カレーで食中毒になったら?症状は?安心して食べるための対策は?

カレーは冬場は寒いので作ったまま、鍋のまま放置していても問題ないですが、夏場はもうアカンです。翌日にはもう異臭がしてます。昨年の夏、うっかり鍋のまま放置してしまい「アアアアもったいね~~」って本気で泣きそうになりながら処分しました。

いつも夏はタッパーとかの容器に入れて冷蔵庫に保存してるんですけどねー。うっかりやっちまうともうアウトです…。皆さんも食べてOKか否かは匂いを嗅ぐか、ねっとり糸を引いていないか、大体そういうところで判断するかと思います。

でも、もしかしたら匂い・見た目に異常ナシでも既にアウトかもしれない…食べてみた後に案の定体調を崩した…大人は大丈夫だけど子どもに食べさせるにはちょっと…そういう場面があるかもしれません。

今回はそういうことにならないように安心して美味しいカレーを頂けるよう、いろんな情報をお届けしたいと思います。

カレーの食中毒は大鍋料理が危ない?

健康な人や動物の腸内、土や水の中など、自然界のいろんなところに存在しているウェルシュ菌という菌がいます。ウェルシュ菌は空気を嫌う性質があります。

肉や魚の煮込み料理は、焦げ付かないようにかき混ぜはしますが、長時間ぐつぐつ煮込むのであまり空気が入らない状態が続きます。そのため、菌が増えやすい状態となるんですね。特に、カレーなどの大鍋で長時間煮込む料理はより空気に触れにくいため

菌が繁殖しやすい状態を作りやすいんです。また、ウェルシュ菌は熱に強く、100℃で6時間煮込んでも死滅しません。加熱しても、生き残るために芽胞(がほう)という殻を作って身を守り、なかなか死滅しません。

通常、12℃~50℃で活発に活動する特徴があるため加熱後はなるべく早く食べ切ってしまうか、この温度帯を避けて保存することがよさそうです。

食中毒にかかったらどうなる?

ニュースなどで、食中毒にかかった人たちは嘔吐、下痢、発熱などの症状があるとよく見かけますが、カレーに多いウェルシュ菌の場合はどうなんでしょうか?

カレーで食中毒にかかって(ウェルシュ菌に感染して)しまうと、主に、

腹痛

水様性の下痢

・まれに発熱嘔吐

といった症状が見られます。ウェルシュ菌の潜伏期間は6時間~18時間(平均10時間ほど)であり、食事後24時間以内のすぐに症状が出るわけではなく、しばらくしてから発症するようですね。症状は比較的軽いものが多く、発症から1日~3日で回復することが多いようです。

カレーによる食中毒にならないための対策

大量に作り置きしておいて、毎日ちまちま食べていく人が多いと思います。冒頭で私は、冬は鍋のまま放置していてもいけます、的なこと言いましたが、本当はダメっぽいです…。

保存するときは、調理後早めに冷蔵保存することが重要です。その際、空気に触れやすいように&早く冷めやすいように小分けにして保存しておくとより良いです。また、冷蔵保存したものを再加熱する際や温めたまましばらく置いておきたい際には、60℃以上を保てるよう加熱しておくことが重要です。

どちらにせよ、先で挙げた12℃~50℃の温度帯を避けた温度で保存しておくことが、菌を増殖させないためのコツのようです。冬場であっても私のように鍋のまま室温で放っておくなんてズボラなことをするのは厳禁なのです…(反省)

まず大前提として、調理開始の前に菌をつけないことが大切です。手洗いや、調理器具の洗浄・消毒はマメにおこなってくださいね~。上記をまとめた、食中毒にならないための三原則があるのですが、それが①つけない②増やさない③やっつけるです。

手洗いや器具の洗浄で菌をつけないということと、素早く冷蔵保存したり60℃以上で保温したりして菌を増やさないこと、そして、保存後にまた食べるときには、よく加熱して菌をやっつけること。

この三原則を守っていれば、食中毒になるリスクは大幅に減らすことができます。

まとめ

今回は大量生産・大量消費の代表料理、カレーで注意することについて書いてきました。夏は気を付けるけど冬は…って思う人だったり、私みたいにズボラな人種は夏でもやばい保存方法をしていたり、いろんな人がいると思いますが、今回の記事のおかげでいろいろ再確認することができましたね。

では、最後に簡単におさらいをしておきましょう。

1.カレーはよくかき混ぜて!空気に触れさせて!

2.12℃~50℃以外で調理&保存!

3.菌をつけない・増やさない・やっつける、が三大原則!

今後、カレーを作る際、食べる際には以上のことを思い出してもらえると異臭の被害にあったり、粘り気のあるカレーを見たりしなくて済むようになります。

お腹を壊さず、美味しいカレーを食べられるように皆さん気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください