もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

電子レンジでステンレスを加熱してはいけない、おすすめの容器と対処法

食材の解凍や調理のときにも役立ち、日常生活にはなくてはならない電化製品となっている電子レンジ。

しかし、いざ何かを温めるときに「あれ、この容器チンできるかな?」なんて思ったことはありませんか?

電子レンジを使った失敗は一つ間違えれば火災などの大きな事件を引き起こします。今回はそんなそんな危険を防ぐ、「電子レンジで扱う際の注意点」をまとめました。

この記事を読むことでステンレス製品が電子レンジでチンできない理由、ステンレスを温める方法、おススメの代替製品を知ることができます。

ステンレスの製品は電子レンジでチンできない

結論から言うと、できません。それはステンレスが鋼を主体にクロムやニッケルでできた金属だからです。

「何を当たり前のことを」と思う方もいるかもしれませんが、あえて伝えるのには理由があります。

実は、電子レンジの説明書に「ステンレスはいけない」という書き方をしているものは少ないのです。

私自身、自分の使っている電子レンジの説明書に「ステンレス」の文字が見つからなかったため、「なんとなく大丈夫な気がする」と思っていました。

しかし、改めてステンレスが「金属」だということを確認し、再度電子レンジの説明書をもう見てみると、「使えない容器」の欄にしっかりと「金属」の文字があります。

金属は電子レンジ内の電磁波と相性が悪く、説明書の中でも「火花が出て発煙、発火の恐れがある」と理由が明記されているのです。

ステンレスを温める方法

さて、レンジでチンできないとはいえ、ステンレス製品は保温力があり錆びにくく、スタイリッシュなデザインのものが多いのも魅力です。

どうしても加熱したいときにはどうしたらいいのか。実はステンレス製品は鍋やフライパンにも使われているおり熱には強いのです。

そのため直火やIHで加熱することが可能。また、レンジではなくオーブングリルで加熱することもできます。お使いのレンジのオーブンモードが使えるか確認してみてください。

火を使う際は、取っ手などがないボウルや、小さい容器をそのまま加熱すると火傷する危険性があるのでおすすめはできません。

マグカップなどの容器にはスープや飲み物などの出来上がった「すでに温かいものを入れる」のがよいでしょう。

調理時の活用方法としては湯煎するときにステンレスのボウルを使うのが便利なのでおすすめです。

金属と間違いやすいもの

先に述べた通り、レンジで温めるときに「なんとなく大丈夫な気がする」は危険信号。ステンレスと似たような素材で、「アルミニウム」もあります。

アルミニウムも金属の一種なので、アルミホイルはレンジでは使えないのです。反対に、金属と間違えられやすい陶器は粘土でできているためレンジで温めることができます。

このように温める前に「この素材は一体なんなのか」をつきつめるのは意外と大事なことなのです。

ステンレスか見分ける方法

容器や食器のデザインの多様化が進み、素材がわからなくなることもあると思います。金属とはいえどステンレス製品は磁石がくっつかないのが多いのも注意です。

また、ステンレスは素材を活かした銀色のアイテムが多く、軽量、厚みがないのが特徴です。

金属のホーロー鍋と陶器の土鍋を比べるとやはり厚みに違いが出ますね。また、ホーロー鍋の場合は内側が鉄になっています。

それでも躊躇せずにパッとチンしまいがちなのは、普段使うようなアイテム。

「お弁当箱」や「マグカップ」「ボウル」など、温めて使えそうなものにもステンレスの製品は多いので、特に注意が必要です。

反対に考えると、「よく温めて使うもの」は電子レンジ可能な素材を選ぶといいですね。

電子レンジにおすすめの容器

では電子レンジでチンできる容器は何なのか。私が所持している電子レンジに記載された説明書通りにまとめると、以下のような製品になります。

・耐熱性があるガラス

・耐熱性があるプラスチック(耐熱温度140度以上)

・陶器・磁器(色絵やヒビの入っているものは除く)

近年では「耐熱」を売りにした商品も多く出されており、「レンジで使用できる」と明記された商品はもちろんチンできます。

しかし、「断熱」や「保温」などのワードは電子レンジで使えるという理由にはならないので注意してください。

プラスチックに関しては電子レンジの説明書に記載されている場合、耐熱温度までみると安心ですね。用途に応じて便利に使い分けていきましょう。

まとめ

これまで述べてきたことをまとめると、下記のとおりとなります。

・電子レンジで加熱してはいけない。

・直火は可能だがおすすめはできない。湯煎には便利。

・加熱できるかどうかは素材が何かをつきつめる。

・見分けるには、色や軽さ、そして厚みを調べる。

・電子レンジには耐熱性のある容器がおすすめ。

他にも電子レンジを使用するときにはまず説明書を読んで、対応できない素材を知る、そして温める素材が何かをつきつめてみてください。

「何となく大丈夫」ではなく、今ではインターネットでも説明書をみられる時代なのでぜひ調べてみてください。