紫陽花の花言葉について徹底解説!青色、紫の紫陽花に関する豆知識

皆さんは、「花言葉」って、ご存知ですか?「花言葉」とは、いろいろの花に、その特質などによって象徴的(シンボル)な意味を持たせたものです。いわゆる、花のシンボリックイメージといっても、過言ではない、代表的な言葉(ワード)ですよね。

直訳すると「フラワーワード」。花言葉(フラワーワード)にも、それぞれワードセンスというものがあるんです。これから、皆さんに「紫陽花」(青~青紫色)の花言葉(フラワーワード)と、その豆知識(いわゆるトリビア)をお伝えしたいと思います。

「花言葉の前に…。」‐紫陽花(アジサイ)に関する豆知識

「花言葉」の前に、まずは、紫陽花(アジサイ)に関する「豆知識」からお伝えしたいと思います。

紫陽花の原産地は、主に「日本」ですが、皆さんが梅雨のころによく見かける丸い紫陽花は、ヨーロッパで品種改良されたセイヨウアジサイです。漢字に直すと「西洋紫陽花」。何だか、おしゃれな雰囲気ですね。キレイで清潔なイメージを犇々(ひしひし)と感じます。

そして、驚愕の事実が判明します。紫陽花の花びらに見える部分は「萼」(ガク)と呼ばれるもので(何だか難解な辞書のような漢字ですね!)中央の丸い粒々が本来の花。

また、英名の「ハイドランジア」(モビルスーツみたい!)は、ギリシア語の「水の器」(砂の器ではなく!)が語源です。以上が、紫陽花の豆知識のほんの一部でした。では、紫陽花(青~青紫色)の花言葉についての説明に入っていきましょう。

紫陽花(青~青紫色)の花言葉①「移り気、高慢」

まず、紫陽花(青~青紫色)の花言葉①は、「移り気、高慢」です。では、順を追って説明していきましょう。

まず、「移り気」ですが、これは、「一つのことに集中できず、気が変わりやすいこと」を指します。いわゆる「浮気」という意味で、例えるなら、「堀江貴文の『多動力』」というベストセラー書籍のようなものですね。いわゆる子供っぽいというやつですね。

でも、それが強みになる場合もある。飽きっぽさがマルチを生み出す、ということですね。という感じの何とも抽象的なのか、言い当て妙なのか、わかりませんが、とにかく『多動力』のような意味の花言葉です。

そして、次に「高慢」ですが、これは、「うぬぼれが強く、高ぶっていること」という意味で、これをドラマに例えるなら、「宮藤官九郎脚本の『うぬぼれ刑事』」みたいなものです。「惚れやすいという側面」や「ハイテンションという側面」も持っていると思います。一言で言うなら、『うぬぼれ刑事』のような花言葉と言い表すことができるでしょう。花言葉を例えで表す。例えの力って、本当にすごいですね。

紫陽花(青~青紫色)の花言葉②「無情、辛抱強い愛情」

紫陽花(青~青紫色)の花言葉②は、「無情、辛抱強い愛情」です。これまた順を追って説明していきましょう。

まず、「無情」ですが、これは「同情・思いやりが無いこと。」や「人間らしい感情が無いこと。非情。」という意味です。『ああ、無情』や園子温監督の『非道に生きる』なんていう作品や書籍を思い浮かべてもらえれば、わかりやすいです。

とにかく、非情で、非道。悪の限りを尽くす、という感じのどことなく、ホラーチックな、怪奇趣味的な意味の花言葉ですよね。そう、紫陽花(青~青紫色)には怪奇的な側面があるんです。自己中心的な側面もあります。そんな怪奇的で自己中心的な花言葉です。

もし、現代に生きていたら、江戸川乱歩が好みそうな花言葉ですよね。次に、「辛抱強い愛情」の説明に参りたいと思います。「辛抱強い」とは、「よく辛抱する」ことです。「愛情」とは、「相手にそそぐ愛の気持ち」や「深く愛する温かな心」や「異性を恋い慕う感情」などが挙げられます。

音楽に例えるならば、『ドリームズカムトゥルー』的な側面を持っています。ドラマ『救命病棟24時』、朝ドラの『まんぷく』的な幅広い音楽性のある花言葉だと言えるでしょう。というわけで、非常に音楽的な側面を持っているということですね、例えるならば。というわけで、「辛抱強い愛情」とは、音楽的である。といえるでしょう。

紫陽花(青~青紫色)の花言葉③「冷淡」

最後になりました、紫陽花(青~青紫色)の花言葉③は、「冷淡」です。「冷淡」について説明していきましょう。「冷淡」とは、「同情や熱意を持たない態度」という意味です。

一切の感情を排除したロボットやサイコパス的な一面を持っている花言葉だと言えるでしょう。無機質である花言葉、ということです。『ロボコップ』や『ブレードランナー』などの一連の映画群。また、『根本敬』の文章や漫画に例えることができるでしょう。

『因果鉄道の旅』や『人生解毒波止場』などの文章作品(インタビューやエッセイ)に登場する市井の人々に重なる部分があります。

ゴミ屋敷の住人や風変わりな人々を描き出すとたまらなく面白い作品、でも、時々、頭痛がするほどクラクラする、そんな作用がある中毒性のある作品に例えることができる花言葉です。「冷淡」とは「無機質」である。といえるでしょう。そんな花言葉です。

まとめ

花言葉①の「移り気、高慢」とは、「移り気」は堀江貴文の『多動力』的な花言葉。「高慢」とは「うぬぼれ、高ぶり」であり、宮藤官九郎脚本のドラマ『うぬぼれ刑事』的な惚れっぽいハイテンションな花言葉。

 

花言葉②の「無情、辛抱強い愛情」とは、「無情」は「非情」などであり、『ああ、無情』や園子温監督の書籍『非道に生きる』的な側面を持った花言葉。「辛抱強い愛情」とは、「辛抱強く愛する」ということであり、『ドリームズカムトゥルー』的な側面を持った花言葉。とても音楽的な花言葉である。

 

花言葉③の「冷淡」とは、一切の感情を排除したロボットやサイコパス的な「無機質」な花言葉である。例えるならば、『ロボコップ』や『ブレードランナー』、『根本敬』の文章や漫画的な花言葉である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください