【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

毎日アイスを食べると体に悪い?健康的で太らない3つの食べ方

一口食べると幸せな気分にさせてくれるアイス。

コンビニや、スーパーで見かけたらついつい買っちゃいますよね。でもそんなアイスでも毎日食べたら体に悪いんじゃないの?と思う方もいるのではないでしょうか。

この記事を読むことで毎日アイスを食べたらどうなるの?体に悪いの?という疑問を解決することができます!

毎日アイスを食べると体に悪い?

毎日アイスを食べてるけど体に悪いの?結論から言うと食べるアイスの種類による。これに尽きると思います。

アイスには4つのタイプがあるのはご存じでしょうか?

1、アイスクリーム(乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上)

2、アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)

3、ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)

4、氷菓(乳固形分はほとんどない)

以上の4つのタイプのうち植物油脂があまり使われていない1、3のアイスだと体に悪い影響は少ないと思います。

植物油脂に含まれるトランス脂肪酸は人体にとってすごく有害な成分であるとされています。

また栄養面から見たアイスクリームは立派な栄養食に入るのです。乳を主原料にしているのでカルシウム、ビタミン、タンパク質、乳脂肪が含まれていて、栄養補給や子供の成長の観点から見ても役に立つ食品になります。

実際に世界の先進国のアメリカでもかなり昔からアイスを栄養食として評価していた。またアイスは世界中でも愛されているものであり、その昔古代ギリシャや中国でも甘い氷菓は疲れた体を元気にする健康食品として考えられていました。

かくいう私も毎日お風呂上りにアイスを食べる習慣をずっとやっていますが、体の不調どころかむしろストレス解消になり精神的にハッピーな気分になっているなと感じます。

アイスを毎日食べると太る危険性は?

「そんなこと言っても、アイスなんて砂糖の塊でしょ?」「毎日食べたら太るんじゃないか。」そんな声が聞こえてきます。毎日アイスを食べると太ってしまうのか?

答えはスイーツの中では比較的太りにくい食品になります。確かに、アイスのほとんどは砂糖や脂肪が多く含んでいるので太りやすいイメージではあります。

意外かもしれませんが、実はアイスは他のお菓子に比べると太りにくい食べ物なんです。その理由を解説していきますね。

まず、人間が食べたものを脂肪に変えるメカニズムとして血糖値の上昇があります。血糖値がゆるやかに上昇する分にはいいのですが、これが食後に急上昇してしまうと食べたものが体脂肪になりやすいのです。

白米や、砂糖、パンなどの小麦粉類などが血糖値が急上昇しやすい食べ物と言えます。

乳脂肪分が入っているアイスクリームは血糖値の上昇が起こりにくく、また冷たい固形物であるアイスは消化器官内で消化するにはカロリーを多く使いますので砂糖や小麦粉が入っているクッキーやケーキに比べて太りにくいでしょう。

アイスの食べ過ぎで病気になる危険性は?

結論から言うと、アイスを食べることで病気になるとは限りません。確かにキンキンに冷えて甘い食べ物は体にいい食べ物ではないです。また体にとって有害であると言われているトランス脂肪酸も含んでいるため体にいいイメージはありませんよね。

しかし今の時代コンビニのおにぎり、コーヒー用のクリーム、マヨネーズ、サラダオイルにもトランス脂肪酸は含まれており、普通に生活している分には知らないうちに接収しているのです。

トランス脂肪酸を取らないに越したことはないですが、アイス一個程度だと気にしなくていいと思います。

その代わりなるべくマーガリンを自然のバターに変える、サラダオイルをココナッツオイルに変えるなど普段の生活でよりオーガニックの食品を摂取することにしていくことをおススメします。

今ではどこのスーパーにもオーガニックの食品はよく見ればたくさんありますよね。

毎日アイスを食べたい、健康的に食べるにはどうすればいいのか

そんなおいしいアイスを毎日食べたい。けどできれば健康的に食べることができたらなと思いますよね。その疑問を解消できることが以下に2つあります。

太りにくいアイスを選ぶようにする。

あずきアイスやガリガリくんなどの氷菓は脂肪分自体が低く、カロリーの低いためアイスの中でも脂肪に代わりにくいアイスです。ダイエット中などはそういった比較的カロリーが低いアイスを選ぶようにしましょう。

今では糖質制限アイスというものも出ています。味は変わらずおいしいのでダイエット中の人でどうしてもアイスが食べたい人は試してみてくださいね。

食べる時間帯に気を付ける。

寝る前に食べるのはやめましょう。寝る前に食べてしまうと体脂肪に変換されやすくなります。また糖分で血糖値の変動を起こしてしまうため、睡眠の質も下げてしまいます。

夜に食べる場合は少なくとも睡眠の三時間前までにしておきましょう。

どの種類のアイスならより安心して食べられるのか?

より安心して食べれる一番のアイスはトランス脂肪酸が入っていない氷菓。これに尽きます。また、脂肪分も少ない商品が多いのでアイスの中でも太りにくいと言えるでしょう。要は氷にシロップをかけただけなので(笑)

今ではそのコンビニにも置いてあると思うのでもしアイスを毎日たべたい、でも健康で安心して食べたい場合はオススメです。

まとめ

・毎日食べても健康に悪影響はほとんどない。

・アイスは他のお菓子に比べてむしろ太りにくい。

・アイスだけで病気になる可能性は少ない。

・太りにくいアイスを選び、食べる時間帯に気を付ける。

・氷菓だと氷菓だとより健康的に食べられる。

結果、食べすぎないようにすれば大丈夫。これに尽きると思います(笑)