もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

栗の表面が黒いのはカビ?正しい見分け方と対処法について

モンブラン、栗きんとん、栗ごはん、幅広くお菓子や料理に使用され、栄養価も高く日本人にとっては親しみ深い食べ物である栗。

秋になると田舎から送られてきたり、人から大量にもらうことがあります。

でも、皮むきがめんどくさい、処理の仕方がわからない、など考えて放置するうちについつい日が経ちカビが生えてしまった!なんてことありませんか?

では、カビが生えた栗とそうでない栗の見分け方は?カビが生えてしまった栗の対処法は?そもそもカビを防ぐ保存方法は?それではさっそく見ていきましょう!

カビが生えるとどんな状態になるの?

栗にカビが生えると、表面は黒く変色する、ふわふわした白いカビが生える。という状態になります。

黒く変色しているカビは毒性が強いです。白いカビは黒カビより毒性は弱いです。

また、栗全体が緑色になっている栗は熟しきっていない栗ということなので問題はありません。中身までカビが生え、黒色や白色に変色しているものもあります。

そもそもカビが生える原因は?

① 湿気

栗は湿気に弱く、生栗をそのままビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存する…などしているとすぐカビが生えてしまいます。

ですが、保存方法によってはカビを防止したり、カビの繁殖を抑えることもできます。

② 虫・虫に食べられた痕

調理前の生栗は虫がついていたり、虫に食べられた痕があったりします。虫が食べた痕から菌が入り込み、菌が繁殖しカビの原因になります。

虫に食べられている栗は穴が開いています。もともと変形している栗もありますが、穴が開いていない、かじられた形跡がない栗は大丈夫です。

カビの見分け方

見分け方は見た目と臭いで食べられるかどうか判断できます。黒カビは毒性が強いカビです。また、白カビは毒性が弱いカビです。

黒色に表面が変色しているものは食べると危険です。表面が緑色に変色している、また白いカビが生えているだけのものは大丈夫です。

中身にも黒カビや白いカビが生えているものは食べるのを控えたほうが良いでしょう。

ですが、茹でた時に黒っぽく変色するのは問題ないので、食べられるかの判断に困ったときは臭いを嗅いで判断してください。

取り除けば食べても問題ないのか

表面にカビが生えている状態で、中身が問題なさそうなら食べても大丈夫です。

ですが、目には見えていなくても菌は繁殖している場合もありますので心配ならやめておきましょう。見た目でわからなければ、臭いで判断してください。

カビが生えている部分を切る、洗うなどを行いカビを落とした後熱湯につけたり茹でたりし加熱します。処理を行った後は早めに食べましょう。

この記事では、いろんな野菜・果物・手作り食品のカビの対処法や防止方法を知ることができます。ぜひ参考にしてみてください。

野菜・果物・手作り品のカビの対処法・カビを防ぐ方法

カビを防ぐ保存方法

皮がついたままの栗の保存方法はいくつかありますが、ここでは実践しやすい唐辛子を使った保存方法と薬局などで簡単に手に入る消毒用エタノールを使用する保存法の2種類の方法をご紹介します。

唐辛子を使用した方法

① まず水で洗います

※この時虫に食べられて小さな穴が開いている栗、傷んでいる栗、すでに黒カビが生えている栗は取り除いておきましょう

 

② 栗を水に浸し、唐辛子2~3本をいれ2時間程度放置し、その後半日ほど天日干しする

 

③ 乾いたところでジップロックにいれて冷凍庫に保存

冷凍庫に保存することで、栗の中の成分であるアミラーゼが活性化し甘味が増しおいしい栗ができます。

もう1種類の方法は

消毒用エタノールを使った方法

① まず水で洗いましょう

※この時虫に食べられて小さな穴が開いている栗、傷んでいる栗、すでに黒カビが生えている栗は取り除いておきましょう

 

②その後半日ほど天日干しする。完全に乾いたら霧吹きに消毒用エタノールを入れ、栗全体に吹きかけます。すぐ蒸発しますが、問題ありません。

 

③ ジップロックに入れて冷蔵保存

冷蔵保存しているときにカビが生えてきたら、さっと拭き取ってまた消毒用エタノールを吹きかければカビ防止にもなります。

両方とも、料理をするときはそのまま茹でる・蒸し器で蒸す方法で食べられます。蒸したほうが、栗のうま味が凝縮されて成分が流れないのでおいしく食べることができます。

まとめ

栗は生のままでは日持ちがせず、皮をむく必要もあり、少し手間がかかる食品です。ですが、栗は非常に栄養価の高い健康食品でもあります。

食物繊維、ビタミンB1、ビタミンC、カリウム、などが含まれ、特に美肌効果や免疫力を高めるビタミンCはリンゴの約8倍含まれています。

さらには、通常のビタミンCは熱に弱く、加熱することによって成分が失われてしまいますが、栗のビタミンCはでんぷん質に覆われているため熱を加えても失われることがないのです。

秋は季節の変わり目のため朝晩の気温差が激しかったり、乾燥や花粉が多く発生する影響もあり免疫力が下がり体調を崩しがちです。

そんな時に栄養価も高い栗を正しい処理や保存方法で長持ちさせ、さらに美味しく、いろんな料理に使用してもらえればと思います!

この記事では、いろんな野菜・果物・手作り食品のカビの対処法や防止方法を知ることができます。ぜひ参考にしてみてください。

野菜・果物・手作り品のカビの対処法・カビを防ぐ方法