漬物が好きだけど塩分取り過ぎにならない?健康的に食べるには?

日本人は漬物が大好きですよね。漬物といえば、ごはんのお供といったイメージがありますし、炊きたてのごはんに漬物とお味噌汁があるだけでも幸せな気持ちになります。

私は個人的には大根の漬物が好きですが、塩分が取り過ぎにならないか気になります。。。最近では、減塩ブームもありましたしね。

なんだか、塩を取り過ぎるのが悪いみたいな風潮を感じますが、本当のところはどうなのでしょうか?今回は、日本人のソウルフード、漬物の塩分について考えてみたいと思います^^

 漬物の塩分は取り過ぎになるの?

漬物というと、塩分が多そうなイメージがあると思いますが本当のところ、どうでしょうか?実際に漬物には塩分が多く含まれています。

それは、保存食だからです。野菜を長期保存するために「塩」でつけているのですね。ですので、塩分のない漬物は長期保存できません。そして、塩分の多い漬物もあれば、少ない漬物もあります。

そこで、いくつかの代表的な野菜の漬物、30g当たりに含まれる塩分量を出してみました。

梅干し  30g 塩分6.2g

ぬかみそ漬け 30g 塩分 1.6g

たくあん漬け 30g 塩分 1.3g

白菜塩漬け 30g 塩分 0.7g

というように、梅干しが一番塩分が多い漬物になっています。やっぱり、梅干しの塩分が一番多かったですね!1日1個の梅干しは、身体にいいと言われていますが、食べ過ぎないようにしたいものです。

塩分の低い漬物のポイントは「塩漬け」です。塩分が気になるなら、長期保存できる漬物はさけて、できるだけ塩分の少ない「塩漬け」を選ぶことをオススメします。

漬物は塩分控えめな方が栄養があっていい?

減塩の漬物といえば、「浅漬け」です♪浅漬けは新鮮な野菜をそのまま漬けているので、野菜の風味や栄養を失わずに食べることができます。ただ、塩分が少ないので長期保存ができない漬物です。

瑞々しくて、あっさりしているので食べやすいですね。私はどちらかというと、ぬか漬けなどの長い間漬かっている漬物よりも、浅漬けのほうが好みです(*’▽’)

短時間なら、30分以内で漬ける「即席漬け」もあります。ということで、塩分控えめで、野菜そのままの栄養をとりたいのなら、「浅漬け」がおすすめです♪

最近では、乳酸菌入りの漬物もいいと言われていますね。乳酸菌入り漬物の代表は、「すぐき漬け」です。「すぐき漬け」といえば、京都で有名な漬物なんです。私も一時期、はまったものです~( *´艸`)

これのおかげで京都の男性は長寿全国2位だとか・・・なんだか、漬物天国の京都らしいですね。すぐき漬けは京都を代表する漬物の一つで昔からある漬物です。カブ酸茎菜の葉とかぶらから作られています。冬が最も美味しいと言われますので、今が旬です!

ちなみに、すぐき漬けに多くふくまれている植物性乳酸菌は「ラブレ菌」と言われています。「生きて腸まで届く乳酸菌」が多く含まれているなんて、すぐき漬け、最高ですね♪こちらは、美容と健康に良さそうなので、女性におすすめの漬物です^^

漬物の塩分を抑えて美味しく食べるには?

健康に美味しく漬物を食べるなら、市販品でもできるだけ添加物が少ないものを選ぶ方がいいですね。そして、日本人が目標とする塩分量の1日の目安は男性9g未満、女性7.5g未満で、塩分の過剰摂取による高血圧は様々な病気を引き起こしますので、その辺りを意識するといいですね。

でも、毎食漬物を食べなければいいわけです。最近は、毎食和食というわけにもいきませんので、漬物を過剰に取り過ぎることはないと思うのですがいかがでしょうか。

そして、塩分や添加物が気になる方は、自宅で「浅漬け」にしてもいいですね。私の大好きな「大根の浅漬け」の作り方を、お伝えしますね^^

材料:大根 5cm、塩 小さじ2/3、無添加のだしの素  小さじ1

1.大根の皮をむいて薄いくし切りにして、ジップロックにいれます。塩を振りかけて軽く揉みこんで、しばらく置きます。

2.大根がしんなりしてきたら、だしの素を加えて混ぜ合わせます。

3.大根の入ったジップロックの上にお皿などを重石として乗せ、1~2時間ほど漬け込んでできあがりです♪

簡単にできて、美味しいので気軽に試してみてくださいね。

まとめ

今回は、漬物について、調べてみました。漬物といっても、塩分が多いものから、少ないものまであります。減塩ブームで、塩分だけが悪者になってしまっていますが、実は一番危険なことは、塩分ではなく、添加物です。

特に、スーパーで漬物を買う場合には、調味料液で漬物の味を作り出したものが多いので、注意が必要ですね。そして、一番いいのは、安全安心なお漬物屋さんで購入するか、自宅で自家製の漬物を作ることです。

お漬物屋さんでも、大型店は、添加物まみれの漬物を売っていることが多いです。健康にいいと思って食べていた漬物が、逆に健康に悪かったなんて、悲しいですから、よーく原材料を確認してくださいね^^

現代人は忙しいですので、自宅で作るのはなかなかという方も多いと思います。自分や家族の健康を守るためにも、安全で美味しい漬物を選ぶ目を養いたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください