「怖い」と「恐い」の意味の違いは?使い分けや例文も紹介

皆さん、怖い話って好きですか?

苦手だからそこ、「怖い」という感情は抱きやすいかもしれません。

ところで、「こわい」を漢字で書くときに疑問に思ったことはないですか?

「怖い」?「恐い」?どっちが正しいの?そもそも使い分け方なんてあるの?

「こわい話」は「怖い話」と書きますよね。「恐い話」と書くことは稀です。そうです、使い分けには明確な理由があるはずです。

今回の記事を読めば、使い分け方とその理由が分かりますよ。

「怖い」と「恐い」、意味や違い

まず、漢字の意味でくらべてみましょう。

どちらも「心臓(こころ)」を表す部首があるので気持ちを表している部分は同じですね。

また、どの辞書などで調べてみても、書いてある意味はだいたい「危険を感じて不安になる」というものです。

同義語として双方が書いてあることも珍しくありません。

ただし、ニュアンスは少し違います。『怖い』は、良くないことが起こりそうで心配な気持ちのこと。

また、心配だから近づきたくなかったりする気持ちのこと。それに対して『恐い』は、間違いをしないように気をつけたり、控えめにしたりする気持ちのことです。

また、偉大すぎたり神妙すぎたりしておそれ多い気持ちのことでもあります。

成り立ちで比べてみると、『怖』には「おそれ、おののく」という意味があり『恐』には「おそれ、つつしみ、かしこまる」という意味があります。

どちらも「おそれ(こわがる)」という意味は共通しているものの、その他が違いますよね。

つまり、『怖い』は正体がわからないものに対しての不安な感情で、『恐い』は正体が分かっているけど抵抗できないものに対しての不安な感情ということです。

また、『怖い』は自分が感じている主観的なこわさ、『恐い』はその状況下で誰もが感じるであろう客観的なこわさとも言えます。

さて、それでは常用漢字表を見てみましょう。

常用漢字は、新聞や雑誌などを誰もがすらすら読みやすいように国が選んだ漢字の表ですね。

音読みは意味ではなく音のみを表しているので、日本語の意味を表す訓読みでくらべてみましょう。

常用漢字表に載っている『怖』の訓読みは「こわい」で、一方で『恐』の訓読みは「おそろしい」となっています。

「怖い」、「恐い」の使い分け

つまり、「こわい」を漢字で書くなら「怖い」ということですね。

世の中の文書で「こわい」は「怖い」と表記され、それが読みやすいと国が定めているのですから。

でも、これは敢えて書き分けるなら……です。「恐い」と書いたからといって間違いにはなりません。

漢字の意味や成り立ちをみて分かったように、ニュアンスの違いはありますからね。

ただ、伝えたい「こわさ」を表現する為には、その「こわさ」がどちらの「こわさ」なのか判断する必要がでてきます。

それが面倒なときは、「怖い」と書いておくことをおすすめします。もちろん、学校のテストなら、「怖い」だけが正解ですよ!

学校で習う漢字は常用漢字表に基づいて教えていますからね。

「怖い」、「恐い」を例文でいうと

それでは、実際に使い分けるときのことを考えてみます。もう一度、「怖い」と「恐い」の違いを確認しておきましょう。

「怖い」と表記した場合の「こわい」は、正体のわからない良くないものに対して不安な気持ち!

それに対して「恐い」と表記した場合の「こわい」は、正体がわかるが故におそれる気持ち!でしたね。

・お化けがコワい。

この場合はどうでしょう。お化けの正体はわかりません。確実にお化けだということが分かっていたとしても、どんなお化けかわかりません。

だから、「お化けが怖い」と書くのが正解ですね。

・あの先生はコワい。

この場合の先生は特定されますよね。つまり、誰だか分かっています。その上で「こわい」と言っているので、「あの先生は恐い」と書くのが正解。

・うちの妻はコワい。

この場合もそうです。「恐妻」といったりするから分かりやすいですよね。「うちの妻は恐い」と書きましょう。

得てして、この旦那さんはそんな奥様のことが大好きだったりしますよね。本当にこわがっている場合もありますが、そこには愛や敬意があるのでしょう。

そういう意味も含めて「おそれて、慎む」という意味の「恐い」を使うのですね。

まとめ

最後に整理してまとめておきます。

漢字が表す意味

「怖い」と表記した場合の「こわい」は、正体のわからない良くないものに対して不安な気持ち!

「恐い」と表記した場合の「こわい」は、正体がわかるが故におそれる気持ち!

使い分け方

漢字の意味に合わせて書き分ける。常用漢字としては「こわい」は「怖い」と書き、「恐」は「おそれる」というときに使う。

冬になると、夏に比べて帰り道が暗くなるので、怖いと感じる場面が増える気がしています。夜道で後ろから足音が……とか。1つ先の電柱のところに人影が……とか。

お風呂場で髪を洗っているときに背後が気になったりするのは、季節関係ないですが。正体がわからないと、いくらでも想像がふくらんで余計に怖いですよね。

でも、正体がわかっても恐いと感じることはたくさんあります。毎日のように起きる恐ろしい事件。

物騒な事件って、なぜ無くならないんでしょうね。日常の中に潜んでいる危険には気づきにくいですが、事前に回避できる危険は避けていきたいものです。