もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

敬語「伺う」の意味と正しい使い方| ビジネスメールでの表現方法も解説

大人になると、敬語を使う場面が増えますよね。仕事をする上で、切っても切り離せない敬語。

この記事では、その中でも頻繁に使用する「伺う」について、その正しい意味と使い方、使う際の注意点、ビジネスメールで使う時の注意点などをご紹介します。

この記事を読めば、「伺う」の正しい使い方がわかり、使い方を迷ったり、間違えて恥ずかしい思いをすることはなくなるでしょう。

「伺う」は謙譲語

「伺う」は謙譲語です。「謙譲語とは何か」を知る前に「敬語」について確認しておきましょう。

まず、敬語は大前提として目上の人を敬う表現です。上下関係を示す表現と言っても良いでしょう。

目上である相手の言動を立て、自分側の言動をへりくだることで、相手への敬意を示します。

そして、敬語には次の三種類があります。尊敬語・謙譲語・丁寧語です。それぞれを使用するシチュエーションを一つずつ確認してみましょう。

尊敬語

尊敬語は、目上である敬意を示すべき相手の言動を表現する際に使う言葉のことです。つまり、上司や先生、取引先の言動や所有物を表す際に使用します。

「お名前」という表現もその一つです。自分の名前を名乗るときに「私のお名前は……」とは言わないですよね。

謙譲語

謙譲語は、自分側の言動をへりくだることで相手へ敬意を示すことができる言葉を指します。つまり、同僚や家族、自社の言動や所有物を表す際に使用します。

丁寧語

丁寧語は、丁寧な気持ちを表現する際に使う言葉のことです。こちらは、ものごとをより丁寧に表現するだけなので、人に対する敬意は含まれません。よく言われる「ですます調」がこれに当たります。

この三種類の中の尊敬語と謙譲語は、言動の対象によって使い分ける必要があります。また、この二種類には、敬語表現でしか使用しない動詞があります。

つまり、尊敬語としての動詞は、謙譲語に発展することはありません。また、謙譲語としての動詞も同じく、尊敬語に発展することはありません。

意味をきちんと理解していないと、曖昧な使い方をしてしまい結果として失礼になってしまう可能性があるので注意が必要ですね。

今回の「伺う」は、その中の一つで謙譲語としてしか使えません。つまり、自分側(へりくだる側)の言動にしか使用できないということです。

「伺う」の正しい使い方

それでは、実際に「伺う」を使う場合を考えてみましょう。「伺う」という言葉には、大きく分けて「聞く」と「行く」という2つの意味合いが含まれています。

「聞く」という意味の「伺う」

「(すでに)聞いています」は「伺っております」と表現します。「聞いても(尋ねても)いいですか」は「伺ってもよろしいですか」となります。

「行く」という意味の「伺います」

「行きます」は「お伺いいたします」と表現しますが、「お伺いいたします」は『二重敬語』と言われることがあります。

しかし、現代の日本では使っている人も多いため許容されています。実際のところ、違和感を感じる方も少ないでしょう。

ちなみに、『二重敬語』とは、同じ種類の敬語を二つ以上使用する表現のことです。尊敬語と尊敬表現、謙譲語と謙譲表現の足し算のような状態ですね。

たとえば、「召し上がる(尊敬語)」「お〜なる(尊敬表現)」で「お召し上がりになる」とかです。

しかし、これも日常でよく耳にしますし、現代の日本であれば気にしないでも問題のない表現です。

ちなみに、現代でも違和感を感じる表現は「〜れる」という尊敬表現を足したときに起こりやすいです。

「お召し上がりになられる」「いらっしゃられる」と聞くと、違和感がありますよね。

どちらの場合も慣れない尊敬語を使おうとした結果として、違和感のある『二重敬語』という過剰な敬語表現になってしまっています。

しかし、怖がって使うことを躊躇っているといつまでも慣れないので、「間違いを指摘されたら直す」くらいの気持ちでいる方が良いのかもしれません。

二重敬語は、目上の人を敬う気持ちは十分伝わりますし、それ自体が失礼にはほとんどなりません。習うより慣れろ、ということですね。

ただし、尊敬語と謙譲語を間違えると失礼に当たりますので、そこはしっかり学んでおきましょう。

「伺う」を使うときの注意点

必ず自分側の言動に使う

「伺う」は謙譲語ですので、自分側(へりくだる側)の言動にしか使用できません。

つまり、「行く」という行動をするのが目上の人の場合に「伺う」とはならないということです。この場合の正しい表現は「いらっしゃる」や「おいでになる」です。

「参る」との使い分け

「行く」という意味の謙譲動詞には「参る」があるので使い分けが必要です。この使い分けは、相手の有無で考えると良いでしょう。

「京都に旅行に参ります」は単に「京都に行く」という意味合いで使います。「京都」が目的地のイメージです。

それに対して「京都に伺います」は「京都にいる相手のもとへ行く」という意味合いが含まれます。

「京都にいる相手(のいる場所)」が目的地というイメージですね。また「参る」には「一緒に行く」という意味合いもあります。

「一緒にいきましょう」という意味合いで「(一緒に)参りましょう」とすることができるということです。この場合は相手がいるので、少しややこしいですね。

「伺う」をビジネスメールで使う時の表現

口頭での使い方とメールでの使い方に大きな差はありません。しかし、複数の意味合いで使用することができる「伺う」をメールで使用する際は配慮が必要な場合があります。

口頭であれば表情や仕草で伝わる細かなニュアンスが伝わりにくく、紛らわしい文章になることがあるためです。

その点に配慮した言い回しが出来ると、相手にも内容が伝わりやすいでしょう。

たとえば「あとで聞きます」と言いたい場合に「後ほど伺わせていただきます」とすると、「あとで行きます」という意味に捉えることもできてしまいます。

これでは、こちらの意向が伝わりにくく、相手に対して失礼に当たる可能性があります。「聞く」という意味合いの謙譲語は「伺う」の他に「お聞きする」という表現があります。

この表現であれば確実「聞く」という意味で伝わります。先程の例も「後ほどお聞きさせていただきます。」とすれば良いですね。よく使う表現として下記のようなものがあります。

・「ご意見を伺いたいのですが、少々お時間をいただけないでしょうか」

・「御意見をお聞きしたく、ご連絡した次第です」

また、「~について聞きたい」と言いたいときは

・「~について伺いたい」

・「~についてお聞きしたい」

の他に

・「○○についてご教示いただきたい」

という表現があります。この表現であれば「教えてほしい」という意味合いも含ませることができます。

まとめ

・「伺う」の敬語の種類は、『謙譲語』。

・「伺う」は、「聞く」「行く」の意味合いで使用できる。

・「伺う」は自分側(へりくだる側)の言動にしか使えない。

・「伺う」をビジネスメールで使うときは少し配慮が必要。

言葉の表現の仕方は時代によって変わります。時代劇で聞くような話し方を現代はしないことが良い例でしょう。敬語表現も時代によって変わっていると感じます。

現代の日本人らしく、日本語の『敬語』という文化をきちんとつかいこなしたいものです。