もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

ホットヨーグルトの効果 | 美容・ダイエットに効く温め方や作り方

健康康志向の方も増えてきている今、ヨーグルトを毎朝食べるという方もいます。

そんなヨーグルトが身体に良いことは多くの人に知られていますが、さらに「ホットヨーグルトの効果が高い」と注目を集めているのです。

ヨーグルトを温めることで効果にはどのような違いがあるのか、また話題となっているホットヨーグルトの効果、温め方や作り方、適切な摂取量について紹介します。

ホットヨーグルトの効果はあるの?

通常は冷たい状態で食べるヨーグルトですが、それでは内臓を冷やしてしまうため胃腸の働きが弱くなりやすくなるのです。

しかしホットヨーグルトなら、体内から温まることができて胃腸の働きも活発になります。すると、便秘の改善はもちろんカルシウムの吸収力を高める効果が期待できるのです。

美肌効果

実は便秘の改善が美肌効果に大きく影響していて、そのカギとなるのが腸内環境といえるでしょう。

ホットヨーグルトを食べることで、善玉菌が増えるだけでなく活性化にもつながります。

この作用によって腸内環境が整うと、ニキビや吹き出物は出来にくくなり身体の不調が肌に現れてしまうことも減るでしょう。

そして健康な腸内は綺麗な肌の維持にも影響するため、美肌への高い効果があるのです。

ダイエット効果

女性に嬉しい美肌効果以外に、カルシウムの吸収力を高めることがダイエット効果にもつながるとされています。

カルシウムは、脂肪分の体内への吸収を抑える働きをするため、余分な脂肪の吸収を防ぐ効果が期待できるのです。

また、ホットヨーグルトで体内に温かいものを摂取すると、胃腸が冷えて機能を低下さてしまう心配もありません。

そして胃腸の機能が高まると、食べ物などの栄養も十分に吸収できるうえに代謝も高まりやすくなります。

ホットヨーグルトを食べれば血行促進や代謝があがるとともに、便秘が解消されれば老廃物の排出スピードもスムーズになるでしょう。

このようにダイエットに必要不可欠な脂肪分の吸収抑制や代謝アップにも、ホットヨーグルトの効果が影響しているのです。

美肌やダイエットだけでなく、身体を健康に導く高い効果が期待できるでしょう。

便秘の解消

ホットヨーグルトによる善玉菌によって便秘を解消することに繋がります。善玉菌が多いと腸を活発化させ、結果として栄養をめいいっぱい吸収し、快便を促す効果があります。

ホットヨーグルトを温めることで善玉菌が活発になる

ヨーグルトには腸内環境を整えることで有名な、乳酸菌やビフィズス菌が存在しています。これらは善玉菌と呼ばれていて、10℃以下などの冷たい状態では働きが鈍くなることが分かっているのです。

そして30℃後半~40℃前後の温度で、善玉菌はもっと活発になるため、ホットヨーグルトのほうがより高い効果を発揮してくれます。

ヨーグルトの加熱しすぎは禁物!

健康や美容のためにも冷たいより温かいヨーグルトが良い、といっても加熱しすぎないように注意しましょう。

それは、もし温めすぎて60℃を超える温度になると、善玉菌が死滅してしまう可能性が高いからです。

するとホットヨーグルトの効果は、半減もしくは無かった状態になるので、ヨーグルトの加熱しすぎは良くありません。

また水分と乳成分が分離してしまうと、口に入れたときにザラザラとした食感になることがあります。

ただし、万が一温めすぎたかもと思っても捨てたりはしないでください。

もし善玉菌の働きが弱くなったり死んだりしても、菌自体が野菜の食物繊維のように腸内をキレイにする働きはあるのでそのまま食べても問題はありません。

ホットヨーグルトの効果を高める簡単な作り方

あれもこれも、といろいろな食べ方を試したくなることもありますが、それでせっかくのホットヨーグルトの効果を弱めてしまわないようにしましょう。

腸内環境を整えて健康やダイエットの高い効果を得るためには、シンプルなホットヨーグルトの作り方がおすすめです。

市販のヨーグルト100gに対して水を大さじ1杯入れて、後は電子レンジ500wで1分チンするだけ。

このときお好みではちみつを大さじ1杯入れたり、食物繊維が豊富とされているココアパウダーやきな粉をトッピングしてもおいしいですよ。

そしてヨーグルトといえば、朝食といったイメージを持つ方も多くいます。しかし実際は、夜に1回食べたほうが高い効果を得られるでしょう。

ホットヨーグルトを夜に食べることで、寝る前に身体が温まるので快眠にもつながります。

ホットヨーグルトの効果を100%にする食べるべき黄金のタイミング

ここまでで、いかに善玉菌を大切にしなくてはいけないか、ホットヨーグルトを食べるべきかわかっていただけたと思います。

しかし、実は善玉菌はとりあえず摂取しておけばなんとかなるものではありません。食前だと胃が酸性よりなので善玉菌が死んでしまうことがわかっています。

この善玉菌ありきのホットヨーグルトなので、善玉菌に最高に活かしたタイミングは食後になります。

なぜなら善玉菌が生きた状態で入りやすく、メリットで上げた効果をバランス良く最大限にでやすいから。

また、食物繊維を一緒に撮ってやると良いので食後に食物繊維の多く含まれているバナナと一緒にホットヨーグルトにしてやるのもオススメです。

ホットヨーグルトの効果を高める1日の適切な量

ここまで善玉菌のこと知ったら絶対痩せたい!キレイになりたいと思いますよね。いっぱい食べてとかたくさん食べたらなど…と思うと思います。

ですが、善玉菌は生き物なので生涯生きているわけではないのです。なので適切な量をできる限り毎日取ることが推奨されます。

実際何グラムなのか約150gが推奨されています。善玉菌の効果を十分に発揮することができ、食べるのに無理のない量になっています。

まとめ

・ホットヨーグルトで善玉菌の活発にする
・50℃以上になるまで温めすぎない
・作り方はヨーグルト100gあたり500wで1分が目安

これら3つのことを知っていれば、ホットヨーグルトの効果を十分に得ることができるはずです。

身体の健康やダイエットはもちろん、腸内環境が整えば肌の調子も良くなって睡眠も十分にとれるようになると、より美肌に近づき維持にもつながるでしょう。

そのためにホットヨーグルトを夜に1回食べるだけで良いなら、試さなきゃ損ですよね。

いままでは冷たいヨーグルトを朝食などで食べるだけだった方も、体内からの健康を目指して美肌への良い影響を得るために、簡単に作れるホットヨーグルトを試してみましょう。