もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

なめこの賞味期限と保存方法 | 酸っぱいときの対処法についても紹介

ツルっとした独特の食感でお味噌の具材として人気のあるなめこ。少し日数が経ったなめこが酸っぱい!コレって食べられるの??

気になって賞味期限を探しても見つからない(汗)あれ・・・そもそも賞味期限の記載って無いの!?

そもそもなぜ記載が無いのか・・・。それは野菜・果物と同じように生鮮食品だからないのです!安全に食べられるのは一体いつまで・・・?と不安に思われる方も多いはず。

いつもは賞味期限の記載を参考に判断するけど、なめこには無い・・・。じゃあどうやって判断すればいいの?

“見た目の変化?”“匂い?”キノコ(菌類)だし不安のダブルパンチ。せっかく買ったのに無駄にはしたく無いですよね。

この記事では、なめこの賞味期限、上手な保存方法、酸っぱくても食べられるのか、食べられないなめこの見分け方、なめこを長持ちさせる方法についてご紹介します。

なめこの賞味期限

まずは、賞味期限のご紹介。なめこは、生鮮食品で記載義務がないとご説明しましたが、ザックリとした賞味期限の目安が下記のようになります。

冷蔵で保存した場合

・生のなめこは2〜3日

・真空パック(未開封)は1週間以内

なめこは、生なのか真空パックなのか、冷蔵なのか冷凍なのかで賞味期限が異なります。意外なのが、真空パックでも期限は短い!という事。

真空パックだし平気とイメージしてしまいますが、そんな事ありません。買ったなめこはすぐに食べきってしまうか冷凍保存がマストです!続いて冷凍を見て行きましょう!

冷凍で保存した場合

・生、真空パック共に1ヶ月程度

冷蔵保存より少しは長持ちさせることが出来ます!しかし、食感や風味は落ちてしまうので要注意!

なめこの上手な保存方法

冷蔵保存の仕方

生のなめこの場合は、石突は落とさず、ラップで包みタッパーorジップ付き袋に入れて保存しましょう。

真空パックの場合は、そのまま冷蔵庫に入れてOK!開封後は、生のなめこと同様にして保存で大丈夫です!

冷凍保存の仕方

生のなめこの場合は、石突を切り落とし洗わずになどジップ付き袋使い空気を抜いて冷凍庫に!

真空パックの場合は、そのまま冷凍庫にINでも大丈夫ですが、使う量分に小分けしてからしまうと便利です!

なめこ以外のキノコにも言える事ですが、水分に弱いんです。。。保存するときは特に気をつけてくださいね!

なめこが酸っぱいけど食べられる?

なめこの賞味期限が分かったところですが、これはあくまでも目安。具体的にどうなったらアウトなのか深掘りしていきます!

酸っぱいなめこは結論から言うと確実にアウトです!!厳密にいうと、食べられないわけではないけど安全ではないようです。

洗って食べますよ!という方がいるかもしれませんが、酸っぱい=劣化しているということです。食べ頃のなめこは、香りが良く全体的にツヤがあり傘が肉厚です。

型崩れしているものや酸っぱい匂いなどは、収穫から15日以上は過ぎていると考えられます!鮮度が落ちている証拠なので食べないようにしましょうね。

なめこが食べられないときのサイン・見分け方

キノコというものは、香りにフォーカスを当てると一番香りが強い収穫日から日を過ぎるごとに、だんだん減少し、5日ぐらいするとキノコの香りがガクッと少なくなっていきます。

10日を過ぎると、酸味の強い匂いや発酵臭などに変化していくため、まずは、“匂い”でチェックしてみましょう!!

アウトな匂い

・酸味の匂いがする

・発酵臭

アウトな外見

・傘や茎にシワが出る

・湿っぽい

なめこを長持ちさせる方法

長持ちさせるには、冷凍する他ありませんが・・・買う前に少しでも鮮度の高いなめこを購入することは出来ます!

上記を参考に、生のなめこであれば香りが良いものを選ぶことや、真空パックの両方に当てはまるのが “傘が肉厚”“型崩れしていない”“ツヤとハリがある”などが購入前のポイント◎

他にも気をつけていただきたいのが、真空パックのなめこの場合は、保存期間が長いので買う前から劣化しているのも中にはあります。チェックポイントは下記の2点です。

・袋に泡が付いている

・黒ずんでいる

こんな状態のものがもしあったら、買うのを諦めるか他のなめこと見比べて判断して下さい。少しばかりではありますが、新鮮ななめこを手にすることが出来ます!

まとめ

・賞味期限の目安は2日〜3日or1週間

・冷蔵保存する際は、日持ちしないので早めに食べる

・食べられるかどうかは匂いや見た目でチェック

・冷凍保存もできる

収穫すると意外にも日持ちしないなめこ。一番鮮度の良い収穫からスーパーに並ぶまでは時間がかかり、ご家庭で召し上がる美味しいベストタイミングは長くは続きません。

今回は、賞味期限、保存方法などご紹介しました。代表的な味噌汁以外にも、鍋物や天ぷらなどに調理しても美味しく召し上がれます!

余談ではありますが、なめこには、血圧上昇を抑制する働き、腸の働きを助けてくれる食物繊維が沢山含まれています。

また、独特のヌメりには粘膜を保護する作用があり、健康にいい食材の一つですので、是非とも沢山食べたいところ!

ご紹介した見分け方を参考に、安全に美味しく召し上がってください!