【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

焼肉で太る理由を一挙公開!しかし全ては食べ方次第!

私は焼肉が大好きです。給料日、誕生日、祝いごと、気合いを入れたいとき、何でもないときでも、私に選択権がある以上は絶対に焼肉を選びます。皆であろうと、一人だろうと関係ありません。とことん焼肉を食べます。

周りからよく、「そんなに焼肉食べて太らないの?」と聞かれますが、私はむしろ痩せています。一般的には「焼肉=太る」のイメージが強く、実際に私の友人にも焼肉好きで太っている子がいます。

焼肉は、食べ方次第で物凄く太ります。しかし同時に、食べ方次第でダイエット効果も期待できる食事になるのです。今回は、焼肉で太ってしまう理由に注目しながら、太らない理想的な焼き肉の食べ方をご紹介します。

焼肉で太る理由

炭水化物

熱々のご飯にジュワッと焼いた肉、想像するだけで涎が出てきそうな組み合わせですが、実は、これこそが焼肉で太る大きな理由なのです。白米自体のカロリーはそこまで高くないものの、白米の糖質と焼肉の脂質が組み合わさると、体脂肪として体に蓄えられやすくなります。

つまり、より太りやすくなってしまうのです。そしてシメにラーメンなどを食べてしまうと、心は満足でも体には最悪です。

ビール

焼肉といえばやっぱりビール!と叫びたいほど、美味しく焼き上がった肉とキンキンに冷えたビールの組み合わせは格別ですよね。しかしこれもまた、焼肉で太る理由です。

その組み合わせの旨さとアルコール度数の低さが絶妙に合わさり、ついつい、もう一杯、またさらにもう一杯と酒も肉もどんどん進んでしまい、気付いたときには飲み過ぎと食べ過ぎの二冠王を達成してしまっているのです。

脂身

好みは人それぞれですが、好きだからといって同じ種類の肉ばかりを食べていると太る一因になります。脂身が多いといえば牛肉、特に牛バラ肉は脂質が高く、食べ過ぎると勿論太ります。

タレ

焼肉で太る理由について炭水化物やビールについては度々触れられますが、実は、「タレ」に含まれる砂糖やブドウ糖などの甘味料も結構な曲者です。甘いタレは食欲をそそります。そして、体脂肪の増加もそそります。

急いで食べてしまう

「あー、焼けてる!」「今が食べ頃!」と、焼肉はどうしても肉の焼け具合に合わせて食事を進めてしまいがちです。やっぱり熱々のうちに食べたいのもあって、火から下ろした肉も急いで食べてしまう方も多いのではないでしょうか。

急いで食べると噛む回数が減ってしまい、満腹中枢が刺激されませんし、栄養の吸収にも良くありません。

ダイエットにもなる焼肉の食べ方

韓国風焼き肉のすすめ

日本には色々な焼肉店がありますが、太らない食べ方、ダイエットにもなる食べ方を実践出来る焼肉としては特に韓国風焼肉がおすすめです。

まずはキムチ・ナムル・わかめスープを食べる

折角の焼肉だからといって、いきなり肉を食べるのではなく、まずはキムチやナムル、わかめスープなどを食べましょう。焼肉を最大限に楽しむための腹準備といったところです。

単に肉だけで満腹にしないための軽い腹ごしらえ目的だけでなく、代謝を上げて脂肪燃焼効果、炭水化物と脂質の吸収を遅らせ体脂肪になりにくくする効果も期待出来ます。

色々な種類の肉をバランス良く、しっかり焼いて食べる

高脂質な肉ばかり食べるのは良くないものの、そうかといって低脂質な肉ばかり食べては焼肉の醍醐味が薄れてしまいます。一種類に偏らず、バランス良く色々な種類の肉、様々な部位を食べましょう。

なるべく鶏肉や牛タンなどの低脂質な肉から始めて、ロースやカルビなどの高脂質な肉で終わるのが理想の順番で、満足度も高いです。レアも美味しいですが、しっかり焼くことで余分な脂肪が落ち、その分カロリーも低くなります。また、しっかり焼いた肉では噛む回数も増えます。

塩・レモン・ニンニク醤油で食べる

タレ漬けの肉の場合はしっかり焼くことでカロリー対策になりますが、そうでない場合はなるべくタレではなく塩やレモン、ニンニク醤油などで食べるようにしましょう。

ご飯は1膳だけに抑え、後はサンチュやエゴマで包んで食べる

太りやすくなると言われても、焼肉とは切っても切れない縁のご飯。我慢してストレスになるくらいなら、1膳だけに抑え、後はサンチュやエゴマで肉を包んで食べるようにすれば心も体も大満足のはずです。サンチュに肉とキムチを一緒に包んで食べるのもおすすめです。

途中にもキムチ・ナムルを食べて、ゆっくり時間をかけて焼肉を楽しむ

主役はあくまで焼肉ですが、「焼肉、ときどき、キムチ・ナムル」の感覚で食事を進めるのが理想的です。一気に肉を焼いてしまわず、ゆっくりと時間をかけて焼肉を楽しみましょう。

焼肉で選ぶべき飲み物は?

お酒を我慢出来るのなら烏龍茶、我慢出来ないのならマッコリがおすすめです。焼肉と相性抜群な上に低カロリーで美容効果も高く、是非飲んで欲しい韓国のお酒です。

焼肉のシメをどうするか

たっぷり焼肉を堪能すれば、シメの我慢はさほど難しくはないはずです。が、どうしても食べたい場合は、ひたすらカロリーが高く流し込む食べ方になりがちなラーメンではなく、低カロリーのわかめスープや、食物繊維が豊富で栄養素のバランスが良いクッパ、ビビンバなどを選びましょう。

【重要】焼肉を食べた後にすること

焼肉で太らないための食べ方をじっくり見てきましたが、実は食べ方だけでなく、焼肉を食べた後の体への気配りも非常に重要です。たっぷり焼肉をを堪能した後は下記のことに気を付けてください。

水を飲む

お酒を我慢したとしても、焼肉はどうしても塩分を多く摂りがちになります。常温の水を1~2杯飲んで、たっぷり水分補給しましょう。

しっかり睡眠をとる

よく噛んで食べても、肉の消化は体への負担が比較的大きいです。しっかり睡眠をとって体を回復させましょう。

焼肉を食べた翌日はなるべく体を動かす

歩くだけでも十分です。焼肉から得た体内のエネルギーを消費しましょう。

まとめ

いかがでしたか?少し気を付けるだけで、ダイエット中でも焼肉を存分に楽しむことが出来るんです。本当は焼肉が食べたいけど、ダイエット中だから・・・と我慢しているあなたも是非、この食べ方で焼肉の幸せを味わってください!