もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

マニキュアがよれてしまう原因と対処法、誰でもできる5つの解決策

マニキュアは女性なら誰しもが必ずと言っていいほど自宅にカラーバリエーション豊富にあるのではないでしょうか?

休日には自宅で優雅にセルフネイルをして気分転換という方も多いのではないでしょうか?今は男性もマニキュアを塗る時代です。

100円ショップでも気軽に購入でき、ネイル用の部材が売られ自宅でも気軽なネイルが出来ます。

動画やサイトで塗り方の説明を見聞きしながら塗ってみてもうまく塗れなかったり、よれてしまったり剥げてしまったり、失敗してしまってあきらめる方も多いのではないでしょうか?

今回はマニキュアがよれてしまう原因と対処法、上手く塗るためには?をご紹介させていただきます。

マニキュアがよれてしまう原因

マニキュアが乾く前に物に触れてしまう

トップコートまでたどり着く前にしっかりと乾いていないのに作業をしてしまい、ぶつかった物の跡がついてしまいます。乾ききるまで物に触れずしっかりと乾かしましょう。

お湯を使用してしまっている

冬場は特に寒く洗いものでお湯を使用することが多いと思います。完全に乾いていれば問題はありませんが、マニキュアを塗った後表面は乾いていても内側が乾いていないことがあります。

お風呂も同様で、マニキュアが剥げてしまう原因になります。マニキュアを塗る前に洗い物やお風呂を済ませるようにしましょう。

厚塗りをし過ぎてしまう

ハケにたっぷりと液を付けて塗ってしまうと中まで乾かず、時間がかかる分手遊びが始まってしまいます。たっぷり液を付けずに薄く塗り乾いてから重ねて塗るようにしましょう。

ドライヤーを使っている

早く乾かしたい気持ちでドライヤーにあてたり扇風機にあてたりしてしまうと、せっかくきれいに塗れたネイルに気泡が入ってしまったり、近くで風に当てると流れてよれてしまいます。

風を当てて早く乾かしたい場合は、少し離したところから風を当てるようにしましょう。

マニキュアがよれる時の対処法と解決策

マニキュアを塗るときは塗ったマニキュアが乾いてから次のマニキュアを塗る様に心がけましょう。さらにきれいに塗るための対処法を5つご紹介いたします。

1.色の薄い、よれても目立たないカラーで塗る

ラメ入りや、色の薄いカラーで塗るとよれたとしても修正が利きますので、薄めのカラーで塗りましょう。

2.乾燥スプレーを塗る

ネイルを塗った後に塗ると乾く時間が短くなります。トップコート型のタイプも販売されていて、時短で素早く乾かしたい方にお勧めです。

3.古いマニキュアは捨てる

古くなると乾く時間が長くなってしまいます。中身が分離したままになってしまったりします。

乾きが遅いと感じたら迷わず捨ててしまいましょう。使い続ける場合は厚塗りや二度塗りはしないようにしましょう。

4.氷水につける

ネイルを塗ってから氷水に爪を付けると乾きが早まります。ツヤ感のあるマニキュアなどは光沢が失われてしまうので、マットな質感のマニキュアで行いましょう。

5.爪の油分をしっかりと落とす

ベースを塗る前にはしっかりと爪を整えるようにしましょう。爪の表面はファイルで滑らかにして、油分をふき取ります。

普段肌荒れでハンドクリームを塗っている方は、爪にも油分が残っている可能性がありますので、手を洗い油分を洗い落としましょう。

マニキュアを使用する30分前から冷蔵庫で冷やしておくと早く乾燥させられるという話を聞いたことがありますが、確実に早く乾燥するというのは不明確です。

確かに塗った爪を冷やすと早く乾くということはありますが、塗る前の液体を冷やしても早く乾燥することはありません。

衛生面や入れ物の破損など様々な問題にもなりますのでおススメは致しません。

マニキュアのよれを防ぐポイントとコツ!

・ベースコートはハケにたっぷりとつけず薄塗りで、塗りすぎないようにする。

・マニキュアも1回で塗ろうとせず、2回、3回に分けて塗ります。

・二度塗りは1回目がしっかりと乾いてから塗りことが大切です。

・最後にトップコートを塗りることで、よれを防ぎましょう。

これが基本的なマニキュアの塗り方です。また、一日で終わらせようとはせず、数日に分けて塗っていくのも一つの手です。

用を足さなければならなかったり、数回に分けて塗る時間がない場合は数日に分けて塗りましょう。

塗り終わり乾燥が終わった後でもむやみに手作業をせず、しっかりと乾いている状態で作業をしましょう。

これが完璧になると応用でデコレーションしてみたり少し厚塗りしてみたり、塗り方にアレンジが出来るようになります。

最近ではUVやLEDで固めるネイルも100円ショップ見かけるようになりました。

普通のマニキュアとは違い、重ね塗りもでき、アレンジやアクセサリーも付けることができ、一般的なマニキュアより丈夫に作ることも可能です。

マニキュアを塗ると決めた日は他の予定は入れず、一度マニキュアを塗り終わったらテレビを見ながら温かい飲み物を飲んで優雅にリラックスした時間を過ごしましょう。

日々の疲れをいやし、ゆっくりと出来る時間が出来ることもネイルをする目的になるのではないでしょうか?

自分に合ったネイルを見つけ、気分のままにオリジナルのネイルlifeを送りましょう。