もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

日焼け止めを塗らないで色白になる方法 | 紫外線も同時に対策

紫外線対策として日焼け止めを塗るのは当たり前。もはやなくてはならないものです。

でも、日焼け止めってけっこう塗るのがめんどうくさかったり、塗り残しになったり使うのがいやになったりして、もっと簡単に紫外線対策をしたいと思う時があると思います。

そこでこの記事では、日焼け止めを塗らずに色白になれる理由と方法、日焼け止めを塗る方法以外の外出時の紫外線対策についてお話ししていこうと思います。

日焼け止めを塗らないで色白を保つことができる理由

日焼け止めを使う以外に色白なるのは無理だ、出来るの?という疑問などを持っている方に言います!実は色白になることはできます!

なぜかというと、日焼け止めにはお肌を乾燥させたり肌あれを引き起こす成分入っているんです!あまり知られてはいませんが。

だから日焼け止めを塗るのやめるだけで色白になることや色白だけじゃなく、美白効果なんてものを期待できちゃうんです。

これだけを聞くと、今まで日焼け止めをめんどうくさいと感じながら毎日塗っていたのはなんだったんだとバカらしく思いますよね。

ですがかしこい皆さんは、じゃあ、日焼け止めを塗らないでどうやって紫外線対策をするの?という新たな疑問を持つと思いますので、その疑問点にお答えしていこうと思います。

日焼け止めを塗らないで色白を保つ方法

サプリメントタイプの日焼け止めを活用する

まず一つ目ですが、日焼け止めには色々な種類があるのは知っていると思います。

塗るタイプの日焼け止めはもちろん、塗るタイプよりも扱いやすく使いやすいスプレータイなど本当に様々なもので出てきいる中でも、飲んで紫外線対策ができる日焼け止めをオススメします。

飲んで紫外線対策が出来る日焼け止めはサプリメントとして販売されています。

お肌に優しく、塗るタイプの日焼け止めの時のような塗り残しを気にしないで、気軽に飲んだだけで全身の紫外線対策ができる優れものなんです!

この飲んで紫外線対策ができる日焼け止めだけで、塗るタイプを浸かっていた時のめんどうくささや、煩わしさとおさらばできるなんて強すぎる。

色白・美白効果が期待できるものを食べる

そして二つ目はこちら、普段の食事で色白・美白効果を手に入れることができちゃいます。

普段何気なく食べているものや気にせず口にしているものを変えるだけで色白・美白効果が期待できると思うと嬉しいですよね!

それに、最近では健康志向の流れが強いのでこれを機にダイエット効果も手に入れることが叶うかもしれません。

そんな夢のような効果をもたらしてくれる食べものを詳しく見ていこうと思います。

まず、紫外線対策といったら外せないビタミンCから見ていこうと思います。このビタミンCを含む食べ物は

・レモン

・みかん

・いちご

・キウイ

などの食べものから得ることができます。このビタミンCはコラーゲンを作る力があり、紫外線のダメージを受けにくいお肌にしてくれる素晴らしい力があります。

続いては、紫外線で受けるもので多いしみ、ソバカス。これらの原因となるメラニンの力を抑えてくれる食べものがこちらです。

・トマト

・スイカ

・ザクロ

・ナッツ類

・ラズベリー

などの食べものがしみやソバカスを抑えてくれます。この他にも紫外線対策の食べもの沢山あるので、興味をもって方は調べて頂けるとありがたいです。

日焼け止めを塗る方法以外の外出時の紫外線対策

ここまでは日焼け止めを塗らなくても色白になるコツをお話ししましたが、紫外線対策は何も日焼け止めだけしかない訳じゃないですよね?

そこでお次は、日焼け止め以外に紫外線対策は何があるのかを見ていこうと思います。紫外線対策でよく聞くのは日傘、帽子、長袖を着るなんかはよく聞きますよね。

長袖はUVカット機能がついたものを選べば紫外線対策はバッチリだし、羽織ものでUVカット機能がついたものを選べぶと夏は使い勝手がいいですよね。

帽子はつばが長いものや広いもので顔が紫外線から守られるものだと紫外線対策がしやすいです。

そして色は黒色を選ぶと紫外線対策としてはより一層効果が期待できます。黒色には紫外線カット率が1番高いことで有名なんです。

そうして1番お肌に大切なことそれは、保湿をしっかりすること!やっぱりお肌には保湿をすることは紫外線対策のためにとういよりお肌を守るために必須です。

水分量が少ないいわゆる乾燥肌は紫外線の刺激にとても弱く、日焼けしやしい肌になっていきます。

なので逆に、お肌にたっぷり水分量があり弾力のあるお肌作りを目指すと紫外線に強く日焼けしにくいお肌を作ることができます。

ですが、保湿のやり方を間違えると乾燥肌を加速させることもあるので保湿系のパックや、コットンを使って保湿する場合は長時間お肌に当てず、3分~5分を目安に保湿をすることをおやすす

まとめ

・飲む日焼け止めのサプリメントで紫外線対策をする

・普段の食事から紫外線対策やお肌にいい食べものを摂る

・日傘やUVカット機能がついた羽織りや長袖を着る、帽子を被って対策する

日焼け止めを塗らないで色白を保つコツと方法をご紹介しました。これらをに気を付けて気にしながら紫外線対策や夏をのりきりましょう!