万願寺唐辛子はどれくらい辛い?美味しく食べられる簡単レシピ

夏に旬を迎える「万願寺唐辛子」。唐辛子の仲間でありながら辛みがなく栄養豊富で、いろいろなお料理に使える京野菜です。

しかし、まれに辛みを感じるものもありますし、どんなふうに食べたらいいのかわからないこともありますよね。

実は、この記事で紹介する万願寺唐辛子の食べ方を実践すると、誰でもおいしく万願寺唐辛子を食べることができます。

なぜなら、ポイントさえおさえてしまえば、辛い万願寺唐辛子の下処理も簡単にできてしまうからです。

この記事を読み終えると、今後、万願寺唐辛子をうまく料理できずにゴミにしてしまうことはなく、最後までおいしく食べきることができます。

万願寺唐辛子は辛いのか?

万願寺唐辛子やししとうを含む甘唐辛子の仲間は、もともと辛みの成分をつくる遺伝子をもっているのですが、品種改良が進み、辛みを減らし甘味を増した品種として流通しています。

しかし、まれに辛いものがまざっていたり、家庭菜園などで育てていたものが辛くなってしまったりということは、そう珍しいことではありません。

万願寺唐辛子が辛くなる原因は、栽培時の高温や乾燥、水分不足などのストレスだといわれています。

これらのストレスを受けることによって、万願寺唐辛子の辛み成分の遺伝子が活発に働いてしまうのです。

万願寺唐辛子が辛いかどうかは食べてみるまでわかりませんが、ししとうと同じように、形が整っていなかったり、香りが強かったり、切ったときに種が少ないものは辛い可能性がありますので、要注意です。

次に、辛い万願寺唐辛子がまざっていそうなときも、辛いものにあたらず、おいしく食べられる方法をご紹介します。

辛い万願寺唐辛子にあたらない簡単な方法

辛い万願寺唐辛子にあたりたくないときは、下処理をしてからおいしくいただきましょう。

苦みや辛みの原因は、へたと種、内側のわたの部分(白くすじ状になっている部分)ですので、調理前にその部分を取り除いておくと安心して食べられます。

へたをとる。

調理前に、へたを包丁で落としましょう。へたは食べないのが一般的ですが、丸ごと調理する場合も、食べるときにへたを残すようにしましょう。

種とわたをとる。

へたをとった万願寺唐辛子の断面から小さめのスプーンを入れ、種のまわりをくるりとまわすと、種とわたを簡単にとることができます。

ししとうなどと同じ要領ですね。もちろん、輪切りにしたり縦半分にカットする場合は、カットしてから取り除いてもかまいません。やりやすい方法で下処理をしましょう。

へた、種、わたを取り除くことで、思わず吐き出したくなるほどの辛みは少なくともなくなります。

どうしても辛いものは、細かく刻んでニンニクや調味料と混ぜ合わせ、辛味噌としてご飯のおともにするのも手ですよ。

鉄板!万願寺唐辛子のおいしい食べ方

万願寺唐辛子は甘唐辛子の一種で、本来、柔らかく甘味があり、果肉が厚めで食感がよく、いろいろなお料理に使うことができる便利な野菜です。

焼き物、煮物、炒め物、てんぷらなど、基本的には甘唐辛子の代表格であるししとうと同じようなイメージで使えばまず間違いないでしょう。

和風パスタの具や、ひき肉と甘辛く炒めあわせた常備菜など、和風の味付けがよくあいます。まずは、シンプルにおいしく食べられるレシピをご紹介します。

==焼き万願寺唐辛子==

≪材料(2人分)≫

・万願寺唐辛子         6本

・しょうゆ           大さじ1

・ショウガ(チューブ) 1cm

・かつお節           適量

・ごま油            少々

万願寺唐辛子のへたを落とし、縦半分に切る。

しょうゆとショウガ(チューブ)を合わせておく。

フライパンにごま油を熱し、①の万願寺唐辛子を表面に焼き色がつくまで焼く。

③をお皿に盛り付け、かつお節をのせ、②をかけて完成。

≪ワンポイントアドバイス≫

・種も食べられますが、気になる場合は、へたを落とすときに一緒に取り除きましょう。また、切らずに丸ごと焼いても大丈夫ですが、一般的にへたは食べません。

・万願寺唐辛子の表面に焼き色をつけるため、焼くときは中火~強火であまり動かさずに焼いてください。

・生姜醤油でももちろんおいしいですが、シンプルに塩をふりかけてもとてもおいしいです。

まとめ

ここまで読んだあなたはきっともう万願寺唐辛子の食べ方で困ることはないでしょう。

辛い万願寺唐辛子も、簡単な下処理でおいしく食べられますね。最後にこの記事の内容を簡単にまとめます。

・本来、万願寺唐辛子は、辛くなく栄養豊富で食べやすい京野菜。

・生育条件によっては、まれに辛くなることがある。

・下処理をすれば、辛い万願寺唐辛子にあたらずに、おいしく食べることができる。

お出汁やしょうゆ、みそなど、和の味付けがよくなじみ、ごはんにもあう万願寺唐辛子。

栄養豊富でいろいろな料理に使える万能野菜です。無駄にすることなく、ぜひ最後までおいしく召し上がってくださいね!