長持ちする生椎茸の保存方法は?腐るとどうなる?椎茸を徹底解説

生椎茸は肉厚でジューシーな食感が魅力ですよね。水分たっぷりな生の新鮮な椎茸だからこそ味わえる食感があります。食感もちろんそうですが、水戻しする手間がいらないので、簡単に調理することができるのも魅力の一つです。

ただ、そんな生椎茸にも問題点があります。それは生であるからこそ生まれる問題点。

――そう。保存期間です。本記事では、そんな生椎茸の保存方法や保存期間について記述していきます。

生椎茸の保存期間

生椎茸の保存期間は保存方法によって異なってきます。今回はメジャーな3つの保存方法とその保存期間について記述していきます。ぜひご参考下さい。

冷蔵保存

生椎茸の弱点と言えば、湿気です。水気のある場所で保存するとあっという間に傷んでしまいます。そこで、まず考えられるのは冷蔵庫の中ですよね。

キッチンペーパーや新聞紙にくるんできっちりと湿気をブロックしましょう。その上で、ビニール袋に入れて野菜室で保存しましょう。汗や水滴がつくことによって、すぐに変色してしまうので、そこに気を使ってあまり動かさないように、優しく取り扱うようにしましょう

ただ保存期間の目安は1週間です。あくまで目安なので、臭いや見た目に異常を感じたら、危険なのでチャレンジ精神を発揮しないようにしましょう。

冷凍保存

買ったのはいいけど、一週間じゃ食べきれない。そんなこともあるでしょう。椎茸好きでも毎日椎茸漬けは厳しいですからね(笑)そんな場合には冷蔵保存がおすすめです。

冷凍保存では一か月を目安に保存することができます。もちろん異臭や見た目に変化があった時は注意しましょう。冷凍する際のポイントとしては、水洗いの必要がありません。表面のゴミを拭きとっておきましょう。

さらに野菜やお肉は冷凍すると、栄養や風味が落ちるので、椎茸も同様に考えがちですが、椎茸は冷凍すると栄養がアップします。実は椎茸は冷凍することで、椎茸の中の水分が膨張し、栄養やうまみが出やすくなります。

というわけで、迷ったら冷凍するのもおススメです。

乾燥

冷蔵と冷凍以外にも椎茸は乾燥して、干し椎茸として保存する方法があります。「え~、面倒くさそう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、案外簡単にできるんですよ。その手順を紹介しますね。

表面のゴミや埃を取り除く→軸を取り除いて食べやすい大きさに切る→野菜干し用のザルに椎茸が重ならないように並べる→そのまま部屋に干すだけ

手順を紹介すると、冷凍保存に比べてザルに並べて部屋に干すくらいの手間が加わるくらいです。なので、ほぼ冷凍保存と手間が変わりません。

さらに天日干しでもいいですし、天候が悪ければ部屋干しでも大丈夫です。このまま6~7日程度干しておけば干し椎茸の完成です。保存期間は二か月程度可能です。

しかも一旦乾かしてしまえば、ザルにいれたままで大丈夫なので、冷蔵庫や冷凍庫を圧迫する心配がありません。一気に椎茸が手に入った時はこちらがおすすめです。

干し椎茸のメリット

干し椎茸は、生椎茸にないメリットがあります。干し椎茸には生椎茸にない旨味と栄養素があります。旨味とはおいしさのことだけでなく、食感や体調などの要素を総合評価した味のことを指します。

旨味

椎茸の旨味の成分はグルタミン酸というものが含まれていることによるものです。生椎茸のグアニル酸の含有量は100g中70mgと言われている中で、干し椎茸の含有量は1060mgまでアップします。

さらには干し椎茸にしか含まれていないと言われているグアニル酸が150mg生成されるのです。ということは、椎茸の旨味は乾燥させることによって、旨味が新たに構築されるのです。

さらには干し椎茸を水戻しすることによって、グアニル酸が増加することもわかっているのです。その旨味が溶け出した独特の戻り汁も料理に有効活用してみてください。

栄養価

旨味だけでなく、栄養価も乾燥させるとことで増加します。椎茸の主な成分は、食物繊維、カリウム、ビタミンD,葉酸なのですが、これらすべての項目で生椎茸を干し椎茸が上回るのです。

ビタミンDは子どもの成長や骨祖しょう症予防。食物繊維やカリウムはダイエットに。葉酸は細胞の生産や再生、赤血球やDNAをつくるので、妊婦さんが摂取しなければならない栄養素として注目されています。

腐るとどうなるのか

乾燥させても、保存期間の目安は二か月です。以外と腐らせてしまうこともあると思います。そうなってしまうとどうなるのか。

生椎茸の場合、異臭、すっぱい臭いがする。切ると、ピンク色に変色している。カビが生えすぎている傘の裏が茶色や黒色に変色している。もちろん腐っているものを食べるとお腹を壊します。

生椎茸は腐りやすいので、長期保存にはやはり乾燥がおススメです。

まとめ

本記事では生椎茸の保存方法と干し椎茸の、違いについて比較してきました。旨味や栄養価は干し椎茸に軍配が上がりましたが、調理するさいや肉厚感は生椎茸に軍配があがります。

生椎茸の方がおいしく作れるレシピなどもありますので、その辺りの使い分けは臨機応変に行なっていきましょう。ただ、生椎茸だけではなくて、保存方法として乾燥を考えてみるのはいかがでしょうか?

ひと手間加えるだけで簡単にできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください