ディズニーランドで映える写真を撮ってもらう方法を徹底解説

夢の国ディズニーランド。せっかく楽しい時間を過ごすからには友達同士でもカップルでも、おもいっきりはしゃいでリア充感たっぷりの写真を撮りたい!でもパーク内は広いし、どこでどんな風に撮ったらいいの?

そんな悩めるあなたに、可愛い写真を撮るコツをお教えします。インスタグラムなどのSNSにアップして「いいね!」をたくさんもらっちゃいましょう。

ディズニーランドのおすすめのインスタ映え写真スポットはどこ??

まず最初に撮りたいのが入園口を入ってすぐのエントランス。シーズンごとに替わるキャラクターのモニュメントが展示されていますが、中にはファストパスを手に入れるため、「開園したら猛ダッシュで素通りしてた!」という人もいるかもしれませんね。

その気持ち、わかります。でもディズニーランドの顔になる場所ですから、撮って損はないはず。広さがあるので、大人数や家族での撮影にも最適です。実はディズニーランドの園内には写真を撮るのにピッタリな場所を教えてくれる看板が設置されていて、公式サイトでも紹介されているんです。

トゥーンタウン

全部で15カ所あるうち、中でもおすすめは入口を正面にして右側のエリア「トゥーンタウン」。かわいいフォトスポットがたっぷり用意されているので、「写真を撮るのに夢中で1日が過ぎちゃった!」なんてツワモノもいるようです。

ロジャーラビットのカートゥンスピンの周辺にあるグニャグニャと伸びる牢屋のモチーフも可愛いんです♡ 中に入れるようになっているので、外から誰かに撮影してもらえば、閉じ込められた風のシチュエーションを演出できちゃいます。

グリーティングアトラクション

またパーク内にはミッキーをはじめ、ディズニーのキャラクターたちと触れ合える「グリーティングアトラクション」と呼ばれるスポットがあります。

やっぱりミッキーに出会えるミッキーの家はマストですよね。家の中をぐるっと回り、裏庭の納屋に出ると、そこには主演映画を撮影中している最中のミッキーが!

待望のご対面のあとは専属のカメラマンキャストがばっちり可愛く撮ってくれます。専用の台紙が付いてくるフォトサービスを選ぶか、もちろん手持ちのカメラで撮ってもらうこともできますよ。

他にもミッキーの形の花壇がある入園口すぐのスペースでは、キャラクターたちが日替わりでお出迎え。誰に出会えるかは当日のお楽しみだそうです。

ウッドチャックのグリーティングトレイルでは、ドナルドダックやデイジーダックにも会えちゃいます。ハグをしたり、好きなポーズで一緒に写真を撮ってもらえたりもできるようなので、ここはマークしておきたいところですね♡

シンデレラ城

そして忘れてはいけないのがディズニーランドのシンボルともいえる「シンデレラ城」。キレイに撮れる場所はいくつかありますが、まず正面から撮るなら近づきすぎないのがポイント!真ん前までいってしまうといくら他の人に撮ってもらうにしても、お城の上部が切れてしまうので注意です。

お城の前の広場ならちょうど良く全体を映すことができるうえ、季節のオブジェを背景にできるので一石二鳥。一方、ウォルト・ディズニーとミッキーが手を繋いでいるパートナーズ像の前なら、後ろにそびえ立つお城が荘厳な雰囲気に。

トゥモローランド側のフェンス前は穴場です。お城全体がきれいに映るだけでなく、フェンスを背にしているので背景に人が入り込みにくいのも嬉しいですね。キャストもわりと近くにいるようなので撮影にはぴったりです。

そして最後に、アドベンチャーランド側からとるお城もまた素敵なんです。ここはお城を背景にパレードの様子も撮影できちゃうという絶好のスポット。ただ人気が高いだけに場所取りは早めにしておく必要がありそうなので、気合をいれて行きましょう!

かわいい写真を撮るコツ、ポーズはどうする?

意外と知らない人もいるようですが、ディズニーランド内では自撮り(セルカ)棒や三脚の使用が禁止されています。楽しく遊ぶためにもここはしっかりと押さえておきましょう。

しかしそうなると自分で撮るには可能なアングルや構図が限られてきますよね。被写体をうまく画面に収めるのも至難の業。地面に置いて撮ることもできるとはいえ、盗難の危険性もあるのであまりおすすめできません。私も一度やってみたことがありましたが、人がカメラの近くを通るたびにヒヤヒヤしてしまい、写真に集中できず断念・・・。

ゲストやキャストに頼む

やはり良い写真を撮りたいなら、遠慮せずゲストやキャストに頼むに越したことはありません。撮影のために行列ができるような人気のスポットでは、後ろに並んでいる人に撮影をお願いするのがおすすめ

慣習的に行われているので気兼ねしなくてOKです。キャストにしても、写真を頼まれるのは日常茶飯事でしょうから、慣れていれば上手に映してくれることでしょう。ところが写真を撮り慣れていないと、どんなポーズをしていいかわからないものです。

ハートのポーズ

写真が大好きなJKやJDにしても、周りの女子から一目置かれるにはただのピースじゃつまらないし・・・そんなときは後ろを向いて両手を背中に回し、ハートのポーズを作ってみましょう。とくに大人数で並んでやると可愛さアップ。仲の良さが伝わる1枚のできあがりです。思い出のショットになること間違いなし。

少し難易度は高いですが脚でもハートは作れます。2人ペアで並んだら、外側の脚を相手の足の裏とくっつけるようにしてお互いに曲げてみてください。ユニークなポーズで人と差をつけちゃいましょう。

グッズで写真を撮る

購入したグッズや食べ物を手に持ち、お城やオブジェの前かざして撮ってみるも面白いですよ。風景を加工でぼかすと、ふんわりしてさらにラブリーに。ディズニーランドに来たからには、元気にジャンプ!全身で楽しさを表現しましょう!

低い位置から撮ると高さが出る分、躍動感のある仕上がりになります。カメラマンとはうまく息を合わせてくださいね。そしてカップルにおすすめなのが、ミッキーの手袋を使った撮影。2人で顔を近づけたところを手袋で隠して撮れば、セクシーでキュートな1枚ができあがります。

「実際にキスをしている写真を撮ったり載せたりするのは恥ずかしい」という人でも挑戦しやすいのではないでしょうか。もちろん、女の子同士でやっても可愛いですね。

加工アプリでロマンティックな写真を撮ろう

写真の合成アプリなどを使って加工してみるのもいいかもしれません。ロマンティックな写真を撮るには一眼レフなど本格的なカメラが必要と思われがちですが、スマートフォンでもあとから加工すればいい感じに仕上げることは可能です。

例えば、1枚目はイルミネーションなどの光の部分をあえてぼかして写真を撮り、2枚目は被写体にピントを合わせて撮ります。この2枚をアプリで合成すれば、光の玉が浮かぶ幻想的な1枚の完成。可愛い写真って、ちょっとの手間を加えてあげるだけでけっこう簡単に撮れるんです。ぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

・ディズニーランドの写真映えスポットはトゥーンタウンに集中

・シンデレラ城がキレイに映る撮影スポットは4カ所

・キャラクターが待機するグリーティングスポットを目指せ!

・可愛く撮りたいならキャストに頼む

・ポーズはハートで可愛く

・グッズや食べ物を上手く使おう!

・本格的なカメラがなくてもロマンチックな写真は撮れる

可愛い写真を撮るのって、ポイントを抑えておけば意外と難しくないんです。小技を仕込んだら、思う存分楽しんできてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください