もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

日焼け止めが服について汚れた時の対処法 | 心がけるべき注意点と対策

夏場や紫外線が強い日などに使用される日焼け止め、便利ですよね。顔や身体はもちろん、徹底している人はデコルテや首の周りにもしっかりと塗りますよね。

でもそんな便利な日焼け止めですが、服の襟や裾についてしまって汚れてしまったという経験はありませんでしょうか?

服に日焼け止めがついてしまった時は普通に洗濯をするだけでは落とすことが出来ません。しっかりとした手順を踏んで汚れを落とさなければなりません。

この記事では、日焼け止めが服についてしまった時の対処法、日焼け止めが服につくのを防ぐ方法、日焼け止めを使う時のや注意点を紹介いたします。是非参考にしていってくださいね!

日焼け止めが服についた時の落とし方

まず今の日焼け止めの主流は汗をかいても落ちないウォータープルーフタイプです。これが普通に洗っただけでは落とすことが出来ない原因です。

加えて一口に服に日焼け止めがついたといっても、様々なシチュエーションが考えられます。例をあげるとしたら以下の3つになります。

・白色のシミ汚れ

・黄色のシミ汚れ

・赤色のシミ汚れ

これらのどのシチュエーションによるかで対処法が変わってきますので注意しましょう。それでは以下に詳しく見ていきましょう!

白色のシミ汚れ

これはまだ日焼け止めがついたばかりの状態です。このようなシミを見つけた場合は早急に対処するべきです。

日焼け止めは油性なので洗濯出来る服ならその汚れた部分を集中的に洗った方がいいでしょう。液体洗剤の原液や中性洗剤を使えば落ちるはずです。

もし汚れが完全に落ちなかったり、洗濯できない服であれば化粧落としを使いましょう。やり方は以下の通りです。

<通常の場合>

① 台所用の洗剤とクレンジングオイルを同じ分量だけ混ぜます。

② 乾いたタオルを服の下に敷いて、いらない歯ブラシに①をつけて染み込ませます。

③ 染み込ませたら、タオルをずらしながら歯ブラシで軽くゴシゴシしたり叩いたりして汚れを落とします。

④ ある程度乾いてきたら水をつけて③を繰り返します(お湯は定着する恐れがあるためNG)

⑤ 最後にドライヤーで乾かせば終了です。

<外出時に気づいたら>

① シミの水分をティッシュで吸収する

②乾いたハンカチをシミの下に当て、軽く叩いて汚れを移す

もし近くにトイレがあれば

③シミに石鹸もしくはハンドソープを塗る

④シミがだいたい落ちたらすすぐ (お湯が望ましい)

