【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

必見!このルール1つだけで本格的なインドカレーを堂々と楽しむ食べ方

多くの人が大好きなカレー。

「外でカレーを食べよう」となった時、コクやとろみのある日本らしいカレー屋さんの他に、「インドカレー専門店」も選択肢の1つとして考えられるほど、インドカレーは日本でもメジャーになってきました。

本格的なインドカレー屋さんではインドのかたが調理、経営されているところがほとんど。

せっかくなら本場のカレーも味わってみたいところですが、日本人のスタッフがいないと、「これって正しい食べ方かな?」と、文化の違いが気になったり、少し緊張してしまうもの。

今回は「本格的なインドカレーを堂々と楽しんで食べるための、たった1つのルール」をお伝えします!

インドカレーの炭水化物の種類は大きく分けて2つある

ルールをお伝えする前に、インドカレーと一緒に出てくる炭水化物の種類を確認しましょう。

・「ナン」などのパン系

・ライス

種類は大きく分けてこの2つです。

詳しく見ていきましょう。

「ナン」などのパン系

日本にあるインドカレー屋さんでよく見かけるのは「ナン」ですね。

小麦粉を主な原料とするナンは「タンドゥール」と呼ばれる釜で焼き上げています。

この釜は高級品かつナンを焼くのためには高度な技術が必要なため、インドの一般家庭では「チャパティ」と呼ばれるトルティーヤのような薄焼きのパンが食べられています。

ライス

インドで食べられているお米のほとんどはインディカ米。日本のお米と比べて粒が大きく、火を通してもお米同士があまりくっつかず、サラサラとしているのが特長です。

インドカレーの本場での食べ方

インドカレーの炭水化物には「パン系」と「ライス」の2種類があるとわかったところで、次はそれぞれの本場での食べ方についてご説明します。

一度は聞いたことがあると思いますが、インドのほとんどのかたは「ヒンドゥー教」。宗教上の理由や慣習的なことから「ごはんを食べるときは右手を使う」のが基本です。

もちろん、一部の観光地などではカレーを注文するとスプーンを出してくれるところもありますが、今回はせっかくなので「右手を使った食べ方」を学んでみましょう。

「ナン」などのパン系との食べ方

「ナン」にしても「チャパティ」にしても、最初は小さくちぎります。

ちょうど手のひらの半分くらい、一口で食べられるような大きさがベストです。

右手だけを使うときは、薬指と小指でナンを押さえ、残りの親指・人差し指・中指でちぎります。一般的には「ナンの細い方から」「小さめに」ちぎるのが「お行儀が良い」とされています。

このようにして小さくちぎったナンを少し折り曲げ、できたくぼみをスプーンのようにしてカレーをすくって食べるのが本場流。

そして、最後はお皿に少し残ったカレーをナンできれいにするのも本場らしい食べ方です。

ライスとの食べ方

ライスとの組み合わせの場合、本場での食べ方は「カレーでお米をまとめる」。まず、右手でごはんと、あれば付け合わせの野菜をカレーと一緒に軽く混ぜ、塊を作ります。

そして、親指以外の4本を軽く曲げ、スプーンのようにし、カレーと混ぜ合わせたごはんをすくい上げていただきます。この時のポイントは、「カレーをどのくらいの量混ぜるか」。

カレーの量の多い・少ないによって、うまくすくえるかどうかが決まります。また、すくう部分はなるべく指先の方。

指の付け根〜手のひらの部分までカレーでベタベタにしてしまうと、「お行儀が悪い」と見られてしまうこともあります。

インドカレーの「ツウ」の食べ方2選!

では、「パン系との食べ方」「ライスとの食べ方」」がわかったところで、「ツウ」の食べ方を2つお伝えします。

①カレーとカレーを混ぜ合わせる

1つのプレートに数種類のカレーがある場合、それぞれの風味や香りを楽しむのもよいですが、「ツウ」はそれを混ぜ合わせ、「香りをカスタマイズ」して楽しみます。

「甘口」と「辛口」を混ぜた場合。「野菜ベース」と「肉ベース」を混ぜた場合、など。カレーをうまく口に運べるようになったら、ぜひ試してみたい方法です。

②「ターリー」を食べる

「ターリー」とは、2〜3種類のカレーと、ライス、ナン、サラダ、デザートなど様々なものを1つのプレートにのせたもの。

これを食べる時、「スプーンでごはんをすくい、カレーをつける」というかたは意外と多いのではないでしょうか。

「ツウ」の食べ方はこうです。まず、ライスとサラダ以外をプレートの外に出します。

そして、ライスをきれいに広げ、カレーをかけ、混ぜ合わせていだだきます。外に出したナンは一口大にちぎり、スプーンのようにカレーをすくいます。

「ターリー」というスタイルになっても、「パン系との食べ方」「ライスとの食べ方」が基本です。

本場のインドカレーのルールは「すくって食べる」が基本

「パン系」でも「ライス」でも、組み合わせが何であれ、本場のインドカレーのルールはカレーを「すくって食べる」が基本です。とはいえ、不慣れなことをしてあちこち汚しながら食べるのは、他人が見ていて心地よさを感じるものではありません。

インドは様々な民族が出入りする、人口約13億人の国。他の国の文化を比較的受け入れやすく、左利きの方も多くいます。

そんな環境で育ったためか寛容なかたが多いので、インドカレー屋さんのスタッフがお客さんの食べ方1つに対し「マナー違反だ!」と目くじらを立てるようなことはありません。

今回は本格的なインドカレーの食べ方をお伝えしましたが、ぜひ自分の好きな食べ方で、本場のインドカレーを楽しんでくださいね。