もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

みかんにカビが生えていても食べて良いの?見分けるための注意点と保存方法

ビタミン豊富で冬の旬の果物といえばみかん。箱買いしたみかん箱の底の方のみかんにカビが生えていた!という経験をしたという方もいるのではないでしょうか。

せっかく買ったのにカビが生えていて捨ててしまうこともありますよね。

カビが生えている周りのみかんも捨てなきゃいけないの?食べてはいけないの?と思う方もいるのではないでしょうか。

この記事を読むことで、カビが生えたみかんは食べても問題ないのか?カビが生えないようにする保存方法は?という疑問を解決することができます!

みかんにカビが生えるとどんな状態になるのか?

鮮度の低下や傷によるものや、保存方法を誤ってしまうとカビが生えてしまいます。みかんにカビが生えたという状態がどういうものなのかを知っておく必要があります。

緑色になっていて粉が吹いているものはカビが生えています。白っぽくなっているものはそれらの初期状態になっています。

中には買って数日しかたっていないにもかかわらず、上記のような状態になっているものもあります。

みかんにカビが生える原因

それでは、どうしてみかんにカビが生えるのかみていきましょう。

みかんに生えるカビ多くは、青カビの仲間である「ペニシリウム・イタリカム」又はペニシリウム・ディジタータム」といい、柑橘類によく発生するカビです。

柑橘類には「プロリン」というカビの発生を促すような成分が多く含まれています。みかんの皮には特にこの成分をたくん含んでいるため、カビが生えて繁殖してしまうのです。

みかんを段ボールに詰める際に傷ついてしまい、そこからカビが繁殖するのがよくあるケースです。

みかんのカビの見分けかた

一番よくみるのが白くなっていてふわふわしたものや、緑色のまさにカビ、というようなのもが生えている状態です。

また、カビが生える以前に、下記のような状態はそのまま放置しておくとカビが生えてきます。早めに食べてしまうのがおすすめです。

・皮が黒ずんでいる

・異常に柔らかい

・汁が出てきている

・臭い(異臭がする)

みかんのカビは取り除けば食べても問題ないのか

実は、みかんなどの柑橘類に発生するカビであるペニシリウムの仲間は少々食べてしまっても、ほとんどの人は問題ないです。

しかし、すべてのカビが人に無害であるということはないです。見た目が似ていても毒性の強いカビの可能性もあります。

また、カビが表面に生えたみかんは皮をむいても食べないようにしましょう。

なぜなら、カビは成長するときに、根のような「菌糸」と呼ばれるものを伸ばして成長し、栄養源を分解して成長していきます。

そのため、たとえ表面に生えていて皮をむいて大丈夫そうでも、菌糸が中まで伸びている可能性があるのです。

見つけたらもったいないと思いますが、すぐに捨てるようにしましょう。カビを見つけたら、そのみかんは口にしないことがおススメです。

みかんのカビの対処法(食べる前と食べた後)

食べる前に見つけたらもったいないと思いますが、すぐに捨てるようにしましょう。

上記でもお伝えしましたが、もし食べた後にカビを食べてしまったかもと感じた時でもそのまま様子を見てみてください。基本問題ないです。

免疫力の低い子供やお年寄りの方などでも、病院で相談しても症状がなければそのまま様子を見てください。となるため焦らなくても大丈夫です。

もし、発熱、腹痛、嘔吐、下痢などの症状があった時はすぐに近くの病院を受診してください。

みかんのカビを防ぐ保存方法

みかんを箱買いして2日間玄関に置いていたらカビが生えていた。という経験をした方もいるように、みかんは何もしないと本当に早くカビが生えてしまいます。

結局カビは生えてきてしまうので早めに食べることをおすすめしますが、カビが生えるのをかなり抑えることができます。では、どんな方法なのか見ていきましょう。

みかんを箱買いしたときは一度箱からすべて取り出す

理由は、腐ってたり傷んでいたり時があるのでそのチェックです。そこからカビが生えてくるので取り除きましょう。

上の重みで変形しているものや、傷ついているものは早めに食べましょう。

寒いところで保管する

カビは10℃以上のところでは繁殖しやすくなってしまいます。暖房のきいていない部屋や玄関など湿度の高くないところで保管するようにしましょう。

湿度もみかんにカビが生える原因になるので風通しの良い場所や、湿気のない場所に置きましょう。

箱ではなくカゴで保管する

先ほど湿度の話もしましたが、スーパーのカゴのような通気性の良いのもがおすすめです。かといってスーパーからカゴを持ち帰るのは厳禁ですよ!

また一段ごとにキッチンペーパーなど吸収性の良いもので仕切って保管しておくとよいです。ある程度湿気が抑えられカビが発生しにくくなります。

冷蔵庫や冷凍庫で保存する

一番確実な方法で長持ちします。梅雨や真夏など外での保管に適した状態ではない時は使ってもいいと思います。

長持ちしますが、保存しすぎると酸っぱくなって味が落ちてしまうので注意してください。

まとめ

・みかんにカビが生えると緑色の粉っぽい状態、白い状態になる。

・白いふわっとしたものはカビ、柔らかかったり汁が出ているものは状態が悪い。

・状態が悪かったり、みかんにカビが生えていたら捨てたほうがいい。

・みかんのカビを防ぐには、できるだけ風通しがいい状態で冷蔵庫で保存するのがおススメ。

この記事では、いろんな野菜・果物・手作り食品のカビの対処法や防止方法を知ることができます。ぜひ参考にしてみてください。

野菜・果物・手作り品のカビの対処法・カビを防ぐ方法