もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

【おでんのカロリーと低カロリーネタ】痩せるために心がけるポイント

冬になると恋しくなるおでん。おでんは秋の始まり頃からコンビニで見かけるようになってきます。

おいしそうな匂いに誘われてついつい買ってしまいますよね。優しい味がしみ込んだ大根にロールキャベツにこんにゃく・・・

お店によっては変わり種が豊富で目移りしてしまいます。店頭ではカロリーの低い食べ合わせ等のPOPが掲示されています。ダイエットをしている方は気にされるのではないでしょうか?

この記事では、おでんの具のカロリー、ダイエットに向いているのか、ダイエットに適した食べ方をご紹介していきます。

おでんの具のカロリー

初めに代表的なおでんの具のカロリーを見ていきましょう!コンビニごとにご紹介いたします!

セブンイレブンのおでん

大根       9Kcal

しらたき     9Kcal

こんにゃく   11Kcal

はんぺん    35Kcal

ロールキャベツ 41Kcal

つみれ     43Kcal

牛すじ串    47Kcal

たこ      49Kcal

焼きちくわ   61Kcal

厚揚げ     61Kcal

だし巻き卵   61Kcal

さつま揚げ   63Kcal

がんもどき   82Kcal

ゆでたまご   85Kcal

つくね串    90Kcal

ちくわ     97Kcal

餅入り巾着  132Kcal

ローソンのおでん

大根      10Kcal

しらたき     7Kcal

こんにゃく    6Kcal

三角はんぺん  45Kcal

ロールキャベツ 50Kcal

つみれ     42Kcal

焼きちくわ   38Kcal

絹厚揚げ    74Kcal

だし巻き卵   71Kcal

さつま揚げ   59Kcal

がんもどき   60Kcal

ゆでたまご   80Kcal

ちくわ     38Kcal

餅入り巾着  105Kcal

昆布巻      3Kcal

しらたき     7Kcal

かにかま    37Kcal

ごぼう巻    40Kcal

つみれ     42Kcal

じゃがいも   54Kcal

しょうが天   64Kcal

ウインナー巻  74Kcal

焼とうふ    75Kcal

肉詰めいなり 103Kcal

さぬきうどん 228Kcal

 

ファミリーマートのおでん

大根       8Kcal

しらたき    12Kcal

こんにゃく    9Kcal

玉串こんにゃく 10Kcal

昆布巻き    11Kcal

しらたき    12Kcal

つみれ     39Kcal

牛すじ     40Kcal

かにかまボール 52Kcal

焼きちくわ   53Kcal

エビ握り天   56Kcal

がんも     56Kcal

ごぼう巻き   59Kcal

さつま揚げ   73Kcal

たまご     73Kcal

肉いなり    74Kcal

ちくわぶ    78Kcal

ニラ玉揚げ   79Kcal

まる天     80Kcal

だし巻き卵   82Kcal

ウインナー巻  96Kcal

厚揚げ    103Kcal

餅入り巾着  111Kcal

ざっと並べてみただけでも、どこのコンビニも種類が豊富に並べられています。

カロリーだけ見てもおいしく食べれる気がしなくなってきますね・・・次にカロリー順にご紹介します。

低カロリーな具材(20Kcal未満)

・大根

・こんにゃく

・しらたき

・昆布巻き

低カロリーな具材(20Kcal~50Kcal)

・牛すじ

・つみれ

・ちくわ

・はんぺん

高カロリーな具材(50Kcal~80Kcal)

・じゃがいも

・さつま揚げ

・がんもどき

・玉子

・とうふ

さらに高カロリーな具材(80Kcal以上)

・ウインナー

・厚揚げ

・餅巾着

大まかな区分になります。カロリーは具材のサイズなどにも左右されますので、必ずしもこの上記のカロリーになるとは限りません。

おでん=ダイエット

おでんはダイエットに向いていると聞く方も多いのではないでしょうか?おでんがダイエットに向いている理由について説明をします。

ダイエットに向いて言われる理由は簡単に3つです

①低カロリーな具材が豊富

②ダシや味付けが低カロリー

③栄養補給に優れている

上記の高カロリーな具材を除けば低カロリーな食材が多いです。味付けも薄味でたくさんの調味料を使わず、摂取カロリーを抑えることに適しており、なおかつ手間のかからない料理です!

おでん一人分で大体300Kcal未満になります。具材をしっかりと選べば200Kcal未満に抑えることができます。

おでんは野菜を積極的に取ることができ、様々な具材を選べることからバランスよく栄養が摂れることになります。

こんにゃくやしらたきは食物繊維が豊富でダイエット食での定番でもあります。練り物や玉子、牛すじ、豆腐などからはタンパク質が摂れます。

ダイエットでカロリーを減らそうとして食事制限をしなくてもおでんを考えながら選ぶだけで不足した栄養を補給することができ、無理せずカロリーを絞ることができます。

栄養が不足したり健康や美容に影響が及び、最悪の場合リバウンド!なんてことにもつながってしまいますので、おでんを食べて栄養管理をしてみましょう!

ただし、低カロリーだからと言って気にせず食べては元も子もありません・・・

おでんにも欠点があり、ビタミンCなどの一部ビタミンが補給できる食材がない事と、塩分が高いので食べすぎには注意しましょう。

葉物野菜や果物を摂取して、塩分が多い練り物や汁を摂取し過ぎないように心がけましょう。

ダイエットに適した食べ方

高カロリーな具材は避ける

カロリーが少ないとはいえ、おいしいものにはカロリーが詰まっています。

玉子やとうふ、じゃがいもは比較的高カロリーですが、栄養が豊富で食べないより食べたほうが良いです。腹持ちも良くなります。

餅巾着や厚揚げ、練り物等は栄養面でメリットがあるわけではないのでダイエットを気にしている方は極力避けましょう。

ご飯と一緒に食べない

おでんをご飯のおかずとして食べる方も多いのではないでしょうか?しかし、ダイエット中にはNG行為です!

ご飯は一膳で270Kcalほどになるので、おでんで抑えてもカロリーが高くなってしまいます。なので、ご飯を一緒に食べてしまうと摂取カロリーを大幅に超えてしまいます。

ご飯の糖質はおでんのジャガイモや練り物で補えますのでご飯は我慢しましょう。

いろんな食材を食べる

ダイエット中には栄養が偏ってしまうため、いろいろな食材を食べましょう。

低カロリーなこんにゃくや大根ばかりではなく、玉子やジャガイモ、豆腐なども積極的に食べましょう。

まとめ

・おでんの具のカロリーはものによる。

・おでんは、低カロリーな具材が豊富で、ダシや味付けもカロリーが少なく、栄養補給にも優れているため、ダイエットに向いている。

・ダイエット中は、高カロリーな具材は避け、ご飯は我慢し、いろんな食材を食べることが大事。

低カロリーな食材だけ食べるのは栄養面でも偏りますが、食欲やお腹が満たされないこともありますので楽しみながら食べましょう。

高カロリーな食材ばかり食べなければおでんでカロリーを取りすぎることはあまりありません。おいしいおでんを遠慮なく、気後れすることなく食べられますね。

おでんと合わせてビタミンの補給もしっかりとできるとダイエットには心強い味方になってくれることでしょう。今年の冬も、おでんを食べてほっこりと温まりましょう。