【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

さつま芋の食べ過ぎで太る?おならは増えるのか糖尿病のリスクについて

すっかり涼しくなり、秋真っ盛り。食べ物も美味しいものばかりで目移りしちゃう時期になりました。秋の味覚の代表格の一つといえば、何といってもさつま芋、ですよね。どんな料理に入れても、スイーツにしても美味しいさつま芋。

ついつい食べ過ぎて「こんなに食べて大丈夫?」と不安になってしまう方も多いのではないでしょうか?

この記事では、さつま芋を食べた時に体に起こる変化から、気になる糖尿病との関係まで気になる疑問にスッキリお答えします!

さつま芋の食べ過ぎは太るってホント?

さつま芋をたくさん食べたい!と思うとき、やっぱり一番気になるのは太るかどうか、ですよね。結論から言うと、さつま芋は食べ「過ぎる」と、残念ながら太る原因となってしまう食品です。

さつま芋の一番シンプルな調理法である焼き芋のカロリーを見てみると、100gあたり163kcal。白米のご飯が100gあたり168kcalなのでそれとほぼ同等となります。

野菜の中ではカロリーが比較的高く、糖質も100gあたり29.2gと他の芋類と比べると多く含むので、太らないためには食べる量に一定の注意が必要です。

市販のMサイズのさつま芋は1個で約200gですから、美味しいからとたくさん食べてしまうとダイエット失敗の原因になってしまいますね。ただし、食べる量さえ間違えなければ美容やダイエットの味方にもなるのがさつま芋です。

老化防止に効果のあるビタミンEと美肌に欠かせないビタミンCを含み、食物繊維が便秘も改善してくれます。密度が高く少量でも満腹感を得られやすいので、食事の際のご飯と置き換えるのもおすすめです。

自然な甘みがあるので、どうしても甘いものを我慢出来ない時、お菓子の代わりにさつま芋を食べるのもいいですね。

さつま芋の食べ過ぎは体に悪いの?食べ過ぎで体に現れる変化とは

どんな食品でも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。さつま芋も食べ過ぎると体に悪影響が出ることがあります。特に気をつけないといけないのは重い便秘の方です。

さつま芋といえば便秘改善のイメージがあるので、便秘の方に良くないというのは意外ですよね。でも重い便秘の方がさつま芋を過剰に摂取すると便秘を悪化させることがあるんです。

さつま芋は、便のかさを増す「不溶性食物繊維」と、便を柔らかくする「水溶性食物繊維」の両方を含みますが、「不溶性食物繊維」をより多く含んでいるのが特徴です。

重い便秘を持つ人は腸のぜん動運動が弱くなっているので、便が膨らみすぎると腸内で便が動かなくなってしまいます。長時間腸内にとどまるうちに便から水分が超に吸収され便が固くなり、よりひどい便秘を引き起こす恐れがあるのです。

さつま芋の食べ過ぎで糖尿病のリスクが高まる?

独特の甘みが魅力のさつま芋。食べ過ぎる事で糖質を摂りすぎて糖尿病になってしまうのでは!?…なんて心配になってしまった方。ご安心ください。さつま芋の食べ過ぎが原因で糖尿病のリスクが高まることは基本的にありません。

そもそも糖尿病は、糖質が分解されてできるブドウ糖を細胞内に吸収させるインスリンという物質の、分泌量が減ったり働きが低下することで起こる病気です。摂取した糖質が多い時に起こる病気ではないのですね。

ただし、患者数の多い2型糖尿病の誘因の一つは、カロリー過多や暴飲暴食。糖尿病になりにくい食生活を目指すのであれば、さつま芋に限らずむやみに食べ過ぎる事は控えた方がいいですね。

また、すでに糖尿病を発症している方には、糖質の高いさつま芋は食べる量に十分な注意が必要ですのでご注意ください。

さつま芋の食べ過ぎでおならが増えるのは本当なの?

さつま芋と言われて、正直気になるのはアレですよね…おなら。子供のころはそんなネタで大笑いしたものですが、実際のところはどうなのでしょうか。

さつま芋を食べておならが増えると言うのは、実は本当なんです。まずはおならが作られるメカニズムからご紹介しますね。口から入った空気や、小腸の下部から大腸で食物が分解される際に発生するガスが排出されたもの。これがおならです。

さつま芋に多く含まれる食物繊維は大腸で消化されるため、そこでガスが発生します。さらにさつま芋には、そのガスをより多く生み出す要因が二つあるのです。

一つ目は先ほども出てきた食物繊維。食物繊維の働きで腸のぜん動運動が活発になります。二つ目は消化吸収に時間がかかるというさつま芋の特徴です。

長時間かつ活発なぜん動運動によって、多くのガスが生み出されてしまうのですね。

まとめ

・さつま芋は食べ過ぎると太る。でも、上手に摂ると美容やダイエットの味方にもなる。

・重い便秘の人がさつま芋を食べ過ぎると、便秘悪化の原因となり得る。

・さつま芋の食べ過ぎによる糖尿病のリスクは低い。

・さつま芋を食べ過ぎるとおならが増える。

さつま芋の食べ過ぎには一定の注意が必要ですが、美味しいだけでなく体に良いこともたくさんあるさつま芋。今年の秋は味だけではなく食べた時の効果も一緒に、楽しんでみてくださいね!