プールで痩せる為には?簡単に効果が得られる3つのポイント!

これからプールで痩せたいと思う人へ。「痩せたい!でも忙しいし続くかどうか分からない・・・何か効率の良い方法は?」、現代人の多くの方が頭を抱えるテーマですね。ジムに行ったり、朝ジョギングをしたり試行錯誤。ダイエットで検索すると効率がいい候補としてよく検索上位に上がってくるもの・・・そうプールです。

漠然と目標を立てるのではなく、「なぜプールという場所を選んだのか」をはっきりさせれば、もっとプールが楽しくなり結果を手に入れられるはず!

プールで運動をすると痩せれるのです♪実際に、プールで痩せるってどういうこと?失敗しないモチベーション維持の方法を調べました!そしてその効果を得られる為のポイントはたった3つです!

もしあなたがプールに行って結果が出ない、そもそもまだプールに行っていないのならば、この記事を読んでみて下さい。これさえ理解していれば、プールでのダイエット意識も強くなり、あなたの理想により近づきますよ。

1.そもそもプールで痩せるってどういうこと?2つのメリット

まず、何でプールが効率の良いダイエットに選ばれるのかを知る必要があります。

1.時間対効果が高い!

水中運動なのでカロリー消費が高く、水中は体温より低いので脂肪は熱を作ります。さらに水中の負荷によって陸上よりも短時間でエネルギーを使いやすい!だから痩せる可能性が高い!

プールから上がった時、身体が重く感じたという経験ありますよね。そう!あの重さが運動量の証なのです!確かに30分泳ぎ続けただけで、疲労感がハンパないですよね。

1時間以上ぶっ通しで泳いでいる人は見たことがありません。(プロじゃない限り不可能ですし、きっと監視員やトレーナーが止めにかかるでしょう)。仕事が忙しく、時間が取れない人にこそオススメなのです!

2.ストレス解消に最適!

水中は浮力があるから動きやすく、陸上での辛い運動より精神的にラクです!なので、ちょっとした動きでもカロリー消化に結びつき、心地よい疲労感もでるので「がんばった」という達成感が得られます!

私も仕事終わりの1日のストレスを解消したときは、何とも言えないリフレッシュした気持ちになれました。普段のストレスを達成感に変えましょう!

2.何をどの程度やればいいのか?を聞いてみよう!

あなたに合った最適メニュー!

週1日〜でOK!記事によっては「週2日〜、週4日。間隔は開ける」などネットには、いろんな情報があります。確かにスタートアップの側面では、まずは週1日からでも始めてみるべきです。ただし、「痩せる」という結果を求めるのなら、自分に合ったプランが必要です。

その中で一番大事なことは、たくさんの情報に惑わされないということです。方法がたくさんあると、何が正しいのかが分からなくなって、モチベーションが低下します。繰り返しますが、プールでの運動は時間対効果が高いからカロリー消費の効果が高いです。

ただし、「痩せる」という結果を得るには個人差があります。なので、一概に週1日でOKと言えないのです。(何をどの程度やれば「痩せる」という答えは、残念ながら保証はできないんですね・・・)

だから、自分に無理のないライフスタイルにあったメニューを作成することが大事なのです。まずは、現場のトレーナーさんに相談するのが1番!内向的な私はトレーナーさんに聞くのは億劫でした。ただでさえ、ボディラインを見られるのに…。

でも、冷静に考えれば、ダイエットをする為に来ているので、みんな体に自信がないのは当たり前。勇気を持って踏み出せばきっと、あなたにあった無理のないプランを教えてくれるはずです!

効果があるプール運動メニュー

泳げない人にも朗報です! 週1日〜、30分の水中ウォーキングだけでも効果はあります!!前述の「時間対効果」のお話の通り、泳げない人もプール内を歩くだけでカロリー消費が期待できるからです。

しかし、私は周りがおばちゃんばかりだったので、それに混じっての水中ウォーキングは恥ずかしいのでやりませんでした。笑さらに効果が期待できるのはやっぱり水泳!水泳をすることで、ウォーキング以上にカロリー消費、筋力および基礎代謝UPが期待できます。

平泳ぎ…股関節の運動が特徴的で、進む動作として水中で伸びた姿勢をキープするので、ストレッチ感覚を味わえます。

クロール…バタ足を使い、左右の腕を交互に、水を前にかきわける泳法なので高い運動効果が得やすい。

背泳ぎ…顔を天井方向に向けているので安定して呼吸をすることができます。たまにコースの仕切りや前の人にぶつかる><

バタフライ…水泳上級者向きの泳法。コツを掴まないと前に進まなく、かなりしんどいです。

私は主に、平泳ぎを何回もやっていました。クロールは息継ぎの回数が増えてくるし、背泳ぎは鼻に水が入る。バタフライはしんどすぎて無理。でも平泳ぎは、前を向いて息継ぎをするので、鼻に水が入りにくく、前に進みやすいのでオススメです!

自分に合った運動を組み合わせて、プールならではのメリットを最大限引き出しましょう!

3.プールで痩せることができない理由。それは食事管理

どんなに優れたプールでの運動プランを立てても、なかなか痩せずむしろ太ったという話も耳にしたことがあるでしょう。カロリーを消費すると、人間の脳は生命維持の為に補給をしろと命令をだします。これが、運動終わりの自分へのご褒美になりやすい。

暴飲暴食してしまうと本末転倒ですよね。結果が出ないのは、カロリーの摂取の仕方が原因である可能性が高いです。これは、プールだけでなくダイエットすべてに言えることです。私もジム帰りに駅の構内にあるお蕎麦屋さんで唐揚げを食べていました。

プールに通う回数も減って、カロリー摂取が上回り太りました。涙より結果を出す為に、食事管理を心がけましょう!特に外食が多い人は注意です!プールで運動したあと、減量が期待できるメニューはこちら。(食べすぎ厳禁)

鳥の胸肉…高タンパクで低脂肪の鳥の胸肉。スーパーでシチュー用のものは細かく切ってあるので、茹でるだけですぐに食べたり、別メニューを作れるので特におすすめ!

豆腐料理…豆腐はタンパク質が豊富でカロリーが低いものが多いです。湯葉やスンドゥブなど、豆腐コーナーがあるのでスーパーで選ぶだけでも楽しくなります♪

ツナ缶…タンパク質が豊富でスグに食べられます!できればオイル不使用のものを買いましょう。

その他にもクックパッド(https://cookpad.com)を調べるといっぱい出てきますよ!ハマると楽しいし、モチベーションUPにも繋がりますね。

まとめ

①プールで痩せるメリットは2つ⇒時間対効果が高い、ストレス解消に最適

②自分にライフスタイルあった最適なメニューを作成する。(専任のトレーナーに相談しましょう)

③食生活を見直し、食事管理をしっかり行いましょう!

この3つのポイントを正しく理解して、納得できれば、モチベーションが保て、ダイエット成功率が抜群に上がります。あなたの周りの人から「痩せた!」と言われる日がきっときますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください