夜中の非通知電話は何が目的?誰でもできる効果的な対策

夜中、突然静まり返った暗い部屋に鳴り響く電話…何事かと起きて受話器を手にしても、その時にはもう切れている、という場合が大半です。受信履歴を確認しても、そこにあるのは「非通知」の文字…一晩に一度でも気持ちが悪いのに、二度三度とかかってくることもあります。

1,2コールで切れてしまうことが多いこの迷惑電話に困らされたこと、誰でも一度はあるのではないでしょうか。いったい、何が目的なのでしょう?

夜中の非通知電話、その正体は

いたずら電話、間違い電話、それとも離れた家族の身に何か…!?

色々な心配をしてしまう夜中の非通知着信ですが、これらは大半が、「その電話番号が使用されているかどうか」を調べている業者による、コンピュータを使った自動発信によるものです。

電話の利用情報を収集する機器とソフトを用意して、使用可能な電話番号を自動的に作成、発信、情報収集にいそしんでは、その結果を販売する業者が存在するのです。主に夜中にかけてくるのは、昼間だと電話を取ってしまう利用者がいるため。

利用者が電話を取った瞬間から通話料金が発生するので、可能な限り無料で情報収集をしたいこれらの業者が、発信時間を夜中に設定しているのだそうです。「勝手に個人情報を収集されてるなんて、ひどい!犯罪!」

…と思いますよね、私も正直そう思います。けれども「電話番号の利用状況」だけでは個人と紐付けられた情報ではない=個人情報には当たらず、法規制が難しいのが現状だとのこと。

法律の抜け穴をくぐってコソコソと収集された情報の使い道を考えると、決して愉快ではありません。

夜中に限らない!非通知迷惑電話の新パターン

そして我が家にはここ1~2年ほど、自動音声ガイダンスから始まる謎の電話もかかってきます。これが深夜に限らず。ちょうどお風呂の時間だったり、子供が寝た後にテレビを楽しんでいる時だったりして、これもとても迷惑!

こういった電話について調べたところ、だいたい次の2パターンであることがわかりました。

・通信事業者や電力会社を騙っての詐欺

・自動音声を使ったアンケート業者

このうち、問題になるのは詐欺電話の方ですが、アンケートを装った個人情報の収集目的の場合もあるようなのが厄介です。

例えばアンケートでも性別と年代を答えれば、それだけで「この電話番号は使用されていて、○歳代の男性/女性が住んでいる」ということがわかる、というわけです。

これが本当に世論調査であれば問題はないのですが、もし個人情報目的だったら…その電話番号がセールスや詐欺に回ったら…と考えると、決して愉快ではないですよね。

70代と答えたばかりに、振り込め詐欺のターゲットにされる…そんな最悪の可能性も、決してゼロとは言えません。結論としては、非通知であろうとなかろうと、自動音声の迷惑電話がかかってきたら、即切る!でいいように思います。

夜中の非通知を筆頭に、かかってくる迷惑電話に対抗する

迷惑電話を受けたくない!と考えた場合、最良の手段は「非通知拒否」をすることです。固定電話の場合は、ナンバーディスプレイを契約していれば、電話機本体の設定で非通知からの電話をブロックすることができます。

我が家の10年物の固定電話でも簡単に設定できたので、一度取扱説明書を確認してみましょう。スマートフォンの場合は、もっと簡単でした。私が使っているauでは、使っているスマホから「1481」へ電話をかけるだけ。

「番号通知リクエストサービスをセットしました」という自動音声が流れて、設定が完了しました。めちゃくちゃ簡単!

調べたところ、ドコモでも同様に指定の番号に電話をかけるだけで設定できるのですが、ソフトバンクの場合は有料サービスへの加入が条件のようです。とはいえ、一部、対策が取れないものもあります。

IP電話などを含む一部の通信事業者経由の通話や、一部を除く国際電話などの電話番号を通知できない発信までは、非通知拒否設定でブロックできない場合もあるようです。

そこで私は固定電話用の対策として、在宅中でも固定電話は留守番電話に設定しておくようにしました。コールが鳴ったらナンバーディスプレイを確認、心当たりのない番号や番号表示のない怪しい電話には出ない、を徹底しています。

もしも本当に用のある電話なら、ほとんどの場合が留守電に要件を残してくださいます。なので、知らない番号でも、必要とわかればこちらからかけなおせばいいだけ。とっても気が楽になります。

ちなみに、スマホには迷惑電話の情報を表示、ブロックできるアプリもあります。ぜひ活用していきましょう。

まとめ

・夜中の非通知電話(主に数コールで切れるもの)は、契約状態の調査が目的のことが大半

…その電話番号が使われているかどうか、定期的に確認している業者による自動発信。法的に取り締まれないのが厄介!

・自動音声ガイダンスの非通知電話の場合は、概ねアンケートか詐欺が目的

…アンケートなら問題はないのですが、詐欺との違いを見極めるのが難しいところ。

・対抗手段は固定電話もスマホも「非通知拒否設定」

…固定電話ならプラス「常に留守電に設定」、スマホなら「迷惑電話ブロックアプリを導入」することで、さらに心の平穏が保てます。

夜中に何度も非通知電話を受けたからといって、むやみにおびえる必要はありません。とはいえ、迷惑は迷惑。いつか、法律で規制される日が来ますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください