靴擦れで痛い場合にすぐできる4つの対処法、原因も解説

「靴擦れが起こったらどうしよう・・・」新しい靴を履いて特別な場所にお出かけしたいけれど、靴擦れが起こってしまうのではないかという不安に駆られることはありませんか。

もしくは、「靴擦れは仕方ないもの・・・」といつも諦めて痛みを我慢している人はいますか。実は、この記事で紹介される「靴擦れの痛みを治める方法」を実践すると、急な靴擦れの対処方法について知ることができます。また、毎日できる慢性的な靴擦れのケアを知ることができます。

実際に、靴擦れが生じる原因を分析することで、靴擦れの痛みは簡単に対処することができます。もし、あなたが靴擦れの痛みから解放されたと思っているのなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

そうすれば、なぜ靴擦れを簡単に解決することができるのか、具体的な靴擦れの痛みの対処方法と共に理解することができます。そして、急な靴擦れに恐れることなく、好きな靴を履いてストレスなく楽しいお出かけをすることができます。

靴擦れの痛みが起きる原因

靴擦れの痛みから解放されるには、まずその痛みの原因を分析することが大切です。なぜなら、靴擦れの原因は人それぞれだからです。したがって、原因にコミットした対処方法を行うことで、効率的なアプローチをすることができます。

靴擦れには主に3つの原因があります。第1に足に原因がある場合、第2に靴に原因がある場合、そして第3に歩き方に原因がある場合です。次にそれらについて1つずつ具体的に説明していきます。

足に原因がある場合

第1に、足に原因がある場合です。足の親指が外側に曲がる外反母趾や、小指が親指の方へ曲がり付け根あたりの骨が出てきてしまう内反小趾(ないはんしょうし)のような足の形が元もと特殊であるケースです。

この場合、どのような靴をチョイスしても靴擦れを起こしてしまいます。また、左右の足のバランスが悪く、大きさが違う人も靴擦れが生じやすいです。合う靴がなかなか無く、治癒しないうちに同じ靴を履くとなかなか治ることができずに悪化させてしまうことがあります。

靴に原因がある場合

第2に靴に原因がある場合です。日本人の場合、靴のサイズは女性ですと平均23.5cm、男性は25.5cmと言われています。

しかし、それはあくまでも平均。人によっては足が平均よりも大きかったり、小さかったりしてなかなかぴったりな靴に出会うことが難しい人もいます。

サイズが合っていない靴を履き続けると同じ足の場所に摩擦が起こり、足の皮が硬くなります。

胼胝(たこ)や魚の目になって圧迫痛が出たり、足の骨の変形の原因にもなります。

歩き方に原因がある場合

第3に、猫背やすり足など、姿勢や歩き方に原因がある場合です。姿勢や歩き方が正しくないと体にかかる重さのバランスが悪くなり、身体に余計な負担がかかることがあります。

靴擦れ足が痛い場合にできる対処方法

実際に靴擦れが起こった時に対処することのできる4つの方法についてご紹介します。

たくさんの対処方法がある中、なぜこの4つの方法を今回ご紹介するのでしょう。それは、この4つの方法には急な対処が必要なケースと、日常的に行うことのできる方法が網羅されているからです。

これらの方法をご自身の特性やケースに合わせることで、効果的なアプローチができます。

実は私自身、22.5cmと日本人の女性の平均に比べると足のサイズは小さめです。なので、私も購入した靴が長時間歩いてみると合わないということが多くあり、靴擦れに悩まされてきました。

そのような私が実際に行ってきた靴擦れによる痛みに対する応急的な対処方法と、日常的に行っている対処方法も含め具体的にご紹介していきます。これらの方法によって靴擦れの痛みを治めることができます。

①絆創膏やティッシュをあててクッションにする

急な痛みをとりあえず対処したいという人は、ティッシュやクッション性の高い絆創膏を靴と患部の間に挟むことで応急的に対処することができます。ティッシュを持ち合わせていない場合はコンビニやドラッグストアで簡単に購入することができます。

②ワセリンを塗る

「靴擦れのパッドやクッションは目立つので、できるだけつけたくない」という人がいるかもしれません。

そのような人は、靴擦れを起こしそうな素足の部分にワセリンを塗ることで解決します。ワセリンを塗ることで滑りがよくなり、摩擦を軽減させることができます。

③姿勢と歩き方を改善する

歩き方のチェックは、単行本を頭の上に乗せてウォーキングをすることで簡単に行うことができます。綺麗姿勢を保つためには、頭の上にボールが乗っているイメージを持つといいです。

単行本が歩いている途中に落ちることなくスムーズに歩けるようになると、何も頭に乗せないときでも正しい姿勢で歩くことができます。

④オーダーメイで靴を作る

なかなか自分のサイズに合う靴と出会うことができない人は、オーダーメイドで靴をつくるのも手です。お値段は少し張りますが、手入れをしっかりすれば長い間使うことができます。

合わない靴を何足も持つよりも、自分にあった靴を一足持つことは賢い節約方法です。

まとめ

上記でご紹介した方法を実践することで、靴擦れの原因を知ることができます。そして、急な痛みにも、慢性的な痛みにも対応することができます。では、最後に内容をもう一度確認しましょう。

・靴擦れの原因を知り、自分の特性に合わせた対処方法をすることが大切

・靴擦れには3つの原因がある

→①足に原因がある場合

→②靴に原因がある場合

→③歩き方に原因がある場合

・靴擦れの対4つの処方法

→①絆創膏やテッシュをあててクッションにする

→②ワセリンを塗る

→③姿勢と歩き方を正す

→④オーダーメイドで靴を作る

靴擦れの原因を分析することで、自分の特徴にあったアプローチを行うことができます。痛い靴擦れに困った時はこの記事でご紹介した方法をぜひ思い出してください。

この対処方法で、靴擦れのストレスから解放され、好きな靴でお出かけを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください