餅にカビが生えたらどうする?見分け方と取り方、効果的な対処法

餅は冬に大活躍の食品ですよね。保存がききやすいイメージはあるし、腹持ちもいいし冬になったらしばらくは餅を主食にしていこうという方も多いのではないでしょうか。私自身もそうです。あとは鏡餅を飾って正月を迎える方もいると思います。

しかし、そんな餅にカビが生えたらショックですよね。そんな餅にカビが生えてしまったらどうしたら良いのでしょうか。カビの部分を削れば食べられるなんて聞いたこともあるし…。もったいないし…。

餅のカビが生えた時にどうすれば良いかを紹介していきます。では最後までどうぞ。

なぜ餅にカビが生えるの?

カビが発生しやすい条件がいくつかあります。それは、温度、水分、空気、養分です。カビが発生しやすい温度は20度から30度、最もカビが活発化しやすいのは25度です。気温でいうと少し暑いなくらいでしょうか。

しかしこれはあくまで発生しやすい温度です。冷蔵状態の4度から10度でもカビは発生します。冷蔵庫に入れておいたのにカビが生えてしまったなんて経験はある方多いかと思います。冷凍状態ならならカビは発生しません。

逆に高温だとどうかと言うと、カビの種類によって違ってきます。熱してカビを取り除けるかどうかはカビの種類によっては取り除けるということです。水分は食品にはだいたい含まれていますよね。餅にも当然含まれています。

加えて空気中にも水蒸気として水分は存在しますよね。湿度が高いとカビは発生しやすいのです。また、空気中の酸素もカビが発生する原因となります。養分というのは主に糖分を指します。

他にもタンパク質、脂質、ビタミンなどがあるとカビは発生しやすくなります。餅にも当分は当然ですが、タンパク質や脂質が含まれています。餅もカビが発生する可能性が十分にある食品だといっていいでしょう。

餅にできるカビにはどんな種類があるの?その見分け方は?

カビと一言で言っても実はいろいろな種類があるのです。ここでは主な3種類のカビを紹介します。

黒カビ…かなり一般的なカビといっていいでしょう。台所周り、お風呂周りによく発生しているのは黒カビであることが多いです。黒カビそのものに毒性はありません。しかしアレルギーの原因になる可能性があったり、発がん性物質が含まれていたりします。食べない方が良いでしょう。

 

青カビ…パンやお菓子に生えがちなカビです。目にした方も多いと思います。こちらにも毒性はありません。チーズの発酵に関わっていたり、抗生物質で有るペニシリンが含まれていたりします。何も気にしないなら食べても大丈夫なカビです。

 

赤カビ…野菜やパン、ご飯に生えがちなカビです。赤カビには黒カビ、青カビと違って毒性があります。野菜を枯らしたり、人体には中毒症状や免疫不全を引き起こしたりします。とても危ないカビですね。間違っても食べない方が良いでしょう。

他のカビにも病気やアレルギーを引き起こすカビがあります。たかがカビだと思って舐めてかかると痛い目をみますね。では見分け方ですが、基本的には色で一応見分けられます。

色からカビには名前が付いているので、青いカビの場合は食べても大丈夫ではある、ということになります。しかし、見た目から完璧にカビの種類を見分けるのは難しいです。光の加減で違った色に見えてしまうことはあるし、所詮は素人目ですからね。いける、と思って赤カビだった暁には目も当てられません。

餅にカビが生えたらどうすれば良い?食べられる?

結論から言いましょう。餅にカビが生えていたら食べるのは避けて捨ててしまいましょう。ここまで読んで、カビが意外と危ない存在であること、見分け方は素人目には難しいことがわかってもらえたかと思います。

しかし、冒頭にも書きましたが、カビが生えている部分を取り除けば大丈夫と聞いたことがある人もいると思います。それを参考にするならば、カビが生えているところを削ればまだ餅を食べられるんじゃないかと思うでしょう。

実は、カビは見た目に出ていないところにも潜んでいるのです。植物の根をイメージしてもらうといいと思うのですが、カビは食品の中に沢山枝分かれをして深く増殖しているのです。

つまり、見た目に見えているところだけを取り除いてもカビは食品の中に残っているということです。たとえカビの見えている部分を削っても、餅の中にも見えないカビが残っていて、食べることは危険なのです。

まとめ

ここまでをまとめてみましょう。

・カビが発生するのは温度、水分、空気(酸素)、養分で、餅もカビが発生する可能性が十分にある。

・カビにはいろいろな種類があり、人体に影響を及ぼすカビがある。なおかつカビの種類を見分けるのは難しい。

・カビが生えた餅は捨てる。削って食べるのもカビが餅の中に深く残っているからダメ。

なんかもったいないなと思う人もいると思います。しかし、体に何かあってからでは遅いのです。自身の体のためを思って、思い切ってカビの生えた餅は捨ててください。

もったいないともし思うのであれば、カビが発生しやすい条件もこの記事に書いてあるので、発生しにくいように保存して安全に食べてくださいね。くれぐれもカビを口にすることのないようにしてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください