チョコの白いものはカビ?見分け方と2つの保存方法

毎日の疲れを癒やすためにかかせないチョコレート。一度では食べ切れず数日に分けて食べることもありますよね。

開封後のチョコレートを忘れたまま放置してしまい、カビが生えてしまったことはありませんか?

この記事を読むことで、チョコのカビの見分け方、カビの対処法、カビを防ぐ保存方法がわかります!

チョコにカビが生えていると白くなる

チョコを放置していまい気づいた頃には表面が白くなっていたなんてことはありませんか?

それ実はカビではないかもしれません。実はチョコにはブルーム現象というものがあります。

ブルーム現象とは、温度変化により糖分が出てしまったことやカカオの脂が分離したことで、チョコの表面に白い斑点状のものが発生する現象のことです。

カビと似た現象のため見分けることが難しいです。

チョコにカビが生える原因

それでは、チョコにカビが生える原因は何なのでしょうか?

そもそもカビは食品の水分量や湿度、温度などが関係しています。一方で、水分量が少なく、塩度・糖度の高い食品はカビにくいとされています。

チョコは水分量が少なく糖度の高い食品のためカビにくい食品です。

チョコにカビが生える原因としては、

・チョコに添加・付加されたものが多いとカビやすい

・製造時・流通時の管理の不徹底

などが挙げられます。チョコがカビることはほとんどないとされていますが、チョコに含まれるミルク成分がカビることがあるので注意しましょう。

チョコのカビの見分け方

カビにもいくつか種類がありますが、かんたんに見分けることができる方法をご紹介します。

・白い綿状や、白い斑点の盛り上がりが大きく密集している

・カビ臭い

・触ってみてザラつきがある

これらの状態になっていないかを確認してチョコを食べるようにしましょう。

チョコのカビは取り除けば食べても問題ないのか

もったいない気持ちもあると思いますが、捨てましょう。

取り除いたとしても大袋にたくさんのチョコが入っている場合、全体にカビが蔓延している可能性があります。特にカビ臭い場合は食べずに処分しましょう。

また個包装の場合も見た目と臭いに十分注意し、少しでも異変を感じたら食べないようにしましょう。

チョコのカビの対処法

それでは、カビの生えたチョコを食べる前と食べてしまった後はどのように対処したら良いのでしょうか?

食べる前、食べた後の対処法について見ていきましょう。

食べる前の場合

チョコにカビのような白い斑点・粉状のものがあり、カビ臭いと感じたら食べずに処分しましょう。

個包装でない場合は、全体に菌が繁殖している可能性があるのですべて処分しましょう。

食べた後の場合

カビが発生しているチョコを食べてしまった場合は、様子を見てください。

少量のカビであれば胃酸で死滅するため、急いで病院に行く必要はありません。

しかしカビが発生しているということは、食品に菌が蔓延しているので食中毒になる可能性の方が高いです。

カビが生えたチョコを万が一食べてしまった場合は、半日〜2日以内に腹痛などの症状が怒らないか様子を見ましょう。

もし少しでも症状が現れてしまったら水分補給をし、症状がひどい、長引く場合は病院に行きましょう。

チョコのカビを防ぐ保存方法

カビは湿度が高く温かい場所で発生します。チョコのカビを防ぐためにはこのような環境で保存、管理をしなければ良いということです。

チョコは急激な温度変化に弱い食材です。なので極端に暑い・寒い場所での保存は向いていないです。

夏や冬の暖房の効いた温かい部屋になる季節には冷蔵庫内で保存することをおすすめします。

冷蔵庫で保存する場合は、チョコをラップやアルミで包みジップロックなどの保存容器に入れれば完璧です。

冷蔵庫で保存していざ食べようとなったときに白い粉が吹いていた!となっても、この白い粉はブルーム現象なのでカビではありません。

食べることに問題はありませんが、食感が悪くなっていたり香りが少なくなっていることがあるので砕いてケーキに使ったり飲み物に入れるなどしてアレンジして食べるといいですね。

いずれにせよ直射日光にさらしたり高温多湿の場所で保存せず、賞味期限を気にしながらできるだけ早く食べるようにしましょう。

まとめ

・チョコはカビが生えにくい食材

・チョコにカビのような白い斑点や粉状のものがあってもブルーム現象のため問題なく食べることができる(ただし風味・食感は劣る)

・直射日光の当たる場所や高温多湿の場所で保存しない

・冷蔵庫で保存する場合はラップやアルミで包み保存容器に入れて保存する

原則として、常温で保存することが望ましいです。

とはいえ、夏場だったり梅雨の季節、冬の暖房の効いた部屋など生活していく中で温度変化を避けることは難しいですよね。

風味・食感は劣りますが冷蔵庫で保存することでカビの発生を防ぐことができますし、劣ってしまってもアレンジ次第で美味しく食べることができます。

これらのようにチョコの特徴や保存方法を抑えて、チョコを美味しくいただきましょう。