電車の中で寄りかかる人の心理について。誰でもできる3つの対策

電車の中での過ごし方はひとそれぞれ本を読んで過ごす人や勉強をしている人やスマホをいじるなど様々です。

でも電車にいるとふと自分の肩のほうに寄りかかり、気配や感覚でびっくりしたことはありませんか?

この記事を読んで電車内のマナーとしてやめてほしいと思った時の対処法と電車で寄りかかってくる人の心理についてお話しします。

電車内で寄りかかってくる人の対処法

冒頭でいいました通り電車に乗っていると色んな人がいますね、ですがみんなで使用する場所ですのでマナーは守っていただかないと困ります。

そんな迷惑行為に対するまずは対象法をご紹介します。

1.寄りかかってきた相手に自分が体を少し動かして知らせる

一番よく見かけるしやっている方もいらっしゃるかもしれませんが自分のマナーを振り返りながら考えてみてください。

また周りの方がどんな動きをしていたのか思い出すと思うこともあるかと思います。

2.自分の身体をつかう

隣に座っている人がだんだん自分の方に寄ってきた時に相手に知らせるためにひじや肩を使って軽く押したりする方もいるようです。

確かに気付いてもらいやすそうではありますね。

肩を少し動かすだけでも十分相手が気配を感じるのか、相手がはっとして座り直しをしたり丁寧な方は頭をさげたりと思わず会釈してしまいます。

相手が寄りかかってきそうになった時に自分が体を動かすだけで相手が何かをキャッチして体勢を直してくれます。

3.相手をかわす方法

自分の身体を動かすという方法以外にも相手の寄りかかってくるのをかわすということです。

気づいてもらうというよりもやめてほしいが強めな行動ですがやっぱり知らない人が寄りかかってくるのには抵抗ありますよね、そんな時はかわしてみるのも1つの方法です。

隣の人が素敵な方だったら

お疲れモードの方が自分の方に寄りかかってきた時に素敵な人だったらラッキーと思う方もいるだとか、確かにドキドキして楽しい時間になるのでしょう。

個人的にはそんなこと考えたこともないですし、素敵な人ではなくただの迷惑な人という印象しか受けないのですが本当に素敵な方なら寄りかかってもいいと言っている方がいるのが驚きなのと後のリアクションが心配です。

わぁこの人に寄りかかったのかぁ…寄りかかってきた挙句こんなこと言われたりしたら最悪です。

でも、素敵な人は人それぞれなので考えようですね、そこから恋が始まるとしたらいい方法かもしれません。

電車で寄りかかってくる人のメカニズム

いや、ただ眠いだけだよと言いたいところではありますがでもなぜそうなのだろうと感じたことありませんか?

先程の素敵な人なら大丈夫と感じる人もいると言った具合にどう心理が動いているのか知ることでもう少し視野が広がるかも知れません。

疲れているのはみんな同じだが、仕方がないとはいえ何度も言っていますが寄りかかって来る、のはやめてほしいのですよ。

そんな寄りかかってくる方の脳のメカニズムをお話しすると、ガタンゴトン、ガタンゴトンと、揺れている状態が続き、ノンレム睡眠に入りやすいのです。

またこれは脳が休憩しようとして行われますし、電車に乗っている間こうしてノンレム睡眠をしているのは効率としてはとてもいい方法です。

あくまでも疲れをとるには効率がいい話です。

こうして脳が休憩して10分から15分して気がついたら降りる駅に到着しているというわけです。結構いますよね、はっとして周りを見渡して慌てて降りる人。

電車で寄りかかってくる人の心理

メカニズムでお話しした通り睡眠をするのは当たり前ですが身体に脳にとてもいいことだということはわかりました。

疲れていて、今日は全然寝られていなくて、色々訳はあります。思わず寄りかかってしてしまった人に対してされた側もお疲れ様ですと言いたくなる瞬間だってあります。

隣の人の肩をかりても大丈夫

まさかとは思いますがこの人なら大丈夫だなんて考えて寄りかかっている方はいないとは思います、と言いたいところですがたまに寄りかかって来られても肩を貸す方もいらっしゃるようです。

心が広い方ばかりではありませんから人をみて決めるのは少しリスクがあります。

肩を貸した人が悪いわけではないのですが、頭のどこかで寄りかかっても大丈夫って考えてしまう人も中にはいるのでしょう。個人的にはお勧めしない方法です。

電車で寄りかかってくる人には注意が必要

寄りかかってくる人の中には意図的によりかかってくる方いらっしゃいます。そうゆう人の迷惑を考えていない人たちが一番厄介です。

人の匂いを嗅ぎたがる、匂いフェチな方などの自分の欲求を満たしたいだけで隣の人に寄りかかってくる匂いの他にどのような欲求があるのかあまり考えたくはありませんが

例えば匂いフェチの方の場合は、自分が性的に興奮する匂いを寄りかかった時に確認するかのようにしている方もいます。

そしてそういった行為をすることで自分の1つの楽しみや気分の快楽につなげているとのことです。

まとめ

電車の中で寄りかかる人への誰でもできる3つの対策

1.寄りかかってきた相手に自分が体を少し動かして知らせる

2.自分の体を使う。

3.相手の動きを交わす。