影響を大きく受けることはありません。

しかし一日を過ごしてみると人は多くの人が重力に従って生活しています。

 

歩いていても座っていても身体は重力と並行の向きにあるので重力の影響を受けます。

その関係で一日重力の影響を受けた柔らかい椎間板は押しつぶされ、結果として晩のほうが朝に比べて身長が低いことになるのです。

つまりは睡眠の時間も重力を受ける姿勢を保つことで、より身長が低くなるということになります。

睡眠中は成長ホルモンの分泌も多く行われるので座る姿勢をとることで、少しでも身長が高くなることを防ぐことができます。

 

身長を低く見せるスタイリング方法

ゆるっとしたアイテムを取り入れる

線の太いざっくりニットやオーバーサイズのスウェットなどのアイテムを選ぶことで高い身長から目をそらせることができます。

逆に線の細いニットやピタッとしたアイテムなどを合わせると縦のラインが強調されるため、より高身長に見える効果があります。

パンツやスカートも同様にタイトスカートやスキニーパンツなどの縦のラインを強調させるものよりも、

フレアスカートやワイドパンツなどのゆとりあるアイテムを合わせた方が目線を散らすことができます。

ボリュームを下に持ってくる

高身長の場合はボリュームを上に持ってくるとより足が長く見えてしまうため、ボリュームは下に持っていきます。

またボリュームを下に持ってくることで低身長に見せることができるので、履きづらいヒールアイテムも合わせやすくなります。

スカートの場合は足の強調されるミニスカートよりもロングスカートを選んだり、

オーバーサイズのトップスの場合はボトムスにインするのではなく、

ロングボトムスを重ね着したりすることでボリュームを下に持ってくることができます。

スカートは裾が広がっていたり、裾に柄があったりしたほうがより目線を下に持っていくことができます。

ヘアスタイルはダウンヘアにする

普段髪を高い位置でまとめることが多い人は首のあたりでまとめてみましょう。

そうすることで目線をトップからそらすことができ、印象はぐっと変わります。

また普段から髪をストレートにしている人は、ふわふわに巻いてみるだけでも

縦のラインの認識を浅くすることができるのでおすすめです。

 

まとめ

ここまで身長を縮める方法について話してきましたがまとめてみると以下のようになります。

・成長ホルモンの分泌を抑える

・筋肉トレーニングをする

・重力に身を任せる

また身長を低く見せるスタイリング方法は

・ゆるっとしたアイテムを取り入れる

・ボリュームを下に持ってくる

・ヘアスタイルはダウンヘアにする

になります。

身長は遺伝の関係もあり、すぐに悩みを解決することは難しいですが習慣次第で少しずつ解決することができます。

まずは手軽に試すことのできるスタイリング方法に挑戦してみてください。

きっとあなたに合う方法が見つかるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください