もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

じゃがいもが柔らかいのは腐っているの?安全に食べるポイント

シチューや煮物によく使うじゃがいもは買い置きすることがよくあるのですが、保管している間にじゃがいもが柔らかくなっていることがありませんか?腐っているのか、食べられるのか悩みますよね。

また、じゃがいもに芽が出てきたり色が変化したりすることもよくあります。子供から高齢者までいろんな世代の人が食べるじゃがいもは、何に気を付けたらいいのでしょうか。

この記事を読むことでじゃがいもが柔らかくても大丈夫か、腐るとどうなるのか、食べられる状態について、長持ちさせる保存方法について知ることができます。

じゃがいもが柔らかいのだけど食べても大丈夫?

結論からいうと、柔らかいじゃがいもを食べても大丈夫です。柔らかいからといって必ずしも腐っているというわけではありません。

とくに、農家ではじゃがいもは収穫をしてから出荷するまで長い時間倉庫で保存することがあるので、じゃがいもは柔らかくなりがちだそうですよ。

それではじゃがいもはなぜ柔らかくなるのかを解説していきますね。

じゃがいもが柔らかくなる理由

じゃがいもは水分が抜けていくと徐々に柔らかくなっていきます。そしてじゃがいもが段々と熟成すると、でんぷんが糖分に変化することにより水分が増えてくるので柔らかくなるのです。

柔らかくなると「腐っているのでは?」と判断して捨ててしまう方もいるかもしれませんが、柔らかくなっていても他に変化がなければ食べることができます。

じゃがいもが柔らかいと皮がなかなか剥けないので前もって茹でておくのが大切です。皮をむくのが簡単になりますのでお勧めです。

じゃがいもは腐るとどうなる?

ではじゃがいもが腐っているのはどのような場合なのでしょうか?

じゃがいもが腐っているかを見極めるチェックポイントは次のようになります。

じゃがいもが以下の状態になったら食べることなく全廃棄をしてください。

・悪臭がする

・茶褐色の汁気が出ている

・中身が黒ずんでいる

じゃがいもが腐ると柔らかいのを通り越して水っぽくてブヨブヨになり表面がドロドロの茶褐色の汁気が染み出てきます。中身は黒ずんでおり悪臭がします。

このような時は腐っていますので全部廃棄しましょう。

じゃがいもはどのくらいの状態なら食べられるのか?

じゃがいもは腐っている場合は全部廃棄をしてください。しかしまだ食べられる範囲の場合を解説します。

①じゃがいもに少し芽が出ている場合

その芽の回りの深さ1センチは切り取りましょう。芽を食べてはいけません。(あまりにも芽が大量に発生している場合は食べないで全部廃棄処分してください。)

②じゃがいもの皮が緑色の場合

緑色の皮の部分とその周りを必ず厚めにむいてください。決して緑色の皮を食べないでください。

①と②の場合、切ってみて断面が白や黄色がかっていてきれいなら食べられます。シャキシャキとした食感はありませんが、甘味が増すので煮物には最適です。

但しくれぐれもじゃがいもの芽や、緑色になった皮は食べないでください。芽や緑色の皮はじゃがいも自体が生成する毒素が多く含まれているので可能な限り取り除くことが必要です。

万が一芽や緑色の皮を食べてしまった場合に下痢やおう吐、腹痛や頭痛、めまいなどの症状が出ることがありますのでその時は早く病院に行って見てもらってくださいね。

https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/potato.html

農林水産省㏋より抜粋

③じゃがいもに白いカビがついていた場合

じゃがいもを洗ってから半分に切って、中身の色が通常のクリーム色で固さが普通ならば大丈夫ですが、カビの生えた皮からさらに深めに切ってください。

④生のじゃがいもの切り口が、紫色になっている場合

じゃがいもの切り口が紫色に変色するのは、ポリフェノールが空気に触れて酸化したことで起こる反応です。病気によるものではありませんから食べても大丈夫ですよ。

この現象はリンゴやバナナ、桃にもよく見られますよね。紫色にならないようにするには事前に10分程、酢水につけておいてください。

⑤じゃがいもを茹でたら黒く変色した場合

じゃがいもの成分の中にクロロゲン酸と鉄分の含量が多いと鉄の化合物が発生して黒く変色することがあります。これは成分によるものなので食べても問題ありません。

この酸化反応を防ぐには④と同じように事前に酢水につけておいてください

じゃがいもを長持ちさせる保存方法

じゃがいもが腐ることなく、芽がたくさん出てしまう事がないようにするためには保存の仕方がポイントになります。

じゃがいもは、10℃位の涼しくて、通気性の良く、光を通さない場所に保管してください。

冷蔵庫に保存しなくてもよいのですが、20℃以上になると発芽したり腐敗しやすくなるので夏場は野菜室で保管したほうが無難です。

じゃがいもを冷蔵庫で保管すると、有害物質のアクリルアミドが生成される量が多くなってしまうため冷蔵庫の保存はおすすめできません。

またじゃがいもに傷を付けないように保存してください。傷がついた場所から弱っていきます。

以下はじゃがいもを安全に食べるポイントです。

じゃがいもを安全に食べるポイントまとめ

1 じゃがいもの芽は決して食べないでください。まわりの皮の部分も含めて取り除いてください。また、たくさんの芽が出ている場合は食べないで全部廃棄してください。

2 皮が緑色になっている場合は特に厚めにむいて、その周りの皮もしっかりむくようにします。

3じゃがいもの長期保存はおすすめしませんが、保存する場合は通気性がよくて光を通さない場所に保管します。夏場は野菜室で保存したほうがよいです。

4食べてみて苦く感じたら食べないようにします。