さつまいもは太る野菜!?低カロリーにするための調理方法を伝授

秋の味覚としてなじみ深い野菜「さつまいも」。おかずにもスイーツにもなる万能な野菜です。

「野菜だからヘルシー!」そう思ってついつい食べ過ぎてしまう人もいるのではないでしょうか?

残念ですが、実はさつまいもは太る原因にもなる食材なのです。独特のやさしい味からは想像できませんよね。今回はなぜさつまいもで太るのか、太らない食べ方はあるのかを調べてみました。

さつまいもで太る?栄養素を調べてみた

 さつまいもは太る? カロリーを調べてみた

なぜさつまいもを食べると太ってしまう場合があるのか。
太るといえば皆さんが一番気にするのはカロリーではないでしょうか?

さつまいものカロリーは……
100gあたり約130kcal、それに対して炊いた白米100gは約168kcal。
同じ炭水化物なのに、いつも食べている白米よりも約40kcalも低カロリー!

さつまいもって太りやすいって聞いていたのにこれは一体どういうこと?

ますますなぜ太るのかわからなくなってきました……。

さつまいもは太りにくい? 栄養素を調べてみた

カロリーだけではなく栄養面にも注目してみましょう・

さつまいもにはビタミンがたくさん含まれています。
特に豊富なのはビタミンB群とビタミンC。

ビタミンB群には代謝を高める効果や、糖質をエネルギーに変える効果があります。
他にも免疫力アップ、疲労回復など私たちの健康に欠かせない効果がたくさん。

また、食物繊維も豊富に含まれていて、便秘予防にも役立つ食材です。
便秘体質でお腹がポッコリしがち、という人にはありがたいですよね。

ほかにも、カロテン、鉄、亜鉛、カルシウム、ポリフェノールなども含まれています。

……さつまいもって本当は健康的でやせる食材なのでは?

さつまいもの太る食べ方、痩せる食べ方

さつまいもを調理するから太る?

 焼き芋に、大学芋、てんぷら、さつまいもごはん、甘露煮……おやつからおかずまで作れる万能選手ですが、ちょっと待った!

実は、さつまいものカロリーは加熱することで増えてしまうのです!生のさつまいものカロリーは100gあたり約130kcalでした。

しかし焼き芋にすると100gあたり約163kcalにまで増えてしまいます。先ほどの炊いた白米とほぼ同じです。

また、加熱によって糖度も上がるので、糖質もアップしてしまいます。大学芋やスイートポテトなどで砂糖を加えてしまうとどんどんカロリーが足されていくことに。かといって生で食べるわけにもいきません。

さつまいもの太らない調理法

一番いい方法は「ふかす」こと。焼き芋ではなく、ふかし芋にして食べることをおすすめします。そうすると生の状態とほぼ変わらないカロリーで食べることができます。

大事なのは、「できるだけ皮ごと食べること」。「焼き芋は絶対皮をむいて食べる!」という人はちょっと大変かもしれませんが、皮にこそ栄養が豊富に含まれているのです。

あとは「茹でる」もカロリーが増すのを抑えられる調理法。しかし茹でるとどうしても栄養素が水の中に溶けてしまいます。

やはりおすすめは蒸す方法でしょうか。「味が素朴すぎてちょっと物足りない……」という人はノンカロリーのドレッシングなどをかけてみるといいかもせれませんね!

さつまいもは太る、はウソ!

さつまいもで置き換えダイエットに挑戦

 白米よりもカロリーが低く、栄養素も豊富なさつまいも。これは置き換えダイエットに最適な食材と言えませんか?

晩ごはんの白米をさつまいもに置き換え。おやつにどうしても菓子パンやコンビニのホットスナックを食べてしまう、という人はおやつをふかしいもに変えるだけでかなり摂取カロリーを抑えることができます。

どうしても夜お腹が空いてしまったとき。夜食もふかし芋にすれば罪悪感も多少は抑えられるかも……?

さつまいもは腹持ちもいいので、結構応用が利きそうです。

さつまいもでお通じ改善!

 冒頭でも書いたようにさつまいもには多くの食物繊維が含まれています。便秘がちな人やお通じが安定しない人も日々の食事にさつまいもを取り入れてみましょう!

お腹周りがすっきりしますし、代謝がいいと体のほかの部分も整っていきます。肌荒れが緩和したり、お腹のハリがなくなるので気分もすっきりしたり。

便秘を解消するには継続して1週間~2週間ほど食物繊維を摂取することが必要なのだとか。さつまいもだけではなく他の食材とも組み合わせてみれば案外乗り切れるかも?

効果的にさつまいもを食事に取り入れて、すっきりお腹を手に入れましょう!

※食物繊維の取りすぎで却って便秘を悪化させてしまったケースもあるそうです。なかなか効果がでない場合は無理をせず、お医者さんにかかってくださいね。

さつまいもは太る食材ではない!

さて、ここまでさつまいもについていろいろ調べてきました。大切なことをまとめると……

・さつまいもは加熱するとカロリー増
・加熱調理するときには「ふかし芋」がおすすめ
・食べるときには栄養をたくさん摂れるように皮ごと
・ふかし芋は炊いたご飯よりも低カロリー
→置き換えダイエットに向いた食材
・食物繊維で便秘&ぽっこりお腹解消!

これでさつまいもは太る食材ではなく痩せる食材だということがわかりましたね!
しかし焼き芋や大学いもがおいしいのは事実……。

でもこれらが頭の中に入っていれば、太らない程度に程よく楽しむことができるのではないでしょうか?