へそのゴマが臭い!今すぐにできる取り方や対処法を解説

皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか?なんとなく自分のへそに指を入れてクンクン。「へそのごまが臭い!!」という経験。

毎日お風呂に入っているはずなのにいつの間にか溜まっている「へそのゴマ」。「ちゃんと体は洗っているけどおへそは意識して洗ったことないかも……」「もっとしっかり洗わなきゃダメかな……」ちょっと待った!!

実はへそのゴマの取り方というものがきちんと存在するのです。今日は臭いへそのゴマとおさらばするための方法をご紹介します。

ヘソのごまが臭い理由

私たちの体は日々新しい皮膚を作っており、古くなったものが角質、垢・汚れとなってはがれていきます。お風呂に入ってふやけた皮膚を擦るとするとぽろぽろ落ちてくるアレです。

毎日お風呂に入ってきちんと体を洗っていれば、体の表面の汚れは落とせているはず。しかしへそはへこんでいる上に穴が小さいので、意識して洗わないとどんどん汚れが溜まっていってしまうのです。

「普通にお風呂に入っていても落ちないへそのゴマって何??」気になりますよね。実はへそのゴマは大まかにいうと以下のものでできています。垢、皮脂、さらには来ていた洋服の繊維くず、ホコリ。

洋服の繊維くずはまあわかるけど、ホコリ!!いつの間にへそに入りこんだの……という思いますよね。しかしよく考えると意識すればちゃんと洗い流せそうなものばかり。なぜあそこまで臭くなってしまうのでしょうか?

へそのゴマが臭くなる原因

へそのゴマが臭い理由は簡単。洗い落とせなかった垢、皮脂、繊維くず、ホコリ、これらがへその中でいっしょになって……
発酵し、雑菌が繁殖するから!!

自分の体の中で雑菌が繁殖だなんてちょっとショック。しかしこれが臭いの原因なのです。毎日少しずつ落としきれなかった汚れが溜まっていって、だんだん臭いを放つようになるのです。

お風呂に入っていても臭くなるなんてどう対策したらいいんだ!?

へそのゴマの臭い!取り方について

オイルを使ったへそのゴマ取り方

溜まったへそのゴマは、へその溝の中ですっかり固まってしまっています。取り除くにはその塊をほぐすことが必要不可欠。

そこで登場するのが、オイル!特にオリーブオイルなど口に入っても安全なものがおススメです。またはベビーオイルやクレンジングオイルなど体についても害のないもの。

これらは100均でも売られているので安価で入手することができます。ではさっそく取り方を紹介していきます。

用意するもの:オイル・綿棒・コットン(ティッシュでも可)・蒸しタオル

  1. 寝そべった状態でへそにオイルを垂らします。
    ☆溢れないように注意!
  2. 上から蒸しタオルをかぶせておへそをふやかします。
    ☆やけどに注意!
    ※また、お風呂上りに行うのが効果的ですが、オイルで体がべたつくのが嫌な人向けに蒸しタオルでふやかす方法を紹介しています!
  3. いい感じにふやけてきたら、ティッシュでオイルを吸収!
  4. 鏡でへそを見つつ浮いた汚れを綿棒で優しく取っていきます。
    ☆コツはぐりぐり押し込まないこと。せっかく浮いた汚れがまた奥にいかないようにしましょう。
  5. 黒いカスが取れたら、さっとへそを拭っておしまい!
    ※どうしても取り切れない頑固な汚れは日をおいてからまた掃除してみましょう。

これですっかり、清潔なへそに!

気持ちよくてつい頻繁に掃除したくなりますが、へそはデリケート。1ヵ月に一度程度にしておくのが無難でしょう。

病院に行って除去しなければいけない場合

ずっとへそのゴマを放置してしまうと、家庭では取り切れないほどカチカチになってしまうことがあります。その場合は残念ですが病院に行って取ってもらいましょう。

「へそは目立つ部分じゃないからいいや」と思う人もいるかもしれません。しかし雑菌が繁殖している塊を溜め込んだままにしておくのは考えもの。

へそを手で触って「なんだか硬いものがある……」と感じた人は要注意。汚れが石のように硬くなって、しかも手で触ってもわかるほどゴマが巨大化してしまっている可能性が高いからです。

上の方法で取れないへそのゴマは皮膚科に行って取ってもらいましょう。多少お金かかりますが、安全第一です。

下手にいじってへそを刺激してしまって、より状況が悪化。するともっと手間がかかる上に、しなくていいつらい思いをすることになってしまうかもしれません。

へそのゴマは取りたいけど、お腹が痛くなるって本当? 噂と真実

あまり強く奥まで取ろうとするのはNG

先ほども書いたようにへそはとてもデリケート。決してぐりぐりと掃除してはいけません。というのも、清潔に保とうとしているつもりが、強い刺激によって腹痛や炎症を起こす場合があるからなのです!

そもそもへその皮膚は他の部分よりも薄くなっていて、ちょっとしたことでも傷つきやすいです。強い力でいじってしまうと、傷ができてしまい、そこから菌が入って膿んだり炎症を起こすことも。

薬を塗って治る範囲ならまだマシですが、なんと内臓にまで影響を及ぼすケースも!!

へそは体の中とつながっている

へそは体の中の腹膜という部分とつながっています。腹膜とはざっくりと言うと内臓を包んでいる体の中の組織です。へそは体の外側についていながら内臓に繋がる部分だった、と思うと少しびっくりですよね。

へそにできた傷が炎症を起こす/膿む→ 腹膜にまでばい菌が届いて体の内部に悪さをする。このような流れで病気になってしまうのです……身近なところで言えば、「腹膜炎」という病気。

腹膜に菌が入ることで発熱や嘔吐などの症状が出ます。こうなるといよいよ病院のお世話にならなくてはいけなくなってしまいます。

毎日のお風呂にひと工夫

へそ掃除の怖い部分のみ書いてしまいました。しかし毎日のお風呂でひと手間かけるだけでへそのゴマがカチカチになることを防げます!

いじりすぎはもちろんよくありません。しかし泡のついたボディタオルでサッと拭う程度なら問題ありません。心配な人は洗顔フォームなどをへそに埋めるようにして軽く汚れを取るのもいいかもしれませんね!

定期的に掃除をすればへそのゴマは臭わない!

ここまでへそのゴマについて紹介してきましたが、いかがでしょうか?普通に暮らしているとなかなか注目しないへそ。

これを機にへそのゴマを掃除してみると「大物」が取れるかもしれません!なにより、汚れやイヤな臭いがなくなるとさっぱりしますよね。ぜひ、「へそはデリケート」「掃除の際は優しく」を忘れずに、へそのケアに挑戦してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください