「雹 霰 霙」の意味や違い・使い方を解説!!

「雹 霰 霙」って読めますか?これは天気を表す漢字で、

霰(あられ)

雹(ひょう)

霙(みぞれ)

と読みます。あの雨かと思ったら氷のようなものだったり、雪のようなものだったりするものです。

これを会話の中で、またはニュースの画面で出てきたときにサラッと言えたら、なんだかかっこ良いですよね!この記事では、霰(あられ) 雹(ひょう) 霙(みぞれ)の漢字の意味と、どんな現象なのかを解説していきます。

霰(あられ) の定義

 

お菓子の名前でもおなじみのあられ。でもお天気の場合は霰と書きます。

 

漢字は雨かんむりに「散」と書きます。

氷雨が散るように降ることから作られた漢字です。

 

音読みだと「サン」や「セン」と読みます。

 

冬や夏に降る小さな氷の粒です。5mm未満のものを言います。

 

俳句などでは「冬」を表現する季語として使われます。

 

霰と雹が作られる仕組みは、雨雲の中で雨として降ろうとした雨粒が、上昇気流の中でなかなか地上へと落ちることができず雲の中で氷の粒となったものです。

 

雲の中で雨粒が氷の粒になって、そのまま地上に降ってきているということですね。

 

その氷粒の大きさの違いが、霰か雹かということになります。

 

雹(ひょう) の定義

雹は、霰とは逆に雹は5mm以上の氷の粒について言います。

 

霰がもっと大きくなってしまったものが雹です。

 

漢字では雨かんむりに「包む」と書きます。

「ひょう」という言葉自体が音読みとなり、訓読みはないようです。

 

雨粒が丸く包まれたものという成り立ちがあります。確かに、雹はボール状になっていますよね。

 

時には野球ボールほど大きな氷の粒になることもあり、空から降るものなので勢いがついて傘を突き破ることもあります。また、雹が降るときは雷が伴っていることが多いです。

積乱雲の中で起こるからです。雹による怪我や死亡事故も報告されています。

そんな時に外にいたら危ないですので、必ず安全な屋根のある場所や建物の中に移動をしましょう。大きな粒のものは地面にそのままのこっていることもあります。

たまに雹が降った後、外を歩くと氷の粒がそとに残っていることがありますよね。私は、道に氷があちこちに落ちていると、暑い季節とのギャップに不思議な気持ちになります。

雹は夏や春、秋にも降ることが多いです。俳句などでは「夏」を表現する季語として使われます。

霙(みぞれ)の定義

 

霙は雪と雨が混ざったものです。

 

漢字は雨かんむりに英と書きます。

花びらのように降る様子から作られた漢字です。

 

音読みは「エイ」と読みます。

 

霙は、霰や雹と違い雪になるはずだったものなので、雪の結晶が混ざっています。

 

ですので、霙は雪の仲間になります。

 

雪は私たちが住んでいる地上が0度以下になった時に降ります。

ですので、冬に降るものになります。

 

もちろん季語も冬です。

 

私は霙って雪のなりそこないでベチャベチャしていて、道路もグチャグチャに汚れてあまり好きではなかったのですが、

漢字の成り立ちなどを知ると、とてもキレイな言葉だったんだなと思いました。

 

意味を知ると、苦手なものが好きに変わるときもありますよね!

 

 

雹 霰 霙】それぞれを見分ける方法!

直径が5mm以上かどうかで霰か雹かを見分けられればすぐにわかりますが、直接見て大きさを判断することはとても難しいですよね。

 

まず、雷雨を伴うものは雹である可能性が大きいです。

 

それでも、どちらか判断しづらいという時は、音で判断してみましょう。

 

まず、霰か雹が降ったら、危ないので必ず屋根があるところへ移動してください。

 

そして、屋根や窓、建物に当たる氷の粒の音に耳を傾けてみてください。

パラパラと音がすると思います。またはもっと大きい音かもしれません。

 

ボールでイメージしてほしいのですが、小さいボールよりも大きいボールの方がものに当たった時に大きい音がしたり、

鈍い音がしたりすると思います。

 

そんなふうに、霰と雹も聞き分けてみてください。

 

または、もし安全なところから、降ってきた氷粒を見ることができたら、見てみましょう。

霰なら、地面に落ちた時にもう溶けてしまうかもしれませんが、雹なら、大きいものは地面に氷粒として残っていると思います。

 

大きめの氷が残っていたら雹ということになりますね。

 

また、冬に雪だと予報があったのに、雪と雨の混ざったようなものが降っていたらそれは霙になりますね。

 

雨だと思ったら雪交じりのものが降っていた時も霰ですね。

まとめ

 

・霰(あられ)は氷の粒の直径が5mm未満のもの

・雹(ひょう)は氷の粒の直径が5mm以上のもの

・霙(みぞれ)は雪と雨が混ざったもの

・霰と雹は大きさで見分ける

 

スマホの文字で見ると漢字が細かくて潰れてしまいますが、漢字の成り立ちや意味を知るととても覚えやすいです。

 

漢字自体は難しくないので、覚えてしまったらサラッと書けます。

何かのタイミングで書けたら、友達にも一目置かれてしまいそうで、ちょっとした自慢にもできますよ。

 

空を見て「あ、今日は霰が降ってるね」なんて言えたら、とても情緒があり、素敵です。

雨は気分が落ちてしまいがちになりますが、気持ちに余裕が生まれそうですね。

 

日本は四季が豊かな国ですので、季節を表す言葉や漢字がたくさんあります。

そういったものを知っていくことが、心の豊かさにつながりそうです。

 

毎日を楽しく過ごすヒントを増やしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください