もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

喉に魚の骨がささって取れない…すぐにできる効果的な3つの対処法

おいしい魚料理を食べるのは大好きですが、たまに魚の骨が喉にささってしまうことがあります。

小さい骨の場合、放っておけばなくなってしまうことも多々ありますが、喉にささった魚の骨がなかなか取れないと、不安と焦りがつのりますよね。

でも、そんな時こそ落ち着いて、次の対処法を試してみてください。

この記事では、喉に魚の骨が刺さった時の対処方法を3つと、それでもダメな時どうするか?そして、喉に魚の骨がささるのを予防する食べ方について紹介します!

喉に魚の骨が刺さって取れないときの対処法

喉に魚の骨が刺さったとき、まず落ち着きましょう。私は、小学生の時に給食で喉に魚の骨がささり、周りのすすめで、頭の上に魚の骨をのせて骨を取ろうとしました。

結果は、クラスメイトに笑われ、骨も取れませんでした。

頭の上に骨をのせる、象牙で喉仏をなでるなどとという方法は、昔から伝わる民間伝承ですが100%確かな方法ではないようです。次に有効な3つの方法をご紹介します。

① 鏡で喉を確認し、ピンセットで取る

まず、落ち着いて、口の中を空にします。鏡で口の中をのぞき、骨が見えるか確認します。

その時は、ライトをあてるとみやすいです。喉に刺さる骨が見えたら、細いピンセットで取り除きましょう。

② うがいをする

うがいをすることで、喉の筋肉を使い、小さく浅い刺さりの骨でしたら取れてしまいます。うがいは水で大丈夫です。

③ 病院へ行く

上記で取れず、1日経過しても痛みや違和感があるときには病院へ行きましょう。次の項で何科の病院にいけばよいかについてご紹介します。

やってはいけないこと

ごはんや食べ物のの塊を飲み込んで、骨を押し流す行為はNGです。骨を喉にぐいぐいと押し込んでいるようなものなのでやめましょう。

この方法で骨がとれた!という方もいるかと思いますが、これは単にラッキーだったと思いましょう。もし大きな骨が刺さっていた場合、さらに粘膜を傷つけてしまう危険もあります。

このように厄介な魚の骨ですが、喉にささった魚の骨がななかとれなかった場合は、そのまま放置しても大丈夫なのでしょうか?

喉にささった魚の骨、放置しても問題はないの?

喉にささった魚の骨は、放置すれば溶けてなくなる、ということはありません。骨を溶かすのは胃液であって口の中の唾液ではないからです。

しかし、喉にささる魚の骨のほとんどが小さい骨なので、自然にとれることも多いでしょう。

もし、鏡をみても骨が確認できず、1日たっても痛みや違和感がとれない場合は病院に行くことをお勧めします。

あまり時間がたってしまうと、細菌感染を起こし、炎症や高熱につながるため甘く見てはいけません。

魚の骨が刺さったくらいで…と躊躇されるかたもいるかもしれません。それにいざ病院に行くとなったら、何科に行けばよいの?という疑問もでてきます。

次の記事では、どの病院へ行けばよいかをご紹介します。

どうしても魚の骨が取れない場合、病院の何科に行くべき?

鏡で喉を見ても骨がみつからない。1日寝ても喉の違和感や痛みがとれない。そんなときは病院へ行くことをおすすめします。さて、病院は何科を受診すればよいのでしょうか?

耳鼻咽喉科をおすすめします。骨が目で見える場合はピンセットなどでとることもできますし、見えない部分に刺さっている場合は特殊なファイバーなどで取っていただくことになります。

魚の骨が喉にささってなくても、喉がチクチク痛むこともあるようです。この場合は、粘膜に傷がついている可能性もあるので傷を処置してもらいましょう。

魚の骨が喉に刺さらないための予防法

お刺身であれ焼き魚であれフライであれ、どんな魚料理にも骨があることを認識して注意して食べましょう。

その時は、よく噛んで、少しずつ骨に注意しながら食べるようにすると予防できます。

高齢の方の場合

魚を飲み込むときに骨に気づいても、飲み込みを止める反射的な神経が弱まっているので、特に注意してゆっくり食べましょう。

子供の場合

子供は扁桃が大きく、骨がささりやすいです。また、骨がささって痛くて暴れると骨を取るのは難しくなるので、全身麻酔という大事に発展する可能性もあります。

お子様が魚の骨を食べてしまわぬように、親御さんは充分に骨を確認し気をつけてあげましょう。

イワシ、さんま、うなぎなどの小骨は、あまり重症になることはありません。しかし、放置しておくと感染症などの危険もあるので気をつけましょう。

特に注意したい魚は大きな骨を持つサーモン、ブリ、タイ、あら煮の時にある顎の骨です。

これらの骨は、刺さった場合に粘膜を傷つける可能性もあるので、すぐに取れない場合は自己流で無理な処置をせずに、早めの受診をおすすめします。

 まとめ

ごはんを飲み込むのはNGです!ご紹介した3つの方法で対処しましょう。1日たっても喉に違和感や痛みがある場合は、早め早めの受診をおすすすめします。

また、日ごろから魚料理を食べるときは、ゆっくり骨に注意して食べることを心がけましょう。