カイロで火事になる危険は?安全で正しい捨て方や保存方法は?

寒くなりはじめ、手袋をつけたりポケットに手を突っ込んで歩いたりする人も多くなってきていますよね。そんな冬の時期に大活躍、冷え性の味方、カイロですね。

袋からパッと取り出しササっと手の中で揉み込めば、すぐに暖をとることができます。また足先が冷える人には、足に貼るタイプの小さめのカイロも大活躍ですよね。しかし、皆さん一度はこう思ったことがありませんか?

「使い終えたカイロって、どう処分したらいいんだろう?」

「普通の燃えるゴミと一緒に、暖かいまま捨てていいの?火事にならない?」

「余っちゃったから来年に使い回したいけど、保存方法は?」

今回はこれらの疑問を解決していきます!

カイロで火事になる危険性は…?

結論から言うと、カイロで火事になることはありません。

カイロの温度は上がっても50~60度。一方でカイロに使われている鉄粉が発火するときの温度は300度を超えないと発火することはありません。

つまりは普段通りにカイロを使っていれば、発火するまで高温になることはありません。開封して3~6時間後にピークの温度まで上昇し、以降徐々に下がっていきます。

しかし、開封後15時間くらいまでは40度前後をキープするように作られています。しかしながら最高到達温度が60度ですので、低温やけどなどには気を付けたいものですね。特に貼るタイプは貼りっぱなしに注意です。

また、こたつの中や布団の中など暖かい場所で使うと表示されている以上の温度になる可能性もあるため、念のため気を付けてくださいね。

カイロの正しい捨て方は?

カイロで火事にならないことはわかりましたよね。でも、もしかしたら、万が一、暖かいまま捨てちゃったら!?他のごみと化学反応起こして燃えはじめちゃうかもしれない!!?」

心配性なあなた……大丈夫です。水がかかると以上発熱を起こして発火につながるなどの噂をよく耳にしますが、基本的にカイロは最高温度以上には熱くならないようになっています。

水は酸素と水素からできていますが、その水分中の酸素によって発火しやすくなるのでは…ということでカイロ+水=発火、という都市伝説が一人歩きしてしまったのでしょう。

第一、水によって温度が下げられるためもし濡れても逆に冷えてしまい、発火に至るまでの温度に上昇することはまずありません。

ですが、先ほども述べたように、暖かい場所で使用すると温度が上がりすぎてしまうこともあるので、念のため冷めてから捨てるとよいでしょう。

なお、カイロの処分方法は自治体によって可燃ごみだったり不燃ごみだったり様々なので、お住まいの地域に合わせて処分してくださいね。

私はだいたい面倒くさいのでそのまま捨てますが、火事になったことはないです。もし燃えたら怖いので一応ゴミ箱の一番上に、冷めやすいように捨てます。

カイロの正しい保存方法は?

毎年、うちでは買い置きしすぎて翌年に回してしまいがちなカイロたち。「劣化しないかな…」と心配しつつも何故か買いすぎてしまう方も多いのではないでしょうか?

カイロの正しい保存方法はあるのでしょうか?

カイロは中身の鉄が空気に触れて酸化するときに発する熱で暖かくなります。そのため、なるべく空気に触れないように密閉して保存しておくことが重要です。

中途半端に開封して保存しない限り、翌年に持ち越すことは可能です!

使用中のカイロをジップロックなどに密閉しておくだけでも、もう一度取り出して再利用することもできるくらいなので、未開封なら全然余裕です。

より念入りに保存しておきたい場合は、未開封のままさらにジップロックや密閉容器に入れて空気をなるべく入れないように保存しておくと完璧でしょう。

カイロの再利用の仕方

冬場に大量に消費するカイロ。使い終わったカイロをそのまま捨ててはいませんか?

カイロの成分に着目するとそのまま捨ててるのはもったいないことが分かります。

実は、カイロは脱臭剤として再利用することができます。実は成分として鉄粉のイメージが強いですが、活性炭も成分として含まれているので脱臭・消臭効果があることが分かっています。

外から帰ってきて使い終わったカイロをそのまま靴の中へ。次に出かけるときにそのカイロを捨てる

こういった利用の仕方がおススメです。

まとめ

さて、これまでみんな大好き冬のカイロについていろいろ説明してきましたが、最後に注意点、使用方法などをおさらいしておきましょう。

1.こたつや布団など暖かい場所で使わないよう注意

2.捨てるときは念のために冷ましてから

3.保存は空気に触れないように密封

4.使い終わったカイロは靴の中に入れて消臭しましょう

以上のことさえ守れば、今以上に安心して快適にカイロを使用することができるでしょう!

皆さんが今冬、素敵なカイロライフを送られることをお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください