【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

腫れ物扱いの意味や使い方は?実際の例を使って詳しく解説

「腫れ物扱い」の言葉を聞いたことのある方も多いかと思います。

あまりいい意味で耳にすることは多くありませんが、正しい意味や、使い方を知っていますか?

本記事では、人に対して使う言葉ですが、腫れ物扱いの意味や、どういった時に使用するか、そして腫れ物扱いされる方にはどういった特徴があるのか、などをリサーチしていきたいと思います。

腫れ物扱いの意味とは?

そもそも、腫れ物というのは、炎症などで、皮膚が腫れて、うみを持ったものや、身体にできたできものなどのことを言いますが、腫れ物には触れない方が良いですし、きちんとした対処をしていかなければなりませんよね。

そして、腫れ物扱いの意味ですが、使われ方として、「腫れ物扱いするような」のように、ものの例えに使われることが多いです。意味合いとしては、「気難しい相手などにおそるおそる接する様」です。

腫れ物に触るよう、などといったりもします。

腫れ物扱いされる人の特徴とは?

ここでは、さまざまな場面でも、腫れ物扱いされている人の特徴を上げていきたいと思います。

短気、キレやすい

怒りっぽい人がいると、いつ、何が起きたときにその人の気に触るのか、周りがいつも気を張っていなくてはいけません。

余計に気を使うことになりますし、自然と触れないでおこう、と周りから敬遠されてしまいます。

ネガティブ思考、すぐに落ち込む

ネガティブな思考は、周りへも、伝染してしまいます。少しの注意や、助言でさえ、すぐに落ち込んでしまう人には、話すのためらってしまいます。

リアクションが極端に悪い

人からのアクションに対して、その返しがあまりにも薄い場合、そして、そこに負の感情などを出してしまうと、相手にもマイナスのイメージがつきかねません。

批判が多い

自分以外の人が行うことに対して、批判が多い人も、腫れ物扱いされやすいです。何を言っても「いや、これはこうだ。」など、否定的な意見ばかり言う人に関しては、意見も言いたくなくなりますし、最初から話しかけるのも億劫になってしまいます。

周りに頼りすぎている

人に頼るのも、ときには重要ですが、いつも人に頼りきりでいてしまうと、例えば、職場では、あの人にはいつも仕事を押し付けられるから、などと、あまり関わりたくないと思ってしまいます。

上記のような人は、家族や、恋人、友達同士、そして職場など、どのような場面でも、腫れ物扱いされてしまいます。

腫れ物扱いされている人の対処法

ここでは、前記のような腫れ物扱いされている人がいた時の対処法を上げていきたいと思います。

会話の初めには褒めるところから

「今日の服素敵ですね。」など、小さなことからでも、相手の承認欲求を満たしところから始めると、相手も自分に対して前向きになってくれます。

丁寧すぎるくらいに噛み砕いて話す

ネガティブな人や、落ち込みやすい人は、他人からのアドバイスなどを、難しく自分本位に解釈してしまいがちになるので、相手に伝わるように説明することが大事です。

初めから関わらない

相手によっては難しいかもしれませんが、可能な限り、関わらないようにするのも1つの手です。

腫れ物扱いされないためには?

この項目では、自分が腫れ物扱いされないようにするためにはどうしたらいいかをあげていきます。

いつも明るく、寛容でいる

明るく、笑顔でいるような人にはこちらから話しかけたいと思いますし、おそるおそる接することはないでしょう。寛容でいることで、ミスや、人を傷つけることはよくあってはいけませんが、少しのことは気にせず、受け入れてくれると思われます。

ポジティブ思考

前述でネガティブは伝染すると述べましたが、ポジティブな思考も、同じ様に伝わります。もし悪いことが起きたとしても、ポジティブな事に変換していく事で、周りから敬遠されることは無くなります。

相手のことを思った反応をする

相手の言動をしっかりと考えてから、反応していくのが良いです。全て相手に合わせると、それは何でも同調する人、のように思われ、逆効果になることもあるので注意が必要です。自分の意見もしっかりと持ちながら、相手のことを考えたリアクションをするのが良いでしょう。

まとめ

最後に、今回の記事での腫れ物扱いの意味や、腫れ物扱いされている人の特徴や、対処法などをまとめていきます。

・腫れ物扱いは、腫れ物には触れない方が良いということから、気難しい相手などにおそるおそる接する様、を意味する。

・腫れ物扱いされている人の特徴は、

1.短気、キレやすい

2.ネガティブ思考、すぐに落ち込む

3.リアクションが極端に悪い

4.批判が多い

5.周りに頼りすぎている

などが上げられます。

・腫れ物扱いされている人に対して、

1.会話の初めには褒めるところから

2.丁寧すぎるくらいに噛み砕いて話す

3.初めから関わらない

などの対処方法が上げられます。

・自分が腫れ物扱いされないためには、

1.いつも明るく、寛容でいる

2.ポジティブ思考

3.相手のことを思った反応をする

などが上げられます。知っておいたほうが、自分自身が快適に過ごすためになりそうですね。