もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

烏龍茶の健康効果・ダイエットについて|効果を高める正しい飲み方

今では居酒屋、自動販売機、ファミレスなど、どこでもよく目にする烏龍茶。健康、ダイエットにも良いとされるドリンクですが、実際の効果はどれほどのものなのでしょうか?

この記事をよむことで、今流行りの飲料ダイエットの筆頭、烏龍茶についての健康効果・メリット、ダイエット効果、また効果を高める飲み方について知ることができます。

烏龍茶の健康効果・メリット

烏龍茶について皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?中国のお茶、ダイエット飲料、ウーロンハイ…など日本でも馴染み深い健康飲料です。

もともとは茶葉を発酵させる途中で熱を加えて発酵をあえて止めて作られる中国発祥のお茶です。下記では主な健康効果をまとめました。

むくみ対策

烏龍茶にはカフェインが含まれており、利尿効果があります。そのため、体内の水分の循環も早く、むくみ防止にも繋がります。

アンチエイジング効果

烏龍茶に含まれるポリフェノールにはSOD酵素の働きを助けるため、誰にでもある老化を促進させる活性酸素という物質の減少させる効果があります。

口臭、虫歯予防

烏龍茶に含まれる烏龍茶ポリフェノールには虫歯の発生を助ける酵素の活性化を阻害する効果が認められています。

実際に研究を行ったところ、烏龍茶を食後に飲む人は飲まない人よりも虫歯の原因となるプラークの付着が少なかったと結果が出ています。

そして、烏龍茶に含まれるカテキンやタンニンにも殺菌効果があることから、口内の雑菌の繁殖を抑制し、口臭予防にもつながるのです。

烏龍茶のダイエット効果

烏龍茶に含まれるポリフェノールは、脂質を吸収するリパーゼという酵素の働きを弱めることがわかっています。脂肪が体内で吸収されることなく体の外へ排出されるのを促すのです。

上記に加え、烏龍茶には普通のお水よりもエネルギー消費量が高いことが知られています。

一杯の烏龍茶でおよそ40キロカロリーちかくのエネルギー消費量が認められており、体脂肪は1グラムで約7キロカロリーのエネルギーを保有しているので、たった一杯で6グラムの体脂肪減量に繋がります。

こういった要素から烏龍茶はダイエットに適しているというわけです。そして普通の烏龍茶よりもさらに効果が認められているのが黒烏龍茶です。

烏龍茶には脂肪の吸収を阻害する烏龍茶ポリフェノールが含まれておりますが、黒烏龍茶は特に脂肪の吸収を抑える作用の強い烏龍茶重合ポリフェノールが多く含まれております。

そのため、特定保健用食品(トクホ)にも指定されており、脂肪の吸収を抑える食品としては折り紙付きの効果がある飲料です。

特にダイエットを目的として飲む方には、それに特化した黒烏龍茶がおすすめです。飲み続けることによって血中中性脂肪を減少させたり、体脂肪を落とす効果も期待できます。

烏龍茶の効果を高める飲み方

健康やダイエットに有効な烏龍茶ですが多量に摂取すればいいというものでもありません。

飲み過ぎはカフェイン過多により睡眠不足を引き起こしたり、利尿作用により、逆に水分不足になってしまうこともあります。

飲むタイミングを間違えると胃に負担を与え、胃潰瘍や軟便の原因にもなります。こういったデメリットもあるので、正しい飲み方で健康的な烏龍茶との付き合い方をしていきましょう。

理想的な摂取量

前述したとおり、一杯で十分な効果がある烏龍茶の理想的な摂取量としては一日コップ2杯程度です。

そんなに少なくていいの?と感じる方も多いと思いますが、摂取しすぎると健康を害してしまいます。一日コップ2杯を継続すると、一ヶ月後には確かな効果が実感できるはずです。

日々の排出量や体重に効果が現れたという声も多いです。大量の摂取をするのではなく、まずは一ヶ月続けてみるのが大事です。

空腹時を避ける

摂取量とともに大事なのが飲むタイミングです。なるべく空腹時を避けて、食事と一緒に飲むといいとされています。

なぜなら脂肪を分解する成分が胃に負担をかけてしまうからです。そのため、一般的には食事中や食後に摂るのが理想的です。特に油料理や肉料理と一緒に飲むとより効果が期待されます。

冷たいものより温かいもの

烏龍茶も冷たいものをがぶ飲みしてしまうと、体を冷やしてしまいます。ホットで飲むことによって体内を温め、代謝を良くしてくれます。

脂っこい料理を食べたあともホットウーロンを飲むとスッキリし、胸やけしにくくなります。なので、極力烏龍茶はアイスよりもホットで摂る事をおすすめします。

まとめ

・ダイエット効果だけでなくむくみ防止、口臭虫歯予防、アンチエイジングにも効果的。

・トクホで有名な黒烏龍茶もダイエットにおすすめ。

・理想的な飲み方は「一日コップ2杯程度を空腹時を避けた食事中や食後」これを継続すること。温かい烏龍茶だと尚良い。

ぜひ日常生活に上手に烏龍茶を取り入れて、健康的な生活に役立ててみてくださいね!