もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

こたつが焦げ臭い本当の理由、嫌なにおいの原因と誰でもできる対処法

冬寒くなってくると欠かせないこたつ。ついつい暖かいこたつから出るのが億劫になってしまいますよね。

ん?こたつなんか焦げ臭い?とこたつの焦げ臭さに困っている方もいるのではいないでしょうか。

この記事を読むことで、こたつの焦げ臭さについて、焦げ臭さの原因は?どう対応すればいいの?と言う疑問を解決することができます!

こたつが焦げ臭い原因

久しぶりにこたつを出して温めてみたら焦げ臭い!! でもこの焦げ臭さもある程度時間が立つと多くの家庭では焦げ臭さが無くなっていると思います。

こたつが焦げ臭い原因はどこからやってくるのでしょうか?

結論から言うと、ほこりが原因です。しばらく使用されていないこたつの内部にはほこりが意外にも細かいところに入り込んでいます。

そのほこりや細かいごみなどが加熱部によって熱せられ焼け焦げているため、焦げ臭いにおいが発生してるんです。

ある程度こたつを使っていると焦げ臭さが無くなってくるのは、こたつの内部に溜まっていたほこりや細かいごみが燃え切ってこれ以上焦げないからです。

しかし いつもよりこたつ内部の温める温度を上げた時にまた焦げ臭いにおいが出てくるはずです。

このこたつの焦げ臭さはほこりや細かいごみが燃え切るのを待たずとも取ることができるんです。

こたつの焦げ臭さをとる方法

こたつを出してきた後すぐに使用するのではなく、ヒーターユニットの掃除をしましょう。

ドライバー一本あれば外すことができるのでヒーターユニットを取り外し、掃除機などでほこりや細かいごみを吸い取りましょう。

細かくて指が届かないところには綿棒や竹ぐし、つまようじなどで取るといいですよ!

ヒーターユニットにほこりや細かいごみが溜まりすぎると加熱部の加熱によって発火させる可能性もあるので、焦げ臭さもとりつつ自分の身のためにも使う前、使った後にはしっかりと掃除をしてあげましょう。

こたつの焦げ臭さ以外においがする3つの原因

焦げ臭さは取れたけどこたつから嫌な臭いする…って思っている方も少なくはないと思います。なんだかこたつが臭い…その原因は沢山あるんです。

・こたつ布団

・足

・猫や犬

具体的にはこれらが考えられると思われます。

1.こたつ布団

こたつ布団はこたつ同様冬場になるまでは押入れなどで保管している家庭が多いのではないでしょうか?

日本は非常に湿度の高い国です。その上通気性の悪い押入れなどで長い間保管されていますと、カビや菌が繁殖されてしまい臭いの元となっています。

また小さいお子様がいる家庭でよく見られるのですが、食べ物や飲み物をこぼしてしまいそのまま放置をしてしまうと嫌な臭いが発生してしまいます。

押入れにしまう際には綺麗に洗いしっかり乾かしきってからしまうことを心がけましょう。

こたつ布団は大きくて分厚いものが多いでの家庭で洗うのが億劫でついつい洗わずにしまってしまうかもしれませんが、コインランドリーやクリーニングに出すのも1つの選択だと思います。

しかしコストがかかってしまうため、そのコストが気になる方は、浴槽に水を溜め、こたつ布団と洗剤を入れて足踏みで洗ってあげるとしっかりと汚れが取れます。

小さいお子様がいる家庭は子供と一緒に足踏みをして楽しみながらお掃除するのも良いと思いますよ!

また、しっかりと洗濯した後は除湿グッズなどを活用して湿度を出来るだけ抑えてカビや菌が繁殖しないよう気を付けましょう。

2.足

暖かいこたつからついつい出てこられない方も少なくはないと思います。こたつは布団で空気が逃げないようになっているため、暖かい状態が保たれ菌が繁殖しやすい環境です。

さらに足が汗ばむことにより菌が多く繁殖されるので、個人差はありますが、1日履き続けた靴下のままこたつに入ってしまうと臭いが発生してしまったり、広がってしまったりしてしまう可能性あります。

そのため、靴下を履き替えたり除菌シートで足を拭くなどすると良いかもしれません。

3.猫や犬

猫や犬を飼っているお家ではペットのよだれなどによるこたつの嫌な臭いが発生しているかもしれません。

その際にはペットの歯磨きを入念ししてあげることや、ペットにひなたぼっこをさせて菌ができるだけ繁殖が減るようにしましょう。

また動物の毛がつきにくい素材のこたつ布団を選んだり、ころころや掃除機を定期的にかけてこまめに掃除をすると良いですよ。

まとめ

家族団欒の場のこたつみんなが嫌な臭いに悩まされずに心地よく使えるよう、ヒーターユニットのお掃除や、こたつ布団の洗濯、綺麗な足の状態でこたつに入る、ペットの歯磨きや日向ぼっこをして口臭や菌の繁殖を防ぎましょう。

時間がない場合は消臭スプレーなども活用してみましょう。しかしヒーターユニットのゴミつまりの場合火災を起こしてしまう可能性もあるので、むやみに消臭スプレーをするのではなく、臭いから原因を探して正しい対処法を心がけましょう。

心地よく安全にこたつでの良いひとときを過ごしましょう。