もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

テレビ無し生活のメリット・デメリット|考えたいテレビとの向き合い方

ふと思うのです。テレビを見ている時間を他のことに使えたら……と。

ハッキリと『無駄だ』とは言わないとしても、もっと有効な時間の使い方があるのではないか?と思っている方が多いのは事実です。

最近は、『月9』という言葉もあまり聞かなくなりましたし、テレビなんていっそ無くても……?と思うタイミングも多くなりました。

この記事では、テレビの無い生活のメリットとデメリットを確認しながら、テレビとの向き合い方について知ることができます。

テレビ無し生活のメリット

有意義な時間が増える

テレビのある生活というものは、「帰宅したら、なんとなくテレビをつける生活」のことです。多くの人が、帰宅したらテレビをつけ、ニュースでなんとなくその日を振り返るのです。

そこには、もちろん知らなかった情報もあります。明日、知人との話題にあがる話もあるでしょう。それは事実なのですが、その情報を得るためには無駄な時間が必要なこともまた事実です。

コマーシャルを見る時間、興味のない事柄に関するニュースの時間などのことです。また、やらなければならないことを後回しにする理由にテレビを使うこともあります。

「CM明けから、必要な情報が……」「CM明けから、観たいシーンが……」そんなことが日常茶飯事になるのが『テレビのある生活』の醍醐味です。

つまり、テレビは「なんとなく」「とりあえず」で見ている人が多いのです。

そうやって理由を正当化することにより、本来であれば自由に使えるはずであった時間を、テレビに縛られてしまっているのです。

自分で「この時間をどう過ごすか」と考える隙すら与えてくれないのです。しかし、テレビが無ければ、帰って「なんとなく」テレビをつけることが無くなります。

「帰ったらやろう」と思っていたことにすぐに取り掛かることができます。なにより、自分のための時間が増えたり、主体的な時間の使い方をすることができます。

もっと余裕があれば、料理に時間をかけたり、今までよりも丁寧にアイロンがけをしたりできます。お風呂もゆっくり入れることでしょう。

自発的に行動できる

すでにお話ししましたが『テレビのある生活』は、テレビに主導権のある生活なのです。

テレビの都合に合わせて、こちらの欲しい情報が得られることもあればそうでないこともあります。つまり、期待が裏切られることもあります。CMで先延ばしにされたのに……です。

そんな不確かなものに私たちは日々時間を使っているのです。また、「なんとなく」観ていたテレビでなんとも言い難い事件を知ることも多いです。

知らなくても良かった情報に出逢うことも少なくありません。ですが、テレビが無ければどうでしょう。

欲しい情報は自ら調べ、欲しい情報だけ短時間で手に入れることができます。

また、テレビを「なんとなく・ダラダラ」観ていた人ほど、時間がたくさんあることに気づくはずです。

テレビがついていると、1時間はあっという間です。ですが、その1時間もテレビがついていなければ、あれこれ色々出来る1時間になるのです。

物理的に何かをしなくても、ゆっくり何かを考えるでも良いでしょう。とにかく、時間を自分だけのために使うことができるという点において『テレビの無い生活』は有効だということです。

部屋が広くなる

物理的なメリットもあります。テレビだけでもスペースが必要です。大きなテレビであれば、テレビ台も必要となるでしょう。

また、新居に引っ越す際であれば、リビングの雰囲気作りも大切かと思います。テレビが無ければ、それだけで雰囲気作りはぐんと楽になるはずです。

いくらテレビが薄型になったとはいえ、配線は整えなければならないし、それによって家具の位置も左右される場合がほとんどです。

大きなテレビを置くなら、ソファーまではある程度の距離が必要になるのが良い例ですね。

お金の節約になる

電気代も少し関係があるかな?と思います。地域にもよるとは思いますが、24時間テレビをつけていても1日50円くらいです。

50円と聞くと、「そんなものか」と思う方も少なくないのですが、1年だとどうでしょうか。50×365で18,250円です。

お子様にスイッチ買ってあげられるくらいには節約になるということですね。また、NHKの受信料も年間だと約25,000円くらいかかります。

NHKに関しては、「テレビを見る環境がない」ときちんと伝えれば簡単に解約できるので、テレビを無くす場合は必ず解約するようにしましょう。

テレビ無し生活のデメリット

テレビの無い生活のデメリットはただ一つ……『情報の偏り』これに尽きます。これは、情報選択の自由が生まれたことのデメリットとも言えます。

テレビを無くすことで「必要な情報だけ得られるようになった」という反面、「必要な情報しか得られなくなった」というデメリットが発生するのです。

しかし昔に比べると「毎週○曜日の□時からのドラマ」で盛り上がることも少なくなった令和の時代には、さほど問題ではないように感じます。

90年代であれば、昨日のドラマやバラエティを一つ見ていないだけで話題についていけないこともあったかもしれませんが、それはもう30年も前の話です。

情報が溢れすぎた令和時代の今となっては、「自分に必要な情報を取捨選択を上手くすること」が有意義な時間の使い方と言えるでしょう。

テレビとの向き合い方

テレビはなくともインターネットでいくらでも情報は拾うことができる時代です。しかも、インターネットであれば、好きなときに好きな番組の好きな部分だけ選んで見ることもできます。

令和の便利な今であれば、テレビは無くとも何も不便はないと言っても過言ではないでしょう。テレビは、「なんとなく」「ダラダラと」時間を過ごす理由の正当化に使われているようなものです。

しかし、言い換えれば「自分で自分の時間の使い方」に責任を持つことができるのであればテレビはあっても良いと言えます。

つまり、ダラダラと時間を過ごすことが問題なのです。「テレビのせい」だけであれば良いのですが、テレビを無くしたためにSNS依存になってしまうのであれば、意味がないということです。

たとえば、平日に2時間・休日に3時間くらいテレビを見ていたとします。週休2日だと16時間、テレビに費やしていることになります。

テレビを無くしても、他のものに同じ時間ダラダラと時間を費やすことになると週に16時間が「ダラダラと」使われてしまうのです。

まとめ

・テレビのない生活のメリットは、有意義な時間が増える・自発的に行動できる・部屋が広くなる・お金の節約になる

・テレビのない生活のデメリットは、必要な情報しか得られなくなること。

・テレビの有無にかかわらず、自分にとってのダラダラ過ごす時間を見直してみてはどうか。

根本を考えると、問題はテレビの有無では無いのではないか、ということになります。

この記事を読んだことは、自分にとって『有意義な時間』とは『何をしている時間なのか』を考えるきっかけとなるはずです。

それが『テレビを観ている時間』なのであれば、テレビを無くす必要はないでしょう。必要か否かは、誰でもなく自分自身で決めるべきことです。

これはテレビに限ったことではありません。これを機に、身の回りのあれこれについて取捨選択してみると、意外なところで空いた時間が生まれるかもしれませんね。