もし上記でも落ちなければ、ベンジンという方法もあります。これは④のような水を使わずに優しく叩いた後、輪郭が現れたシミの周りを叩いてぼかしていく方法です。

ただし、この方法は服の繊維を傷つけたり、色落ちしてしまうことがあるので丁寧に行わなければなりません。

自信がないのであれば、化粧落としの方法を行って、それでも落ちなければクリーニングに出しましょう。

黄色のシミ汚れ

日焼け止めは服についてからしばらく時間が経過すると黄ばんできてしまいます。これは成分として含まれている紫外線吸収剤が原因です。

汗が染みたものとは違ってわかりやすく黄色いので、こちらも気づいたら早めに対処するようにしましょう。

時間が経つほど落ちにくくなるので、気づいたらすぐ処置しましょう。また、日焼け止めがついたまま洗濯をすると、その部分が黄ばんでしまうので注意が必要です。

この汚れも白色のシミ汚れ同様に集中的に洗うべきですが、白色のシミ汚れと違ってシミの定着化が進行している状態です。

そのため洗剤でもいいのですが、より確実に汚れを落とすなら漂白剤を使用することをおすすめします。

注意点としては「酸素系漂白剤」を使用することです。「塩素系漂白剤」を使用してしまうと逆にシミが悪化してしまう恐れがあります。

直接シミになじませ、5〜10分ほど放置してから洗濯すればOKです。それでも落ちない場合はベンジンを使ってみましょう。

ベンジンはとても強力なので劇的に落とすことができます。触れると危険なので必ずゴム手袋をつけましょう。

  • タオルをシミの下に当て、ベンジンを綿棒につけてシミ部分に塗る
  • 服を揉み込み、下のタオルに汚れを移していく
  • 汚れが取れたらすすぐ

これで黄色のシミは取れます。ベンジンが肌に触れないように気をつけてくださいね。またベンジンは強力なので生地を傷めたり、色落ちすることがあります。

大事な服や、不安な場合はクリーニングに持っていったほうがいいですね。また、水洗いできない服もクリーニングにお任せした方がいいですね。

赤色のシミ汚れ

先ほど「塩素系漂白剤」を使用してはいけないと述べました。何故かというと、日焼け止めは塩素系漂白剤を使用すると赤色のシミ汚れになってしまうからです。

つまり、日焼け止めが付着しているのに気づかずに漂泊してしまった場合に出来るのが赤色のシミ汚れになります。

ですが、これは生地そのものが変色したわけではないので落とすことは可能ですのでご安心ください。

方法としては、水で洗って絞った後に、白色のシミ汚れの時と同じ要領で洗濯しましょう。一回で落ちなくても数回繰り返せば落ちていくはずです。

①水洗いを行う(塩素系漂白剤が残らないように)

②黄ばみの対処方法と同じ作業でシミを洗う

③ ①と②を数回繰り返す

「どうしても汚れが落ちない」となれば、ケイ酸塩入りの固形石鹸がおすすめです。やり方は以下の通りです。

① 洗面器にぬるめのお湯を入れて、石鹸をすり入れて軽くもみ洗いをする。

② 色が無くなるまで放置した後に、すすぎ洗いや洗濯機にかけて完了。

 

日焼け止めが服につくのを防ぐ方法

それでは、そもそも日焼け止めが服につくのを防ぐ方法は何なのでしょうか?ポイントを4つに分けてまとめました。

1.ジェルタイプの日焼け止めを使う

ジェルタイプの日焼け止めは普通よりも服につきづらいです。気になる人にはクリームタイプやミルクタイプよりもオススメです。

2.ベビーパウダーを使う

また、どんな日焼け止めでも塗った後に「ベビーパウダー」を塗るだけで服につかなくなります。芸者さんが実際に行う方法として有名ですね。

これの方法は肌荒れの予防、肌のベタつき防止、毛穴を隠す、などの良い効果がたくさんありますよ。ベビーパウダーは普通の洗濯で落ちるので安心ですね。

3.紫外線吸収剤の入っている日焼け止めを使う

その他にも服につかないタイプの日焼け止めもあります。

日焼け止めには紫外線吸収剤が入っているものと入っていないものがあり、この吸収剤が入っているものは比較的服が白くなりづらいです。

しかし、吸収剤アレルギーの方もいるので注意が必要です。

4.飲む日焼け止めを使う

どうしても服につくのが心配なときは、飲む日焼け止めを使用する方法もあります。

飲む日焼け止めとは「フェーンブロック」や「ニューとロックスサン」という成分を含んだ飲み物で、これを飲むことで塗らなくても日焼け止め対策ができるといったものです。

飲む日焼け止めはアンチエイジングにも効果があり、そのために飲んでいる人も多いですね。

日焼け止めを使う時に心がけること

最後に日焼け止めを使う時に心がけることを紹介いたします!

上記のベビーパウダーも大切ですが、特別なアイテムを使用せずとも服につくのを防ぐ方法があります。それが以下の3つの方法ですので是非参考にしてください。

・時間をおいてから服を着る

・ジェルタイプを使用する

・使用する量を減らす

時間をおいてから服を着る

日焼け止めが肌になじむ前に服を着てしまうと服についてしまいます。

なので、しっかりと肌になじむまでは服を着ないようにしましょう。単純な方法ですが、それだけで服につくのを防ぐことが出来ます。

ジェルタイプを使用する

変色しやすいウォータープルーフタイプではない日焼け止めを使用すれば服につくのを防ぐことが出来ます。

その中でも肌によくなじむジェルタイプはおすすめです。塗った時にベタベタしませんし、普通に洗濯しただけでも汚れが落ちやすくなりますよ!

使用する量を減らす

日焼けを極端に嫌う人は、日焼けを防ぐために日焼け止めを多量に使用している場合があります。

まず基本的にパッケージなどに書いてある使用量は絶対に遵守し、それでも服につくのであれば少し量を減らして使用しましょう。

沢山使用すればその分服につく可能性が高まりますので気をつけましょう。

まとめ

・白色のシミ汚れは液体洗剤の原液や中性洗剤を使用し、それでも落ちなければ化粧落としを使用する

・黄色のシミ汚れは酸素系漂白剤を使用する

・赤色のシミ汚れはケイ酸塩入りの固形石鹼を使用する

・日焼け止めが服につくのを防ぐにはベビーパウダーを使用する

・アイテムを使用せずに服につくのを防ぐには、「時間をおいてから服を着る、ジェルタイプを使用する、使用する量を減らす」の3つがある

今回は日焼け止めが服について汚れた時の対処法や注意点を紹介しました。以上の点に注意して、上手に日焼け止めを使っていきましょう!