【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

正しい浴衣の着方と常識!パーフェクトな浴衣女子を目指そう

女子たるもの、夏祭りや花火大会が近づくと浴衣を着てお出かけしたくなりますよね。浴衣を着ると、近所のお祭りが特別なイベントになり、心に残る思い出を作ることが出来ます。でも、その思い出が「失敗」した思い出になってしまったら…?

浴衣の着こなしに心配事はつきものです。色柄に自信が持てなかったり、下駄で靴ずれてしまったり、着崩れてしまったり。でも、しっかりと準備をすれば大丈夫!この記事は、浴衣を完璧に着こなし、どこに出しても恥ずかしくない浴衣女子になるためのバイブルです。是非最後までご覧くださいね。

便利になった!浴衣を着るために必要なもの

それでは早速、浴衣の着方について説明していきましょう。まず、浴衣の着付けで必要な道具は以下です。

・浴衣

・帯(作り帯)

・肌襦袢、裾除け(着物用スリップ)

・腰紐(コーリンベルト)

・伊達締め(マジックベルト)

・履き慣れた下駄

・かごバッグなど

()内のものは、着崩れ防止や着心地の良さを目的として開発された商品名です。体の動きに合わせて伸縮したり、滑り止めがついていたり、手入れもしやすいので、お持ちでなければ新たに購入しても良いかもしれません。値段も安価なものがたくさん販売されています。

浴衣の確実な着方(帯まで)

役者が揃ったらいよいよ着付けです。当日着付ける際は、時間に余裕を持って準備を始めましょう。

1.  着物スリップを着た上に、浴衣を羽織ります。

2.  衿先を合わせて左右に持ち、少し持ち上げて着丈を決めます。かかとで2cmほど裾を踏むと上がり過ぎず、仕上がりをくるぶしが隠れる程度の丁度よい長さにすることが出来ます。

3.  左手を肘から開き、左側の身頃(上前と言います)を開け、その後右手で持っている方の身頃(下前といます)をその肘に挟み込みます。

4.  ずれないように押さえながら左手を戻し、上前を下前に重ね、ウエストを左手で押さえながら腰骨の上をコーリンベルトで止めます。腰紐で結ぶ場合は、片花結びと言って蝶結びの輪を一つだけ残した結び目にします。

5.  前身頃の処理をします。脇の下の開いているところから手を入れて重なっている布を整えます。前後しわを伸ばしながら布をおろし、おはしょりを作ります

6.  衿が二重になっているところ(共衿と言います)を合わせて右手でつまみ、左手で背の中心(背中心と言います)をひっぱり、首の後ろをこぶし一個分ほど開けます。 

7.  前の衿は、喉のくぼみから指2本下のところで直角に合わせます。

8.   もう一度おはしょりを整え、上半身の布が体から浮いてこないように気を付けながら、胸の下をマジックベルトまたは伊達締めで締め、浴衣を固定します。おはしょりの長さは腰骨くらいに、縦の縫い目(衽線と言います)を合わせると浴衣の柄を綺麗に見せることが出来ます。

作り帯?手結び?帯の締め方

一番簡単で着崩れの心配もないのが作り帯ですが、簡単すぎてしまうので、ここでは半巾帯の手結びの方法をお伝えします。

1.    帯を右手の肘から指先までの長さ(4050cm)に合わせた分だけ半分に折り、輪を上にして左肩にかけます。(この短い方の帯を手先と言います)

2.    体の中心から、帯を開きながら一巻きします。この時、帯を回すのではなく自分が回ると楽に巻くことが出来ます。

3.    一周した長い方の帯(タレ先と言います)を脇から三角に折り上げ、手先と結び、一度しっかりと締めます。結び目を横に引くと締まり、結び目を縦にすると止まります。

4.    タレ先を、肩幅の長さに合わせて内側に折りたたみ、羽を作ります。

5.    真ん中を谷折りにし、山ひだを二つ作ります。

6.    手先を上から下におろし、結び目の後ろ側から上に通し巻き付けます。

7.    引き上げた手先を上から帯と浴衣の間に差し込み、下から引っ張ります。はみ出た部分は開き、折りたたんで、帯に入れ込みます。

8.    羽根の形をバランスよく整えます。リボンの形は正面ではなく、上向きが正しい方向です。

9.    帯を右回りに後ろにまわし、全体を整えて完成です。

着方で混乱するのは、左右どちらが前か

どちらを前にして合わせるか、浴衣を着慣れていないと混乱します。確か間違えると縁起が悪かったはず。男女で合わせが違ったと聞いたことがある…など、情報に惑わされ、毎回悩むことになります。

結論から言うと和装では、浴衣でも着物でも男女差はなく、どちらも「右前」です。

ただ、この「右前」という言葉が混乱のもとなのです。「右前」と聞くと、右側を前に出す、というイメージで右の身頃を上に重ねてしまいがちです。それが間違いで、この「右前」は、「右側をさきに重ねる」という意味なのです。

つまり、正しい合わせ方は人から見てyの字の形になります。日本人には右利きが多いので、右手を懐に差し入れ、物を取り出しやすい重ね方になったのかもしれません。ちなみに、男女差があるのはシャツのボタンの合わせです。海外と日本で混乱しないように、きちんと区別して覚えておきたい知識ですね。 

これで大丈夫?年齢と色柄とコーディネート

浴衣を着られるようになると、今度はコーディネートで悩むことになります。

浴衣は着る人の体型を選ばないため、世代を超えて受け継がれ、お母さんどころか、おばあちゃんのものを着る機会も珍しくありません。ただ、何十年も前の柄にどんな帯を合わせたら良いのか、どうしたら今どきの柄や着こなしに対抗できるのか…。コーディネートだけでなく、自分の年齢や、浴衣を着る時期とその柄が合っているのか、自分の教養やセンスを試されているようで不安になります。

実は、柄は、浴衣であればそれだけで夏を表現できるので、気にせずにどんなものでも着て良いのです。年齢も若者が落ち着いた色や柄を着た方が、かえって粋で、人目を引きます。季節や日本人の感性をより楽しむために、旬の花や生き物を知っておくことは大切ですが、気にし過ぎないようにしましょう。

今どきの着こなし、どう思う?

最近では、男性物の浴衣を着たい女性や、帯を前で結び、大きく胸元を開いた花魁風に浴衣を着たい女性が増えているようです。コスプレ感覚の着方には賛否両論ありますが、何よりも無粋なのは、他人の着方に理解を示さないことです。もともと浴衣は、正装ではありません。自由な浴衣の着こなしを楽しみましょう。

まとめ

さて浴衣を着よう!と思い立ったは良いものの、和装って敷居が高い…。そう感じるのは、和装に関しての知識が心もとないからです。

どうしても着こなしに自信が持てない時は、少しだけ季節や日本の文化について調べてみると良いかもしれません。何か言われたとしても、「昔はそうだったかもしれないけれど、これが私の着こなし方!」と胸を張って言い返せるようになりますよ。