【2019】インスタで話題!恋人が絶対喜ぶクリスマスプレゼント5選

友達がいない高校生に読んでほしい学生生活を変える方法

学校で楽しそうにはしゃいでいるイメージの強い高校生。その中で誰とも話をせずに何となくひとりでいる学生っていますよね。なかなか勇気が出ないとかできればかかわりたくはないとか理由は人それぞれあるのではないでしょうか。

この記事を読むことで、学生生活のどうしたらみんなの輪に入れるの?入らなくてもいいから穏やかに過ごすには?その疑問についてヒントになります!

高校生の自分に友達がいない理由

そもそも学校に友達が居ないから問題なわけ?答えはそうではありません。

学校の外で趣味の仲間同士や習い事先で知り合った友人またはもう決まった将来に向けて一生懸命に何か没頭している人、はたまたオンラインゲームやネットに夢中な人だっていますから。

一方、どれにも当てはまらずにひとりで過ごすことが楽だし好きだと感じて意図的に選んでいる人もいるはず。確かに誰からも何も言われず自分の思った通りにできる束縛がないのは開放的でいいのかもしれません。

ですがどんな場面でもコミュニケーション能力は必須になります。自分自身で人との距離に制限をわざわざ避けてしまうのはその意図的な行動が原因だと考えられます。

全く別に精神的な面で人と接するのが難しい人や性格的に引っ込み思案で人と接するのが苦手な人もいますからそれを認めたうえで考えましょう。

高校で友達ができない人の特徴

そもそも一人が好き

「読書が好き」「映画鑑賞が好き」など、1人で楽しめる趣味を多く持っていませんか?

わざわざ周りの人に合わせて行動するよりも、1人のほうが気楽で、趣味に没頭できる…と、自ずから孤独を選んでいる方もいるでしょう。

能動的に友達を作らないで行動する人も友達のいない人の中には多く存在します。

自分の話ばかりしてしまう

相手の話を聞かずに、自分の話ばかりしていませんか?

過去の栄光や自慢話ばかりしていると話を聞いている相手はうんざりしてしまいます。会話では、相手とのスムーズなキャッチボールが大切です。今までの自分の発言を見直してみるのも1つの手段です。

自分の心を開かない

先ほどとは反対に、自分自身のことを話さずに、相手の話ばかりを聞いていると、友達ができずらくなります。

自分の話をあまりにもしないでいると、相手からの信頼を得ることが難しくなります。交友関係はお互いの信頼の上で成り立つので、気をつけるようにしましょう。

見た目が不潔

人間はまず、見た目から相手を判断します。髪の毛がボサボサだったり、制服がシワだらけになってはいませんか?

清潔感があると、相手からも好印象を持たれます。毎朝、少しの時間でも自分の容姿を確認してから学校へ向かうようにしましょう。

我慢をすることができない

相手に素直に言葉を伝えることはもちろん大切ですが、あまり親密な関係ではないときに本音を相手に伝えることは危険です。

本音を言い合える関係が理想的ですが、最初から本音をぶつけてしまうと相手を不快にしかねません。言葉を選んで話すことが重要になります。

感情が乏しい

相手に何か言われたときに、「あーうん。」「おー。」など、同じ調子でつまらなそうに返事をしてはいませんか?

話している人はあなたの態度をよく見ています。感情が乏しいと、「話はきいてくれるけど、感想も無いし、不愛想でつまらない。」と思われることも少なからずあります。

このような人に、まわりの人は親しみをあまり感じません。

話をしている人はあなたに共感してほしいのです。相手の話に興味を持ち、「うんうん。」「そうなんだ!」などと、相槌を打ちながら話をきいてみましょう。そうすると、相手との会話も弾みます!

ネガティブな発言が多い

ネガティブな発言が多い人は周りの人からも不快に思われます。常に物事を否定的に捉えている人は、相手の発言をとりあえず否定します。

自分では無意識のうちに相手の心を傷つけていることもあります。そのような人と友達になりたいとはだれも思いません。

自分とは意見が異なっていたり、考えが違っても、まずは相手の話を聞いてあげてから自分の意志を伝えるようにしましょう。

どうして友達ができないのか

誰かの顔があなたの頭に浮かびましたか?あの子あの人と思いついた方はそれならば大丈夫です。人数は関係なくその人をその方々を大事にしてください。

先ほどお話した内容でいやそんなことはわかっているだからどうしたらいいの?言いたいことは分かります、誰もが一度は通る道「だからどうしていいのかわからないだって」というモヤモヤするもどかしい気持ちを感じたことはないですか。

