セーターを洗濯すると縮む原因は?セーターを元に戻すシンプルな方法

セーターやニットって温かくて優しくて、みんな好きですよね。おしゃれに着たいときもありますし、ゆるく着て過ごす冬の幸せも、すごく落ち着く大切な時間です。

わたしは、服のなかでもセーターを買うときって、すごく気を遣います。家で洗濯をして、縮んだらどうしようとか、クリーニングに出さないとダメかなあ、とか色々考えるからです。

でも、もし縮んでも、元に戻せる方法もあるんです!そこで、セーターを洗うと縮む原因や、正しい洗い方、元に戻す方法をお伝えしますね

セーターを洗うと縮む原因とは?

世の中の衣服には様々な生地がありますが、なぜセーターなどのウールは、洗うと縮むのでしょう?

それは、ウールの構造に秘密があるんです。

羊の毛であるウールには、人間の髪の毛のようにキューティクルが存在しています。このキューティクルは、いわば鱗(ウロコ)みたいな形をしており、ウールや他の獣毛によってその大きさは様々。

特にウールは、このウロコが他の獣毛よりも大きいんです。そしてこのウロコは、毛が乾燥しているときはぴったりと閉じています。

しかし、ウールは水分を含むと、このウロコが傘を広げるように開きます。イメージとしては、若い松ぼっくりが秋とともに傘を広げる、みたいな感じですね。

ですからセーターを普通に洗濯機で水洗いすると、水流に揉まれたセーターはウール同士のウロコが絡み合い、繊維の目が詰まっていくんです。

フェルト生地って、繊維の目が固く詰まっていますよね?このようにウールが縮むことを、フェルト化とかフェルト現象と言います。つまり、このフェルト現象が、セーターの縮む原因となります。

正しく洗えばセーターは縮まない

セーターなどのウール製品は、昔から汚れにくいと言われてきました。でも、襟や袖口など皮膚に触れる部分は特に、皮脂汚れが気になりますよね。

わたしは3、4回着たら洗いますが、自分で洗うのは怖くてちょっと…って方もいるんじゃないでしょうか。何回もクリーニングに出すのも、お財布に優しくありませんし(^^;)

そこで、ウール100%のセーターの正しい洗い方をマスターして、セーターの縮む不安にサヨナラしましょう!ただし、自分で洗えないセーターもありますので気をつけてくださいね。

・ドライクリーニング不可の表示があるもの

・繊細な装飾がついているもの

・シルクなどの高価な生地のもの

以上に当てはまるセーターは素直にクリーニングのプロにお任せしましょう。

洗濯機で洗う場合

セーターをたたんだ状態にして、ぴったり合うサイズの洗濯ネットにいれます。

洗剤は、必ずおしゃれ着用の中性洗剤を使用してくださいね。わたしは通常の洗濯洗剤で洗ったことがありますが、効果が強すぎてせっかくのセーターがごわごわになってしまいました(-_-;)

洗濯機は、ドライコースか手洗いコースの設定でスタートします。優しい水流で洗いますので、ウールのフェルト現象を抑えられ、縮みを防げます。

もちろん柔軟剤を使っても構いません。脱水は1分以内にすることで、繊維のダメージを低減できます。洗濯機で洗うメリットは、このように簡単楽ちんってところです。

手洗いの場合

より丁寧に優しく洗いたい場合は、手洗いがオススメです。まずは桶、洗面器などに、水を張ります。

そこにおしゃれ着用の洗剤を定められた量で入れたら、洗濯液の完成です。セーターは洗濯機洗いと同じように、洗濯ネットにぴったりと入れて洗濯液に浸けてくださいね。

洗い方ですが、優しく、押し洗いをしましょう。なお、押し洗いをするときにはビニール手袋を使って手荒れを防ぎましょうね。

すすぎは、水を取り替えながらしっかりすすいでください。この時にセーターを水のなかで揺らすようにすすぐとやり易いですよ!また、最後のすすぎで柔軟剤を加えることで、仕上がりがふわふわになります。

脱水は、良く乾いたバスタオルに挟みタオルドライしましょう。

正しく干して型崩れを防ぐ

せっかく丁寧に洗ったセーターですから、正しく干してあげましょう!ただハンガーにかけるだけでは、水を吸った重みでセーターが型崩れをおこしてしまいます。

ですのでポイントは、「置くようにして干す」ということ。そして、陰干しをする、ということ。

ウールは日光に当たると色あせしやすく、また着心地もごわごわしたものになってしまいますので注意してくださいね!セーター用の平干しハンガーを使うのもいいでしょう。ちなみにわたしは屋内で次の方法で干しています。

・ピンチハンガーの上に平らに置く

・逆さまにした洗濯かごの上に置く

風通しのいいところや扇風機などで風を当ててあげれば、部屋干しの嫌なにおいも防げます。他にもアイディア次第で平干しにできる方法はたくさんあると思います。

わたしは家庭での洗濯に慣れてからというもの、今まで持っていたセーターに愛着が増しました!難しくはありませんので、みなさんもぜひやってみてくださいね!

縮んだセーターでも元に戻せるかも!

ところで、すでにセーターが縮んじゃってるよ!、または、正しい洗い方をしたつもりでもうっかり縮ませちゃったよ!って方もいるでしょう。でも諦めるのはまだ早いんです!

縮んでしまったセーターでも、元に戻せる可能性が残されています。それは、ヘアリンスで傷んだウールを補修してあげることなんです。

ウールにも人間の髪の毛と同じくキューティクルがありますので、ヘアリンスを使えばダメージから回復できるというわけです。

まず、ぬるま湯にヘアリンスを2プッシュ程度入れ、しっかり溶かし混んでください。リンスの成分ですが、シリコン入りのものが効果が高いです。

シリコンは繊維への吸着性が良いので、ウールに良く浸透するんです。できたリンス溶液に、縮んだセーターを優しく30分ほど浸け置きしておきましょう。

次に脱水ですが、リンス溶液から出したセーターはすすがないで結構です。洗濯機の脱水機能を使う場合は30秒ほど回します。またはタオルドライで水気を吸い取ってもよいです。最後に、干し方ですが、やっぱり平干しです。

以上のヘアリンスを使った方法で、セーターはだいぶ元に戻ります!わたしはこのあとにスチームアイロンを少しずつあてがい、手で伸ばすようにして形を整えます(^-^)

ただし、熱の加えすぎはウールにダメージを与えますので、行う場合は慎重になさってくださいね。

まとめ

セーターの縮む原因は、濡れたウールの繊維が洗濯機の力で絡まりあい、目が詰まることにあります。それを防ぐには、まず洗濯ネットにしっかり入れるという準備が大切です。

使う洗剤はおしゃれ着用のもので、優しく手洗いか、それに準じた洗濯機のコースで洗ってください。最後に、平干しで干してあげてください。

また、縮んでしまったセーターは、リンス溶液に浸け置きすることで元に戻せることもぜひ覚えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください