【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

ピスタチオの味は例えるとどんな感じ?美味しい食べ方も解説

ナッツ類の中でも栄養価が高いことで知られているピスタチオ。このことから、ナッツの女王と呼ばれることもあります。間食やお酒のお供として食べている方も多いのではないでしょうか?

「でも、どうやって食べれば良いの・・・?「栄養価って具体的にどんなことに効果があるの?」など、疑問に思うことがあると思います。

そんな、ピスタチオについてあまり詳しくないあなたも、この記事を読むことでピスタチオについて詳しくなることが出来ます!

ピスタチオとはどんな食べ物?

ピスタチオナッツの木は、うるし科の落葉樹です。実が熟すると、綺麗な黄紅色に染まった薄皮に包まれ、完全に熟すると、外殻は自然に縦に割れ、収穫となります。

殻の中にある小葉はクロロフォルムを多く含む緑色が濃く、鮮やかなものほど重宝されていて、ピスタチオを食べることで以下のような効果を期待することができます。

高血圧を防ぐ

身体の疲労回復

生活習慣病を防ぐ

眼病を防ぐ

便秘解消

美肌などの美容効果

むくみの解消

ピスタチオにはカリウムがあり、体内の余分な塩分や水分を体の外へ排出する働きがあります。これによって、高血圧のよぼうや多くの女性の悩みであるむくみを解消できます。

他にもオレイン酸やリノール酸といった身体にとてもメリットの多い脂肪分の不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。体内の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増価させる効果があり、これにより、コレステロール値が低下するので、生活習慣病を予防できます。

このようにピスタチオには女性にも嬉しい多くの美容効果があります。美容効果以外にもたくさんの利点があるお得な食べ物となっています!

ピスタチオの味って、どんな感じ?

噛み始めは香ばしさが目立ちますが、噛んでいるうちに唾液と混じり、クリーミーで濃厚な味わいになります。苦味はあまりありません。食感は少しパサパサとした栗のような感じです。

ピスタチオの味を他のものに例えると?

同じナッツ類ということで、ピスタチオの香ばしさはピーナッツやアーモンドと似ています。ピーナッツよりも酸味が強く、風味の強いピーナッツと例えることができます。

このように、ピスタチオは苦味も少なく、あまり馴染みのない方も食べやすい味になっています!

ピスタチオの食べ方

上記で述べたように、ピスタチオに含まれている脂肪分には身体に良いとされている不飽和脂肪酸があります。不飽和脂肪酸は熱に弱いものがあり、ピスタチオの栄養価を損なわないためにも加熱はあまりしないほうが良いでしょう。

また、抗酸化作用に効果的である、食事の30分~1時間半後までに食べるとさらに良いでしょう!

しかし、ピスタチオは外殻に包まれていて、「食べにくいなぁ・・・」と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、そんな方のために、簡単にできるピスタチオの割り方を紹介します。まず、割れている殻の半分を用意します。その殻を割れない殻の隙間に挟みましょう。そして一気に横に捻れば、簡単に割ることができます!

ピスタチオの選び方

ピスタチオの生産量が多い国といえば、イランやアメリカです。

イラン産のピスタチオは深い甘みやコクが深く、アメリカ産のものは、イラン産のピスタチオよりも粒が大きく噛み応えがあり、柔らかいコクが楽しめます。

また、イタリア・シチリア島には2年に1度しか収穫されない希少価値がとても高いピスタチオが存在しており、鮮やかな色と濃い香り、深みのある味わいは、シェフやパティシエに一目置かれている一流品とされています。

このように、産地から選ぶ方法もありますが、次は製法による選ぶ方を紹介します。

ピスタチオはオーガニックがおすすめ

オーガニックであれば、本来の素材の味をより楽しむことができます。パッケージに「オーガニック」と記載されていたり、原材料名の欄に「有機」と書いてあるものを確認して、購入するようにしましょう!

ローストタイプ

カリッとした軽い食感で、ピスタチオの独特な香ばしさを楽しめます。

生タイプ

やわらかく、噛めば噛むほどピスタチオ独特の甘さが伝わってきます。

栄養価も高く保たれるため生タイプで食べようとする方も多いと思いますが、ローストタイプと比べて生タイプのほうが酸化しにくい反面、なかには生を食べるとおなかを多少壊してしまう方もいるので気をつけましょう!

まとめ

・ナッツ類の中でも栄養価の高い食べ物

・香ばしく、クリーミーな味わい

・味を例えると、ピーナッツやアーモンドに似ている

・加熱して食べるのがおすすめ!

・産地や製法から選ぼう

栄養価も高く、手ごろに食べやすいピスタチオ。苦味も少なく食べやすいので、気軽にチャレンジ出来るものだと思います。

今回を機に、ピスタチオにトライしてみてはどうでしょうか?