原因が何か全く分からないのなら自分にまず本当に理想に思う人間関係を書き出す、書くのが面倒な人は思い浮かべてみるそうするとそうなりたい理想がみえてきませんか。

変わりたいと思った時がチャンスっていう言葉を聞いたことはあると思いますがそれはほんとうです。

「あぁ、このままは、嫌だな」「私もあぁなりたいな」などその本音に向き合う勇気の一歩こそが「変わりたい」その言葉なのです。変わらなくてはいけないのかそうではなく変わらずともこのままでいいとそう思っている方もいるかと思います。

それが自分だと堂々としている方もいますから本当に人間は面白いですね。

高校で友達がいない人に知ってほしい心の折り合いの付け方

目標そのものを変える

あなたはどんな高校生活が理想イメージですか?それは今すぐにでも実行できそうですか?どのようなタクスやそこに向かっていくのに何が必要なのだろうかというところですね。

必ずしもそうできるとは限りませんが例えば理想がなかなか実行に移せられない場合はそこに向かっていくための道のりを変えるまたは理想のゴールのハードルを避けて、通過点の項目内容を変える、ゴールそのものを変えるなども必要の場合もあります。

しかしこれ自体が自分自身のストレスになってしまっては意味がありません。なぜならあくまでも自分のために行うことであって誰かのために自分を変えるわけではないからです。

なりたい方へ行きたい自分の理想にじぶんがこたえるための行為なので、そこに向かっていくための項目や思いついたことなどの中には要るのか要らないのか、というタスクは出てくるのでそれを見つけながら心の声と相談して現状に当てはめて考えていきましょう。

そこに向かっていくためには簡単に達成できることをまず実行していき習慣にかえて達成感、成功体験である「僕{私}だって、できる」という気持ち実感してそれを忘れないで下さい。

もしできなかったとしてもさらにハードルを下げるなど工夫していきましょう。高校生活で友達がいないと不安になることも多いですよね。

しかし、「友達がいないことは不利である」と断言することはできません。

他の人にはない自由な時間を謳歌する

友達がいると、相手に合わせなければいけないことも多くなり、自分のしたいことや趣味に没頭できる時間が減ってしまいます。

海外への留学や専門的に勉強したい学問の追求など、社会人になってからでは難しいことに挑戦できる時間が学生には多くあります。

友達のいない人には、限られた時間を自由に有効活用できるという利点があります。

タイムイズマネーというように、時間は他の何事にも変えることはできません。余計な人付き合いの必要がなく、自分の好きなことに費やす時間が他人より多くあるとポジティブに捉えてみましょう。

1人だからこそできる一人旅やヒッチハイクに挑戦するのもアリです。

友達がいない高校生活をどう送るべきか、今からできること

どんな項目や自分の心の声やイメージが思い浮かんだらあとは実行に移しましょう。もし何かこうしたいと思っているのなら動かないと何も始まらないのでそこは自分次第です。

最初からずっと自分の理想を、なんて言っておりますが実際のところ1人で過ごしている人なんてたくさんにいます。

周りの目なんて気にせず自分の時間の使い方を選んで過ごす、それ自体はまったく悪くありません。

しかし、学校生活となれば少し違います集団生活を嫌でも過ごさなくてはなりませんから、こちら側の意見は時々ただのわがままに聞こえるだけになります。

私自身は学校に行きたくないタイプでまったくと言っていいほど教室に入ることや授業を受けること自体が精神的に困難でした。先生に恵まれていたので話を聞いてもらったりとなんとか卒業できました。

一時期、ひきこもりになり他人とは完全にシャットダンウンしてしまっていましたが集団行動するうえでこうであっては流石に無理があるので学校生活の中で自分が参加できる妥協点を見つけます。

例えば協力できるのならば周りに協力すること、挨拶だけはする、話しかけられたら目を見て話すなど自分が負担にならずに済むことで自分の学校生活が維持できるのではないかと思いますので自分に合ったやり方で楽しんでください。

まとめ

これからの学生生活で、友達がいないと不安になったり、不利益なことが多いと感じることも多いでしょう。これから友達を作るためにも、もう一度今回の記事をおさらいしましょう!

・自分の心を相手に開く

・自分の話ばかりしない

・見た目を清潔に

・少し我慢を使用

・感情表現を豊かに

・ネガティブな発言は控えめに

・自分に自信を持つ

・勇気をもって話しかけよう!

以上のことに気をつけて、楽しい学生生活を送りましょう♪