もやしは洗うのが正解?メリットとデメリットについて紹介

安くておいしい庶民の味方の「もやし」。家計に優しくいろいろな調理方法で食べられてボリューム満点、いい事ずくめの満点野菜ですが、みなさんは実際に調理に使うときもやしを洗います?

確かに洗っても洗わなくてもいいような気がしますが、実際はどうなんでしょうか。

ちなみに自分は両方です。買ってきたばかりのもやしは洗わずそのまま使うし、少し日にちが経ってしまったもやしは洗って使っています。親や友人にも聞いてみましたが、洗う洗わないは半々ぐらいの割合でした。

洗う、もしくは洗わないことでなにか変化が起きるのでしょうか?いったいどっちが正解なんでしょうか?

もやしは洗うべき

断言してしまいましたが、もやしは洗うべきです!というのも本当は「どちらでもいい」が正解なんです。え?どっちなの?と思われた方、あせらないでください。

もやしを洗う場合と洗わない場合、どちらにもメリットとデメリットが存在します。

もやしを洗うメリットとは?

まずは、もやしを洗うメリットについてです。もやしを洗うメリットとして、洗うことによりみずみずしさが復活し美味しく食べられるという点です。

もやしを洗うことにより、あの独特のシャキシャキ食感と風味がより的確に味わえるようになるのです。

特に炒め物などにもやしを入れる際は、もやしの独特の歯ごたえがポイントになってくるので、軽く水で洗って水気を切っておいた「もやし」を程よいタイミングで投入しましょう。

また、もやし独特の匂いを、水洗いすることでとることができます。実際に「もやし」は袋に入った状態でも呼吸しているそうです。その結果、臭みというか独特な匂いが袋の中に充満してしまい、もやしそのものにも匂いが移ってしまいがちになります。

買ってから日にちが経てば経つほど、袋に閉じ込められている時間も長くなります。さっと洗うことで、もやしの風味がよくなり、調理した料理にも「もやし」独特の匂いが移らない、結果として料理も美味しくなるということです。

ほかにも、冷蔵庫などで保存していた場合、もやしの袋内に水滴が付着していることがあります。付着した水滴に雑菌が繁殖している可能性もあり、これが原因で匂いが発生していることもあるので、このような状態を取り除くためにも洗った方がいいでしょう。

上記のような場合以外にも、衛生面が特に気になる方は、洗ったほうがよいかもしれません。水でさっと洗うだけというのも不安な方は、ザルにあけて軽く熱湯をかけてもよいでしょう。

ただし、このような雑菌は、加熱処理をすれば死滅するものが多いので、上記のように熱湯をかけたりしなくても、調理の熱で十分といえますし、洗わないからといって害になったりお腹を壊したりということは殆どないと思います。

もやしを洗わないメリットとは?

もやしを洗わないメリットとして、一番大きいのが「洗う手間が省ける」ということです。なんだそれ?と言われてもしょうがないですが、洗わないということは「洗う」という一手間をかけなくて良いことになります。

つまり、より手早く料理ができるようになるということです。もやしを洗う場合は、もやしをザルなどに開けて、もやしを洗い、水気をきって、使ったザルを洗うという工程が発生します。

これを些細なことと感じるか、面倒と感じるかは人それぞれですが、こうした一手間を省けることは、料理をしながらだと結構大きいですよね。

また、もやしだけでなく多くの野菜が、長時間水に浸しておくと、野菜に含まれている栄養素が水分に流れ出てしまうことがあるので、洗わないことで栄養の流出を防げるという点も、もやしを洗わないことのメリットと言えるかもしれません。

もやしは結局、洗うのがいいの?

この件に関していろいろ調べていたところ「もやし生産者協会」というものを発見しました。もやしの生産者や加工業者が組織する団体です。

そちらのホームページには「もやしは出荷前に清浄な水で洗浄されていますので、基本的には調理前の水洗いは必要ありません。ただし、お手元に届くまでやお手元に届いてからの保存状況の良し悪しなどによって臭いが気になる場合などには水洗いしていただいても結構です。」

と記載がありました。

つまり、もやしのプロ?の方たちも「洗わなくてもいいですが、気になるなら洗っても問題ないですよ。」と言っていますし、これは極論になるかもしれませんが「どっちでもいい」とおっしゃっています。

一応、もやしの種類によっては袋の裏に「軽く洗ってからご使用ください」と書かれているものもあります。でも「洗わずにご使用ください」と書いてあるのを見たことがありません。

ならば、よりメリットがありそうな「もやしは洗ったほうがいい」というのが最終的な結論です!便利で安くておいしい「もやし」。食べるならほんの一手間を我慢してでも、より美味しくいただきましょう!