【缶詰を電子レンジで温める方法】気を付けるべき3つのポイント

缶詰をいつも買ってるけど、冷たいまま食べている人がほとんどだと思います。

実は、注意するべきところだけ理解しておけば、誰でも簡単に電子レンジで温めることができます。

実際に、料理が下手でずぼらな僕でさえ簡単にそれを実践しています。知らないだけなんです。

この記事では、缶詰の安全な温め方を紹介し、美味しく食べるためには何に気を付けたらいいかを伝授します。この記事を読み終わると、こんなに簡単なんだとあなたは気づくことでしょう。

缶詰は電子レンジで温められるのか?

缶詰をそのまま電子レンジで加熱するとどうなる?

缶詰をそのまま電子レンジで加熱すると電子レンジの故障、火災の原因となり大変危険ですのでお止め下さい。

缶詰は主に鉄とアルミニウムでできていて、電子レンジはマイクロ波を使って分子を振動させることで食品を温めています。

金属を電子レンジに入れると危険な理由は大きく分けて二つあって、一つは、金属表面で電磁波が反射することから、電子レンジ内部の部品に損傷を与え、電子レンジ自体の故障につながります。

もう一つは、金属から発生した火花が、食品などに引火し火災につながることになります。

缶詰の中身を電子レンジで温めるには?

1.一番安全な方法は耐熱容器を使うこと

最も安全な方法としては、耐熱容器に缶詰の中身を入れ替えてラップをかけるだけで温めることができます。

ポイントとして、加熱のムラを防ぐためにラップが食品に接触しないくらいの高さのある容器を使いましょう。

また、できるだけ食品を平らに並べることもムラを防ぐコツになります。

2.耐熱容器を持ってない場合はどうすればいいの?

とはいっても、耐熱容器なんて持ってないよという人はどうすればいいのでしょうか?

そんな人は、ガラス容器、紙皿、クッキングペーパーなども代用できます。

陶器でできたお皿も使うことができるのですが、金属の模様が印字されていると電子レンジで加熱中に火花が散る可能性があります。

実際に私が経験した話ですが、私が持っていた陶器でできたお皿には金属で模様がプリントされていました。

その皿を使って電子レンジで温めようとしたところ、電子レンジ内で火花が飛び散りラップが焦げてしまった経験があります。

なので、陶器でできたお皿を使う際には注意してください。

3.プラスチック容器は使えるの?

あれ?プラスチック容器は?と疑問に思った人も多いかと思います。

プラスチック容器には、PS(ポリスチレン)製とPP(ポリプロピレン)製の2種類があります。

PS製の耐熱温度は70~90℃、PP製の耐熱温度は110~130℃であることから、PP製のプラスチック容器であれば使うことができます。

しかしながら、PP製であれば安全であるとは言われているものの、私の経験上、PP製のプラスチック容器を電子レンジで温めた際、プラスチックが溶けた?様な臭いがしたことがあるので私はおすすめしません。

缶詰の中身を温める時に気を付けることは?

1.魚の加熱は破裂に注意

魚を加熱する時に「ボンッ!」という破裂音を聞いたことがあると思います。

その破裂音は、魚についている皮の中で発生した蒸気の逃げ場がなく、風船みたいに膨らんで破裂することが原因です。

魚を温める際には、皮に穴をあけるなどをして蒸気の逃げ道を作ってあげるといいでしょう。

2.温め過ぎに注意

汁気の多い食品を加熱すると水分が飛んで味が濃くなる場合があります。逆に、水分が少ない食品だとパサパサになってしまって焦げてしまうことがあります。

さて、どうやって温めればいいのでしょうか?

答えは簡単で、余熱を利用すればいいのです。電子レンジで加熱後、しばらくレンジの中に置いておくだけで余熱を使って温めることができます。

3.乾燥唐辛子は火災の原因になる

乾燥唐辛子が入っているものがあれば、電子レンジの加熱に十分注意してください。

どうして、乾燥唐辛子が火災の原因になるのでしょうか?

それは、乾燥唐辛子にはカプサイシンという物質が含まれていて、そのカプサイシンは揮発性であることから出火の原因となってしまいます。

まとめ:缶詰は電子レンジで加熱できるのか

・缶詰のまま電子レンジで加熱すると電子レンジが壊れるか、火事になってしまいます。

・耐熱容器に移して電子レンジで温めましょう。

・温め過ぎないように余熱を活用しましょう。

電子レンジでの温め方さえ知っておけば、こんなに簡単に缶詰の中身を温めることができます。

缶詰を温める際は、電子レンジで金属を温めるこはできませんので、中身を取り出して温めることを忘れないようにしてくださいね。