【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

ケレン味の意味って?言葉の由来から使い方までをご紹介します

アニメや映画好きの皆さんならたぶん一度は耳にしたことがあるであろうワード「ケレン味」。

えっ、何それ、初めて聞いた!という方。こちら「けれんみ」と読みます。味覚の一種ではありません。

なんとなく外来語に聞こえなくもないですが、その成り立ちにはどんな由来があり、どんなシチュエーションで使われるのでしょうか。早速見ていきましょう。

ケレン味の由来は?

ケレン味とはもともと歌舞伎や人形浄瑠璃などの古典芸能で用いられてきた演劇用語です。

本来は大掛かりで奇抜な演出に対して「正統でない」、「邪道だ」というような否定的な意味で使われていたようですが、言葉が一般に広まるにつれてそこから意味が転じ、観客を楽しませるためにはったりを利かせ、意外性を持たせた演出に対して使われるようになったと言われています。

漢字では「外連味」と書きますがこれは完全な当て字。特に意味はありません。語源も分かっていないそうで、最近はカタカナで表記されることがふえたため、外国の言葉と思われる人がいるかもしれませんが、日本固有の言葉である可能性が高そうです。

ケレン味の使い方とは?

演劇用語から派生した言葉ですので、基本的には芸術や文学などの作品、いわゆるアートに対して使われます。たしかに「ごまかし」や「はったり」という意味も含んでいますが、作品を評する以外に使われることはほとんどありません。

歌舞伎だけでなくアニメや映画、推理小説を評論する際などに「外連味たっぷりの芝居」や「外連味のない文章」と後ろにある・なしを伴って使われることが多いです。

誉め言葉としての用例①「ケレン味がある」

ある作品のことを「ケレン味がある」といった場合、「鑑賞者の意表を突くようなワクワク感があっておもしろい」というポジティブな意味合いになります。漫画、アニメ、小説、映画などなど、エンタメ作品の制作にあたって、観客や読者を楽しませるための誇張やだまし討ちはとても重要です。

整合性を無視してストーリーを考えると、現実には在り得ないような不自然な展開になってしまうことがあります。でもそれによって伝えたいことがらが強調され、作品に勢いが生まれるのです。

誉め言葉としての用例②「ケレン味がない」

元の意味に照らし合わせるなら、後ろに打消しの言葉を付けて「ケレン味がない」という言い表し方をした場合にも、肯定的な意味合いになります。受けを狙わない自然さがあり、わざとらしくない、素直で正統的な文章や演出に対して使います。

例えば、派手な演出はないけど作品としては楽しめた時に「ケレン味はないがおもしろい」などと言ったりします。

否定的な意味合いでの用例

実は「ケレン味がある」も「ケレン味がない」も、状況によって否定的な意味にも捉えられます。

誇張表現がすぎて少し鬱陶しいと感じる作品に対して「ケレン味がある」というと嫌みっぽくなり、逆に地味で退屈な文章や演出に対しては「ケレン味がなくてつまらない」ともいいます。

評論家やネットのレビューなどでそれが肯定・否定どちらの意味で使われているのかを判断するには、その話しぶりや文脈から読み取る必要がありますね。

ケレン味がある作品ってどんな?

①歌舞伎

歌舞伎が大衆芸能だった江戸時代には、人々を驚かせ楽しませるために色々な仕掛け=ケレンが考案されてきました。

状況が変わるのは明治時代。明治維新によって日本に西洋文明が普及し始めると歌舞伎は高尚な芸能とみなされるようになり、ケレンは邪道だと敬遠され、衰退していくことになりました。

それでも江戸時代に試されてきたケレンは細々と後世に受け継がれ、今でも数多くの演目に取り入れられています。せっかくなので、そのいくつかをご紹介してみましょう。

例えば「宙のり」と呼ばれる演出では、俳優が舞台や客席の上を宙づりの状態で移動することで、物語の流れの中で神通力を使って飛んでいく様子や大喜びしている様子を効果的に表すことができます。

舞台上で一瞬にして衣裳を着替える「引き抜き」も代表的なケレンのひとつです。役者は事前に衣裳を重ね着しておき、糸で留めておきます。

係りの人が手物語の適切なタイミングでその糸を抜き取ると、上に着ている衣裳がパッと取り去られる仕組み。登場人物が本性を表したり性格を変えたりした瞬間に取り入れることで、その変化を視覚的にも伝えているのだそうです。

派手な演出とはいっても、ちゃんと意味があってのことなのですね。

②スポ根漫画

野球マンガの名作「巨人の星」。知らない人のために説明しておくと、主人公の少年・星飛雄馬(ほしひゅうま)が、元巨人軍の選手である父・一徹からの熱血指導を受けながら野球の腕を磨いていくという昭和の人気漫画です。

テーマは努力と根性によってライバルに打ち勝つ“スポ根”。飛雄馬と一徹の熱き思いを視聴者に伝えるべく、あの手この手の演出が盛り込まれています。

例えば、投手が決め球を投げた瞬間、背後に炎が噴き上がり、ボールがひしゃげて何十秒も空中に浮いたままになる場面が出てきます。

普通に考えたら、そんなこと絶対に起こり得ません。でもこの描写のおかげで、投球のインパクトを伝えることができるのです。

まとめ

■「ケレン」の由来は歌舞伎の大掛かりな演出全般を指す「外連」

■意外性がありワクワクする作品は「ケレン味がある」

■派手な演出はないものの俗にこびない正統派の作品は「ケレン味がない」

■文脈によっては誉め言葉にも否定的な評価にもなり得る

外来語かと思いきやなんと歌舞伎が由来だったとは意外でした。それにしても作品の感想を語る時に「ケレン味」ってさらっと言えたら、通っぽくてかっこ良くないですか?意味をばっちり押さえて、ぜひ使ってみてくださいね!