もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

「成長期の筋トレは身長が伸びない」は根拠なし|知っておきたい本当の知識

子供の筋トレは良くない。身長が伸びなくなると聞いたことはありませんか?

実際、体操選手やボディビルダーなんかは小柄な人が多いように見えますし、子供のうちから筋肉をつけてしまうと身長が伸びにくいのは本当なのだろうと私も思っていました。

でも、例えば子供がオリンピックを見て、自分もこのスポーツをやりたいと言った時に『それは身長が伸びないからやめなさい』なんて言いたくはないです。

この記事では、筋トレすると身長が伸びないといわれている理由、身長を伸ばしたい人が避けるべき筋トレと心がけることについて探ってみたいと思います。

この記事を読めば、筋トレと身長の関係性がわかり、スッキリすること間違いなしです。

成長期の筋トレすると身長は伸びないの?

筋トレすると身長が伸びないと言う通説は、あまり信憑性がありません。

成長軟骨に負荷がかかりすぎるものや、上下方向の動作には注意が必要ですが、筋トレで身長が伸びないと言うわけではなさそうです。

本当にそうなのでしょうか。それならどうしてこんなに今まで筋トレと身長の関係が気にされてきたのでしょうか?

成長期に筋トレすると身長が伸びないといわれる理由

この理由としては、「筋トレをすると太くなった筋肉が骨を押さえつけて成長を妨げるから」ということが挙げられるでしょう。

しかしこれは専門家の間でも意見が分かれていて、医学的根拠や統計学的な根拠はないようです。

身長が伸びるというのは、実は骨の末端である端と端が伸びているという現象です。この末端は軟骨になっていて「骨端軟骨」と呼ばれています。

この「骨端軟骨」に影響を与える筋トレが、身長の伸びと関係あるのかもしれません。

身長を伸ばす上で避けたい筋トレ

骨を伸ばす組織「骨端軟骨」を損傷させる可能性のある筋トレには、例えば下記のようなものがあります。

・ダンベルを使ったトレーニング

・加圧トレーニング

・うさぎ跳び

・長時間の縄跳びなどのジャンプ動作

など

「骨端軟骨」は柔らかい組織です。成長期に骨端軟骨に強い衝撃がかかると、伸びようとする軟骨が潰れる可能性があります。

上記のような体の一部ばかりに負荷をかけるようなものは避けたほうがいいでしょう。

むしろ筋トレは身長を伸ばす!?

強度の高い運動を行うと、血中の成長ホルモン濃度は200倍程度に増加します。成長ホルモンは、成長期の子供の身長を伸ばしたり、体を丈夫にさせてくれるホルモンです。

ということは、成長期の適度な筋トレは成長ホルモンの働きを活性化させ、身長を伸ばすことにつながっているのです。

とはいえ、上記にあげたような体の一部ばかりに負荷をかけるような筋トレではなく、成長期にあったトレーニングがあるようです。

スクワットや腹筋背筋など、自分の体重を利用して行うトレーニングが理想の筋トレ法と言えます。

身長を伸ばしたい人が心がけること

・肥満に気をつける(空腹時間を作る)

・食生活(MEC食を意識しよう)

・睡眠(ゴールデンタイムの睡眠)

・牛乳の罠(牛乳を飲むと骨が丈夫になるは嘘)

・適度な運動(骨にふたんのかからない筋トレ)

・成長期に身長が伸びるのは、成長ホルモンが分泌され、骨がぐんぐん伸びていくためです。

肥満気味になると成長ホルモンの分泌が鈍ってしまい、身長を伸ばす妨げとなってしまいます。

また、成長ホルモンは空腹時に多く分泌されることもわかっていますので、常に何かを食べているというのもせっかくのホルモン分泌のタイミングを逃してしまうことになります。

そのため、中高生のお子さんは食べ盛りで食欲旺盛なのはわかりますが、空腹の時間をしっかり作り、メリハリのある食事の取り方を心がけましょう。

MEC食というのはmeet肉egg卵cheeseチーズの頭文字をとったものです。これらを食べることのよって骨の成長に必要なタンパク質のほかに、ビタミンミネラルなどの栄養が取れます。

カルシウム補充には、牛乳はやめてちりめんじゃこやひじきなどを取りましょう。

睡眠のゴールデンタイムとは22時から午前2時です。この間に成長ホルモンが分泌されるので、なるべくこの時間帯に睡眠がとれているといいですね。

これまで、カルシウムといえば牛乳という教育を私たちは受けてきました。ですが、これは戦後のアメリカの占領政策の一環で、日本にアメリカの文化を売るために仕組まれたものです。

牛乳が完全栄養食だというのは仔牛にとってのことであり、食材豊かな日本には必要のない文化でした。牛乳は骨をもろくするどころか、骨粗相症や発ガン率も上がることがわかっています。

上で見てきたように、成長期にあった適度な筋トレは身長を伸ばすのにとても重要です。あまり負荷をかけずに自重でできる筋トレをしましょう。

まとめ

・「筋トレすると身長が伸びない」は医学的根拠のないウワサ話のようなものだった

・成長期には負荷をかけすぎたた筋トレは避けた方が無難

・成長期には、自重でできる適度な筋トレが理想

・身長を伸ばすには食生活や睡眠など、生活習慣を見直してみましょう

必ずしも、筋トレをすると身長が伸びないとはいえないということが、おわかりいただけたのではないかと思います。

その代わりに、自重でできる筋トレを取り入れ、生活習慣を見直し、慎重に影響がな範囲でトレーニングができると良さそうですね。ぜひ参考にしてみてください。