妊婦は烏龍茶を飲んで大丈夫なの?危険性や控えるべき飲み物も紹介

食べ物や化学物質など、身の周りにある物に対してなにかと敏感になってしまう妊娠期。そんな時期でも、毎日摂取しなければいけないのはやはり水分ですよね。

妊婦にカフェインは危険、という声はよく聞く昨今ですが、そのなかでも烏龍茶はどうなのでしょう? 烏龍茶は飲んでも問題ないのでしょうか?脂肪の分解などの面でも大いに役立つ烏龍茶。特に好んで摂取しがちな方でも、この記事を読めばきっとそんな悩みが解決しますよ。

烏龍茶が妊婦に危険だと思われる理由

烏龍茶が妊婦に危険だと思われる理由は、そのカフェインの量にあります。コーヒーやチョコレートにも含まれ、よく口にしがちなカフェイン。しかし実は、カフェインには血管を収縮させるはたらきがあり、このはたらきによって出産前後には流産のリスクが発生します。

また、カフェインに含まれる「タンニン」という成分は、カルシウムや鉄分など、人体に不可欠な成分と結合します。そしてカフェインの利尿作用によって、その「タンニン」と結合した栄養素は母体の外に出てしまいます。

そのためカフェインを多く摂取すると、貧血を起こしたり、カルシウムが不足するなど、母体にとってマイナスな影響があります。また妊娠中期のカフェイン摂取は消化器内の消化液の分泌を促すため、過度に摂取した場合、つわりに加えて胃もたれや下痢などの症状を引き起こします。

そして、影響が出るのは母体だけではありません。母体が吸収したカフェインは、胎盤を通し、おなかの中の赤ちゃんにも行き着いてしまいます。

上に書いたとおり、カフェインの影響で血管が収縮した結果、赤ちゃんに行き渡る血液も減少し、赤ちゃんが慢性的な貧血に襲われることもあります。酸素は血液を通して赤ちゃんへ送られるので、血液が減少すると、赤ちゃんの低酸素状態も起こってしまいます。

また出産後も、カフェインには気をつけなければなりません。母親が摂取したカフェインは、当然ですが、赤ちゃんが飲む母乳にも含まれてしまいます。加えて、生後まもない赤ちゃんはカフェイン消化にとても時間がかかります。

消化にかかる時間は約3日。これは実に、大人の約15倍です。成長していくにしたがってカフェインを消化する時間は短くなりますが、1日に短縮されるまでに3ヶ月かかってしまいます。

カフェインを摂取しすぎた赤ちゃんは、神経が不安定になる影響で、落ち着きがなく、泣き止まなくなるといった症状が現れます。やはり赤ちゃんのためにも、過度なカフェイン摂取は控えた方がいいでしょう。

烏龍茶とカフェインの関係性は?

では烏龍茶には、どれほどの危険があるのでしょう。烏龍茶に含まれるカフェインは、全体量の約20%。つまり、100mlの烏龍茶には、20mgのカフェインが含まれています。

これは緑茶とほぼ同じ量で、コーヒーの3分の1。カフェイン飲料の代表、と思われがちなコーヒーですが、烏龍茶を3杯飲むと、コーヒー1杯のカフェイン量と同等ということですね。

赤ちゃんには烏龍茶は危険なの?

ではこれは、実際に赤ちゃんにどのくらいの影響があるのでしょうか。日本には明確な規定値はありませんが、イギリスが定めた数値では、1日のカフェイン摂取上限は200mg。

先ほどの数値をもとにすると、コーヒーは1日に約350mlほどが上限になります。これはカップに換算すると、1日に約2~3杯。烏龍茶に含まれるカフェイン量はコーヒーの3分の1なので、およそカップで6、7杯ほどなら問題ないということですね。

子供に害のない烏龍茶の飲み方

夏場になるとよく飲まれがちな烏龍茶ですが、さすがにそこまで何杯も飲むという方は少ないのではないでしょうか。上記はイギリスの規定値やWHOで出された数値をもとにした記録ですが、日本の産婦人科では、コーヒーを1~2杯程度なら問題は無いとされているところが多く、烏龍茶でもこの3倍ほどならあまり害はありません。

また最近はノンカフェインの飲み物なども増えてきたため、赤ちゃんへの影響が気になる方は、そういった飲み物に切り替えてみるのもいい手ではないでしょうか。

どちらにせよ、季節問わず、冷たい飲み物を摂取しすぎるのは、代謝や基礎体温、また消化器官に悪影響です。烏龍茶を飲む際も、冬場は暖めて、また夏場でも、常温に冷ました程度の温度で飲むのがいいでしょう。

本当に控えるべき飲み物

ここまで烏龍茶やカフェインのことについて書いてきましたが、妊娠中に気をつけるべき飲み物は他にもあります。

一つ目はアルコール飲料。これは常識ですが、アルコールも胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまいます。またお腹が大きくなる妊娠中は、少しのふらつきも命取りです。絶対に摂取しないようにしましょう。

二つ目は、上記にもありますが過度なカフェイン飲料です。このなかに含まれるのは、

・コーヒー

・玉露入りのお茶

・紅茶

などが含まれます。実は他のお茶とちがい、玉露入りのお茶は1杯約320mgものカフェインが含まれます。それに比べ、番茶やほうじ茶はカフェイン量が少ないため、カフェインが気になる方はそちらに切り替えてみてもいいでしょう。

またこのほかにも、

・コーラなどの炭酸飲料

・栄養ドリンク

・滋養強壮剤

・青汁

などがあります。コーラには多分にカフェインが含まれており、またそれでなくとも、炭酸飲料には糖分が過度に含まれているものが多いです。

また栄養ドリンクや滋養強壮剤は、眠気を遠ざけるためにカフェインを含んでいる物や、アルコールを含んでいる物もあります。しっかりと成分表示を確認するようにしましょう。

青汁は基本的に大丈夫ですが、栄養素が1杯に凝縮して入っているため、飲み過ぎには注意が必要です。

まとめ

以上が、妊娠中に烏龍茶を飲む際の注意、また控えるべき飲み物でした。まとめると、

・烏龍茶にはカフェインが含まれており、カフェインの過剰摂取は体に悪い

・1日に7杯程度なら問題ない

・気になる方にはノンカフェイン飲料がおすすめ

・カフェインだけでなく、アルコールもじゅうぶん危険

ということになります。しかし、長い戦いになる妊娠中の10ヶ月。あまり神経質になると精神的にもよくないので、そういったものを完全に遮断するのでは無く、適度なところで折り合いをつけるのをおすすめします。

また、こういう飲み物は控えたい、というのは、パートナーや周りの方にも話し、理解してもらうことが大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください