もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

加齢臭ってどんな匂い?何歳から発生する?原因や対策もご紹介

加齢臭ってよく耳にしますが、どんな匂いだと思いますか?

なんとなく「加齢臭=おじさんの匂い」といったイメージがあるかもしれませんが、男性だけに限った匂いではありません。

わたしは人とすれ違った時や外に干されている洗濯物や布団から独特の匂いが漂ってくると、あっこれは加齢臭だな…と感じます。

しかし、加齢臭がどんな匂いなのかあまりよく分かっていないという方も多いようです。

そこで今日は加齢臭が一体どんな匂いなのか、なぜ発生するのか?対策として出来ることなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

加齢臭はどんな匂い?例えると…

加齢臭というワードはよく聞きますが、どんな匂いのことを言うのかよく分からない方もいますよね。

わたしも昔はピンと来ていなかったんですが、何度も嗅ぐうちに記憶してしまうようになりました(笑)

どんな匂いかを一言で説明するのは難しいのですが、分かりやすく言うと脂っぽくて青臭い匂いです。

匂いの原因物質はノネナールというもので、加齢と共に増加するパルミトオレイン酸という脂肪酸が過酸化脂質や皮膚常在菌によって酸化することで発生します。

酸化した脂の匂いというと分かりやすいですね。よく例えられているのは、

・脂っぽい匂い

・酸っぱい匂い

・古本の匂い

・古いポマードの匂い

などがあるようですが、やはり加齢臭プラス整髪料などで余計に嫌な匂いになってしまっている可能性もあると思います。

人によっては頭皮が脂っぽい方もいますので、中高年の男性は特に気をつけていただきたい部分かと思います。

加齢臭はどこから匂っている?

そのイヤ〜な匂いはどこから漂ってくるのでしょう?

加齢臭には皮脂が大きく影響していますので、皮脂の分泌が活発な箇所ほど匂いが強いと言えます。頭皮や首の後ろ、背中などです。

よく枕が臭いなんて言われているのもこのためだったんですね。

匂いのほとんどが上半身から漂っている訳ですから、人とすれ違った時や電車で近くに乗り合わせた人を臭く感じてしまうのも無理ないですね。

加齢臭の原因は?

ノネナールという物質が原因であるということは先ほどお伝えしましたが、年齢を重ねても体臭がキツくならない人もいます。

元々の体質ももちろんありますが、生活習慣や環境によって体臭にも差が出ますので、身だしなみを気にされる方はぜひ原因を取り除くことも意識してみてください。

原因①  加齢

一般的には年齢と共にノネナールが増加してきますので、こればかりはどうしようもないことです。

原因②  ストレス

抱えるストレスが大きいほど、ノネナールを作る過酸化脂質も増加するようです。責任世代のおじさんたちが臭いのも仕方ないことなのかもしれません…。

原因③  食事

なんとなくイメージはあるかもしれませんが、脂っぽい食事が好きな方は要注意です。揚げ物や肉ばかり食べていませんか?酸化しづらい食品をとることが大事です。

この他にも、過度の飲酒や喫煙、睡眠不足による新陳代謝の低下で皮脂の分泌が盛んになってしまいノネナールが増加することがあります。

加齢臭は何歳から匂うもの?

一般的に40歳を過ぎた頃から発生し、匂いが強まるとされています。

30代から40代までは加齢臭に似たような匂いでミドル脂臭というものがあり、それを超えると更に変化した加齢臭になるようです。

加齢臭を防ぐ方法

さてそれでは気になる匂いとどう付き合ったら良いのか?先ほどお伝えしたように、年齢以外で考えられる原因を出来る限り取り除いてあげることです。

なるべくストレスのかからない環境で過ごすこと、適量の飲酒は良いと思いますが喫煙は百害あって一利なしですので、禁煙することもおすすめします。

そしてやはり食べるもので身体は作られていきますので、脂っぽい食事が好きな方はなるべく控え、肉より魚を食べるようにして抗酸化作用のある野菜や果物も積極的に摂ると良いでしょう。

出てしまった体臭への対策

色々と努力をしてもやはり体質などで皮脂の分泌量が減らず、どうしても匂ってしまうことってあると思います。

そんな方に大事なのは、「匂ってしまうものはしょうがない!」と開き直ることではなく、匂いの発生源をどうケアしていくか、どう清潔感を保てるか、なのです。

夜お風呂に入ってきちんと汚れを落としても、寝ている時にかいた汗や分泌された皮脂などで一晩寝た身体は意外と臭いものです。

例えば、朝起きて時間がある方は簡単にシャワーを浴びたり、時間がなければボディシートで首や耳の後ろ、背中の届く範囲を拭くだけでもサッパリします。

これをするだけも、その日一日の体臭にかなり違いがあると思います。

夏は汗をたくさんかくので顔や身体を拭く方って結構いると思うんですが、冬って乾燥してるしボディシートもあまり使わないんですよね。

清涼感があるものでなくても構わないので、朝起きぬけか日中気になった時にぜひ首や背中の上部だけでも拭いてみてください。

そして服や寝具も匂いが染みつきやすいので、こまめに洗濯することが大事です。一度ついてしまった匂いは普通に洗濯しただけでは取れません。

嫌な匂いが染みつく前に、肌着や枕カバーをきちんと取り替えて清潔を保ってください。

まとめ

・加齢臭は酸化した脂の匂い

・原因はノネナールという物質

・加齢やストレス、食事が影響する

・40歳から匂いが強くなる

・体臭をどうケアするかが大切

汗をかいたり臭ってしまうことは誰にでもあることです。それを放っておかず、きちんとケアして人を不快にさせないことが一番だと思います。

家族や同僚、同性からも異性からも清潔感があって素敵な人だなと思われるよう、取り組んで頂けると嬉しいです。