柿のカロリーは高い?秘められた美容と健康への影響とは?

秋が旬である代表的な果物の柿。甘くておいしい柿。そんな柿ですが、あんなに甘いのだからカロリーも高そう…そこで、柿のカロリーとその解説、美容と健康に嬉しい柿の魅力などをご紹介します!

柿のカロリーは?

甘くておいしいあの柿のカロリーはどのくらいでしょうか。柿の大きさによって多少変化しますが1個あたり100kcal前後含まれています。全食品の中では低く、果物の中では真ん中あたりのカロリー量です。

個人的な感想ですが、あの甘さの割にカロリーは低いなという印象です。決して低カロリーというわけではありませんが、後ろめたさを感じながら食べる必要はありません。

柿は美容と健康の味方?

カロリーがそれほど高くない柿ですが、優れている点はそれだけではありません。柿に含まれる成分は私たちの体にさまざまな良い影響を与えてくれます。

ビタミンC

ビタミンCは美容と健康に大きく役立ってくれますが、私たちの体では生成できない栄養素です。柿にはそんなビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCの一番の特徴が「抗酸化作用」です。この抗酸化作用は、簡単に言うと老化を防ぐ働きです。この抗酸化作用が私たちの美容と健康の大きな手助けをしてくれます。

美容の面では、シミやニキビといった肌トラブルの予防やコラーゲンを増やすことで肌の弾力を高めてくれます。健康の面では、がんや骨折の予防や免疫力の向上、また自律神経を整える働きもあります。

ビタミンA

柿にはビタミンAも多く含まれています。美容の面では、肌トラブルの予防のほか、皮膚や毛髪のうるおいを保ってくれます。健康の面では、胃腸の調子を整えたり免疫力の向上、子宮がんにかかりにくくしてくれる働きがあります。

カリウム

ビタミンCやビタミンAほどではありませんが、カリウムという栄養素も柿に含まれています。カリウムの特徴は体内の余分な水分を排出してくれることです。

美容の面では、むくみの防止をしてくれます。健康の面では、体内のナトリウムの排出を促すことで血圧の上昇を抑制してくれます。

タンニン

渋みのもとであるタンニンも柿に多く含まれています。このタンニンも抗酸化作用を持っています。美容の面では、シミやシワなどの肌トラブルの予防や毛穴の引き締めをしてくれます。健康の面では、動脈硬化などの生活習慣病の予防をする働きがあります。

柿の注意点

お伝えしたように、柿のカロリーは気を付けなければならないほど高いというわけではありません。また、美容や健康にとって魅力的な成分を含んでいます。

しかし、だからといって柿をたくさん食べることはおススメしません。柿において注目すべきなのはカロリーではないのです。

柿はカロリーではなく糖質が高い

思いのほかカロリーが低い柿ですが、糖質の量に気を付けなければなりません。カロリーと同じく、柿の大きさによって多少変化しますが1個あたり20g前後の糖質が含まれています。

比較しやすいようにすると、100gあたり14g前後となります。他の果物の糖質がどのくらいかというと、マンゴーが15.6g、みかんが11.0g、梨が10.4g、桃が8.9gです。

糖質の高い代表的な果物とされるバナナが21.4gなので、果物の中でも多い量の糖質を含んでいることがわかります。

食べすぎによる体への影響

「柿って甘くておいしいけれど、そんなにカロリーが高くないからお得!」と安心して思う存分食べてしまうと、先ほどの糖質を含めた影響が体に現れる恐れがあります。

柿のカロリーを知りたい人の中には、ダイエットを行ううえで気になるからという方もいると思います。はっきり言ってしまうと、柿はダイエットに向きません。

美容と健康に良く、甘いけれどカロリーが高くない柿ですが食べすぎてしまうとダイエットを始め健康に悪影響を及ぼします。柿を食べ過ぎると内臓を冷やすことで基礎代謝が低くなります。

基礎代謝が低くなると、体内のエネルギーの消費効率が悪くなり脂肪の分解や燃焼しにくく痩せにくい体になってしまいます。また、美容と健康に効果的なタンニンも摂取しすぎると便秘になってしまいます。

便秘も基礎代謝を低下させる要因となりますので注意する必要があります。そして、多い量の糖質も摂取し続けると糖尿や肥満といった悪影響も現れます。少し怖いことをお伝えしましたが、あくまで食べ過ぎた場合に起こりうる影響です。

1日1個程度であれば気にする必要はありません。カロリーに気を取られて、食べ過ぎることのないようにしてください。

柿の上手な食べ方

柿の食べ過ぎはダイエットや健康に悪影響なので避けたいですが、柿自体を避ける必要はありません。お伝えしたように、果物の中でもそれほどカロリーは高くなく、美容と健康に良い柿と上手に付き合えば魅力的な食べ物になってくれます。

例えば、ある程度お腹が満たされた食後のデザートとして柿を食べると、もっと食べたいという気持ちを抑えながら柿の成分の効能を取り入れることができます。また、お菓子の代用としての食べ方もおススメです。

ケーキやプリンを食べるよりかはカロリーや糖質を抑えられますし、歯ごたえのある柿の方が早く満腹感を感じることができます。

まとめ

・柿のカロリーはそれほど多くない

・柿は美容と健康に魅力的な成分を多く含んでいる

・反対に食べ過ぎると悪影響もある

・柿を上手く付き合うことができればより魅力的な食べ物になる

食べ過ぎない程度に秋の味覚を、あの甘さを堪能してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください